令和元年度 病院情報

患者用パスとは

 患者用パス(クリニカルパス)は、質の高い医療を患者さんに提供する目的で作成する診療計画であり、必ずパスの日程どおりに診療が進むことを約束するものではございませんので、1つの目安としてご覧ください。

1. 年齢階級別退院患者数

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 757 262 270 441 562 653 1153 2046 1573 569
[定義]
・年齢を10歳刻みで設定
・入院時の年齢

[解説]
昨年より、40代、70代、90代の入院が増加しています。10代~40代、90代は女性が多く、60代~80代は男性が多くなっています。
 

2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 24 31.75 20.84 29.17 84.54  
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 23 21.26 12.58 21.74 80.74  
0400801299x000 肺炎等(市中肺炎かつ15歳以上65歳未満) A-DROP スコア0 - - - - -  
060100xx01xx0x 大腸ポリープ 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 - - - - -  
0400801499x002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) A-DROP スコア2 - - - - -  
[内科]
内科の入院症例では疾患が多岐にわたっておりますが、感染症が多く、中でも誤嚥性肺炎が最多となります。高齢者における脳血管障害や認知症の増加、筋力・嚥下機能低下や口腔内乾燥などを背景に、今後も誤嚥性肺炎の増加が予測されます。再発を生じやすい疾患でもあるため、急性期の抗菌治療後は嚥下機能評価をふまえ、食事形態の調整・嚥下リハビリ・口腔ケアなどにより再発予防を図ります。二番目に腎臓または尿路の感染症となっています。排尿障害を伴っていることがありますので再発予防のため他科と連携し診療を行うこともあります。本年度は4番目に大腸ポリープ切除となっています。消化器内視鏡専門医が在籍しており当科でも治療を行っております。
脳神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) エダラボン  発症前Rankin Scale 0、1又は2 29 14.00 16.13 6.90 73.62  
010040x099000x 脳出血(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 28 30.46 18.81 42.86 72.57  
010230xx99x00x てんかん 24 9.79 7.10 4.17 67.63  
010110xxxxx40x ギランバレー症候群、慢性炎症性脱髄性多発神経炎等 ガンマグロブリン 20 20.90 15.90 5.00 64.20  
010060x2990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 発症前Rankin Scale 0、1又は2 リハビリ 17 15.76 16.16 23.53 79.47  
[脳神経内科]
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030250xx991xxx 睡眠時無呼吸 終夜睡眠ポリグラフィー 45 2.00 2.03 0.00 61.09  
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 42 21.67 20.84 16.67 86.83  
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 35 22.97 18.84 5.71 75.71  
040040xx9900xx 肺がん 27 18.00 14.62 7.41 7.41  
0400801499x002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) A-DROP スコア2 22 22.23 15.17 9.09 9.09  
[呼吸器内科]
睡眠時無呼吸症候群は診断目的の検査入院です。肺炎、誤嚥性肺炎は救急医療の対象で、日勤帯は当科が入院加療を担います。間質性肺炎は長期間のステロイド療法施行例が多いです。肺がんは、化学療法の第1クール目施行時、あるいは連日の化学療法が必要な患者さんが対象です。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 総胆管結石性胆管炎等 内視鏡的胆道結石除去術等 68 8.06 9.97 0.00 80.56  
060020xx04x0xx 胃がん 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術等 28 7.00 8.27 0.00 76.18  
060102xx99xxxx 大腸憩室出血等 27 6.19 7.65 0.00 66.56  
060350xx99x00x アルコール性、特発性急性膵炎等 27 12.00 11.02 3.70 64.22  
060100xx01xx0x 大腸ポリープ、大腸腺腫等 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 19 3.16 2.63 0.00 75.00  
[消化器内科]
食道、胃、大腸などのポリープや早期癌に関しては積極的に内視鏡下の治療を実施しています。胃潰瘍などで吐血したり、胆石や癌による閉塞性黄疸や胆管炎は夜間、休日の来院も多く少ないスタッフ数での緊急内視鏡の対象になることが多い印象です。重篤になればなるほど処置時の合併症の危険性が高まりますので、かかりつけ医に早めに受診していただくのが良さそうです。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130xx99000x 心不全 119 21.96 17.71 5.88 82.96  
