リハビリテーション科

リハビリテーション科の紹介

リハビリテーション科
 
 当院は、急性期病院のため、発症・手術当日あるいは翌日からリハビリが開始されることが多いです。早期離床は合併症、体力低下を防ぐ大きなメリットがある反面、リスク管理に注意が必要です。医師からの指示に基づき病棟や関係職種とカンファレンスを行い、患者さんの状態を把握しリハビリを進めます。発病後や手術後の日常生活能力の低下を最小限に防ぐことが早期離床の目的です。

 入院患者さんのリハビリで多いのは、
 ○ 脳卒中などの中枢神経疾患
 ○ 骨折などの整形疾患
 ○ 心不全などの循環器疾患
 ○ 肺がん等のがん
 ○ 臥床による廃用症候群   等です。
外来患者さんは急性期病院であるため当院退位後の外来フォローが主となっています。
 急性期病院リハビリの役割を果たすべく、発症・手術後2週間以内の患者さんの休日リハビリにも取り組み始めています。

※リハビリは担当科医師の指示で行われますので、紹介の際は担当科へお願いします。
※当院では「リハビリテーション科外来」は開設しておりません。ご了承ください。



理学療法 作業療法 言語聴覚療法

スタッフ紹介

医師名 専門領域 略歴等
担当医
整形外科部長
 ヒサ ケンジ
 比佐 健二
整形外科、下肢関節外科、外科(一般外傷)
 
2017年7月着任
専門性に関する資格
日本整形外科学会(指導医・認定脊椎脊髄病医・認定運動器リハビリテーション医)
身体障害者福祉法第15条指定医
一般社団法人日本専門医機構(整形外科専門医)
公益財団法人日本リウマチ財団登録医
日本骨粗鬆症学会(認定医)
日本リハビリテーション医学会(認定臨床医)
回復期リハ病棟専従医師研修会修了
厚生労働省第76回義肢装具等適合判定医師研修会修了
 

伊那中央病院 野外リハビリテーション広場

伊那中央病院 野外リハビリテーション広場 伊那中央病院 野外リハビリテーション広場 伊那中央病院 野外リハビリテーション広場

リハビリテーション科:診療カレンダー

ページの先頭へ
ページ早見表