皮膚科
  • 皮膚の病変を主訴に受診した患者さん、近隣の診療所・病院等からの紹介外来患者さん及び院内の入院患者さんに生じた皮膚病変についての相談及び治療を行っています。
  • 特に当院は全身照射型紫外線治療装置(narrowband UVB)が導入されています。尋常性乾癬、尋常性白斑、アトピー性皮膚炎、菌状息肉症、結節性痒疹などの疾患には積極的に導入しています。また自己免疫性水疱症、膠原病、アトピー性皮膚炎、皮膚悪性腫瘍、感染症などの重症の方は入院の上治療を行います。
  • また、接触皮膚炎の原因検索目的で、パッチテストも積極的に行っています。また、重症乾癬に対して生物学的製剤で治療も行っています。

1.スタッフ

医師名 専門領域 所属学会
部長
 フクザワ マサオ
 福澤 正男
平成元年卒
narrow band UVB療法を含めた光線療法、乾癬、皮膚悪性腫瘍
 
■日本皮膚科学会 
■日本皮膚悪性腫瘍学会
■日本褥瘡学会 
■日本医真菌学会
■日本アレルギー学会 
■日本臨床皮膚科医会
■日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会
 
専門医・認定医等
日本皮膚科学会(専門医)
医学博士
信州大学医学部臨床准教授
 

2.基本方針ならびに概要

 伊那中央病院皮膚科は皮膚の病変を主訴に受診した外来患者、近隣の診療・病院等からの紹介外来患者及び、院内の入院患者に生じた皮疹についての相談及び治療を行っています。

 当科は外来診療が中心であり、湿疹・皮膚炎、蕁麻疹、痒疹、薬疹等の炎症性疾患が多く受診します。これらに対しては貼布試験、皮膚試験等を行い、可能な限り原因究明に努めます。また、皮膚は外界とのバリアーを担っているため、様々な感染症が生じます。ウイルス感染症が疑われる症例では抗原検索、血清検査を行い、細菌感染が疑われるときは細菌培養、抗生剤感受性検査を実施し、できるだけ早期の治癒を目指しています。また、慢性・難治性疾患である尋常性乾癬、掌蹠膿疱症、扁平苔癬などの疾患は、その悪化因子を可能な限り排除し、原因不明な場合は症状が寛解するような様々な治療法を提示、実施し、患者のを高める治療を心がけています。

 当院ではナローバンドUVB療法機械が導入されており、これらの適応疾患である尋常性乾癬、尋常性白斑、アトピー性皮膚炎、結節性痒疹等への光線療法も積極的に行っています。本年より全身照射型機が導入され、多くの方に使用しています。また、入院加療を要する皮膚疾患としては、自己免疫性水疱症、膠原病、アトピー性皮膚炎、皮膚悪性腫瘍、重症感染症などがあります。水疱症、膠原病に関しては内科と共同で診療を行い、アトピー性皮膚炎は患者・家族教育と外用療法を中心として加療します。皮膚悪性腫瘍はできるだけ短期間の入院(1日~8日)で加療を行っています。入院患者の褥瘡も形成外科と共同で診療にあたります。当科は基本的に1人での診療体制であり、診断・治療が困難な症例に関しては信州大学医学部皮膚科にコンサルトし治療方針を決めています。

3.診療責任体制

  • 平成23年より皮膚科医一名体制に戻りました。外来では、予約が取りづらいなどご迷惑をおかけしています。
  • 入院患者さんには最低一回/日回診に赴きますが、重症・術後患者はこの限りでありません。
  • 当院の救命救急センターへ緊急の皮膚疾患患者が受診し、入院加療が必要な場合は、呼び出しに応じて救命救急センターへ診療に向かいます。

創傷ケア外来はこちら

在宅介護が不安なくできるために、創傷ケア外来を開設しています。
創傷ケア外来では、褥瘡や足潰瘍の治療を行います。

詳しくはこちら → 創傷ケア外来

皮膚科:診療カレンダー

ページの先頭へ
ページ早見表