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性疾患 心臓カテーテル検査 89 3.25 3.01 1.12 69.48  
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 カテーテル治療(PCI) 72 5.47 4.40 0.00 71.61  
050030xx97000x 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 等 カテーテル治療(PCI) 50 13.32 12.37 2.00 67.70  
050210xx97000x 房室ブロック、ペースメーカー電池消耗、洞不全症候群等 ペースメーカ交換術、ペースメーカー移植術等 39 12.54 10.80 2.56 82.72  
[循環器内科]
当科で最も多い入院は心不全入院です。現在、高齢者を中心とした心不全患者さんの増加は、「心不全パンデミック」といった言葉で語られるくらい増加してきており、社会的問題ともなってきています。当院でも、昨年は患者さん数で2番目でしたが、今回より1番となっています。高齢の方は、多くの併存疾患を罹患されていることが多く、また、積極的な心臓リハビリテーション介入は行なっているものの、衰弱傾向を呈する患者さんもいるため、退院調整にも難渋することが少なからずあり、平均在院日数が長くなり転院率も高くなっています。また、抜本的な解決策がないので入退院を繰り返す患者さんも多く、患者さんのみならず、ご家族、ご親族や周囲の方々の負担も少なくなく、包括的な対応が必要となってきています。2-4番目の疾患は虚血性心疾患関連です。2番目は検査目的です。3番目は主に待機的な血管内治療(カテーテル手術)、4番目は、急性心筋梗塞に対する緊急治療となっています。当院では1年365日、24時間体制で急性心筋梗塞に対する緊急カテーテル治療が施行可能な体制を整えています。5番目はペースメーカ手術です。これらの手術件数も増加傾向を呈しています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x00x 新生児黄疸、羊水感染症等 (出生時体重2500g以上) 128 4.56 6.17 2.34 0.00  
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 110 5.18 6.19 0.00 2.37  
040100xxxxx00x 喘息 50 5.38 6.64 2.00 3.12  
140010x299x0xx 新生児黄疸、羊水感染症等(出生時体重1500g以上2500g未満) 49 10.00 11.16 0.00 0.00  
030270xxxxxxxx 上気道炎、咽頭炎等 33 3.85/td> 4.94 0.00 2.61  
[小児科]
新生児入院の中で、黄疸の占める割合は多くなっています。早産児や低出生体重児の多くは低血糖や呼吸障害、黄疸を伴っています。新生児疾患は産科と連携して対応しています。急性気管支炎・細気管支炎、肺炎の原因としては、RSウイルスやヒトメタニューモウイルスなどが多く、学童では、マイコプラズマ肺炎が多くみられます。一般小児は救命救急センターとも常時連携して対応しています。
消化器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 135 2.53 4.85 0.74 71.07  
060210xx99000x イレウス 62 7.03 8.89 3.23 68.03  
060150xx99xx0x 虫垂炎 51 5.08 6.94 0.00 39.98  
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 45 5.76 5.45 0.00 40.29  
060335xx02000x 結石性胆のう炎、胆のうポリープ等 腹腔鏡下胆のう摘出術等 30 5.80 7.13 0.00 62.40  
[消化器外科]
消化器外科は、虫垂切除、イレウス(腸閉塞)手術などの緊急手術の件数が多く、救急部とも連携して、24時間対応にて積極的に取り組んでおります。鼠径ヘルニア、胆嚢結石などの良性疾患は全国平均に比べて在院日数が短く、術後経過が非常に良好です。予定手術では悪性腫瘍が圧倒的に多く、食道がん、胃がん、結腸がんなどに加えて、肝胆膵悪性腫瘍に対する手術も数多く行っております。胸腔鏡、腹腔鏡手術も多く、術後の経過も良好です。また、今年度は肝胆膵外科学会の高度技能専門医認定施設にも認定され、肝臓がん、胆道がん、膵臓がんなどの高難易度手術も積極的に行っております。術後はガイドラインに沿って、EBMに基づいた診療を行い、化学療法や放射線治療など、集学的治療を積極的に行っています。
腫瘍内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060010xx99x40x 食道がん 化学療法 12 5.75 9.34 0.00 72.08  
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 化学療法 10 3.90 15.79 0.00 79.90  
06007xxx99000x 膵臓がん - - 11.51 - -  
060020xx99x30x 胃がん 化学療法 - - 6.39 - -  
06007xxx97x00x 膵臓がん 胸水腹水濾過濃縮再静注法 - - 12.83 - -  
[腫瘍内科]
腫瘍内科で治療を受けた患者のうち、多い疾患は、切除不能大腸がん、切除不能膵がん、切除不能胃がん、及びリンパ腫など血液疾患です。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 骨折観血的手術、人工骨頭挿入術 肩、股等 198 43.66 25.94 33.33 83.91  
070343xx97x0xx 腰部脊柱管狭窄(脊椎症を含む。)  脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術等(多椎間又は多椎弓の場合を含む。)椎弓切除等) 52 20.75 16.54 1.92 71.17  
070343xx01x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。)、腰椎すべり症等  脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 前方椎体固定等 44 23.43 20.93 4.55 70.00  
070343xx99x1xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。)、腰椎すべり症等  造影検査 41 3.12 2.73 0.00 70.63  
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 37 41.70 23.56 2.70 76.84  
[整形外科]
高齢化社会を反映し、高齢者の骨折(特に大腿骨近位部骨折)の手術や、腰椎疾患・下肢関節変形の入院や手術が多い状況です。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 眼瞼下垂症手術 78 2.65 3.10 0.00 63.68  
160200xx0200xx 鼻骨骨折等 鼻骨骨折整復固定術等 24 5.38 5.26 0.00 24.79  
070520xx97xxxx リンパ浮腫 リンパ管吻合術 22 8.68 8.71 0.00 63.77  
140245xx01xxxx 舌・口腔・咽頭の先天異常等 舌繋瘢痕性短縮矯正術等 10 2.90 3.09 0.00 4.20  
080007xx010xxx 母斑等 皮膚、皮下腫瘍摘出術 - - 4.01 - -  
[形成外科]
眼瞼下垂症の手術が多いです。眼瞼下垂により、視野が狭くなった方はもちろん、眼瞼下垂性の頭痛、肩こり、まぶしさなど、手術によって改善し、生活が楽になられる患者さんが多くいらっしゃいます。最近の傾向として、子宮癌や乳癌手術に伴う、リンパ節郭清手術後に生じる手足のむくみ、リンパ浮腫の手術治療が増えています。浮腫の改善により生活の質が向上したといっていただけることが多いです。全身麻酔による顔面骨骨折や、小児形成外科手術が多いのも当院の特徴です。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx97x00x 外傷性硬膜下血腫 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 等 59 10.97 9.67 1.69 79.54  
010040x099000x 脳出血等(JCS10未満) 19 24.05 18.81 42.11 70.74  
010030xx9910xx 未破裂脳動脈瘤 アンギオ 16 2.00 3.01 0.00 63.19  
010030xx01x00x 未破裂脳動脈瘤 脳動脈瘤頸部クリッピング等 15 11.40 15.07 0.00 61.53  
160100xx97x01x 頭蓋・頭蓋内損傷 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術等 副傷病(てんかん等)あり - - 23.22 - -  
[脳神経外科]
脳卒中全般の緊急手術および外傷で、予防的手術を行っています。最も多い手術は、「硬膜下血腫」に対する穿孔洗浄術です。慢性硬膜下血腫は、頭部外傷を追って1~2か月後に歩行障害や認知症等の症状がおこる病気で、多くが緊急での手術を必要とします。穿孔洗浄術では、小さな穿頭で硬膜下に溜まった血腫を吸引し、洗浄除去します。術後は早期に症状が改善し、約8割近くの患者さんが自宅へ退院されています。内視鏡的血腫除去術は、局麻でも可能な穿頭のみで行う血腫除去で、比較的早期に低侵襲で行うことができます。脳動脈瘤クリッピング術と血管内手術(コイリング)と適切な手段を選択しています。脳動脈瘤クリッピング術はカテーテルを用いて行うため、傷も小さく、在院日数も短くなっています。血管内手術(コイリング)は、瘤の根元をチタン製のクリップで挟み、血液が入らないようにして瘤の破裂を未然に防ぐ手術で近年増加しています。
呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺がん 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術等 48 9.63 11.51 0.00 65.40  
090010xx01x0xx 乳がん 乳腺悪性腫瘍手術(腋窩部郭清を伴うもの)等 29 12.00 10.34 0.00 55.79  
090010xx02x0xx 乳がん 乳腺悪性腫瘍手術(腋窩部郭清を伴わないもの)等 21 7.62 6.10 0.00 59.62  
040200xx01x00x 気胸 胸腔鏡下肺切除術 11 8.00 10.18 0.00 25.18  
040200xx99x00x 気胸 11 6.27 9.11 0.00 51.18  
[呼吸器外科]
当科では呼吸器外科と乳腺内分泌外科の手術を担当しています。呼吸器外科は主として肺癌、転移性肺腫瘍、縦郭腫瘍、気胸の手術、および術後再発の化学療法、分子標的薬治療、免疫チェックポイント薬治療を行っています。乳腺内分泌外科は主として乳癌、甲状腺癌の手術を担当、術前・術後の化学療法、ホルモン療法も施行しています。呼吸器外科の手術は体に負担の少ない(低侵襲)といわれる胸腔鏡手術を積極的に導入しており、平均在院日数も全国平均に比べて短くなっています。乳腺内分泌外科の手術は大部分の手術は乳房温存手術で、センチネルリンパ節生検は色素法に加え、RI法を導入し、精度を向上させています。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080010xxxx0xxx 蜂巣炎、膿瘍等 35 12.49 12.55 0.00 63.46  
080006xx01x0xx 皮膚がん 皮膚悪性腫瘍切除術等 20 8.65 7.90 0.00 86.70  
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 13 11.23 9.00 0.00 77.31  
080110xxxxx0xx 水疱性類天疱瘡 - - 28.56 - -  
050170xx99001x 下肢慢性動脈閉塞症等 副傷病(皮膚潰瘍)あり - - 19.11 - -  
[皮膚科]
蜂巣炎・丹毒は重症、基礎疾患を有する,内服抗菌薬に反応しない症例、皮膚癌は,高齢化により症例数が徐々に増加している。全身麻酔、植皮術を要する症例、帯状疱疹は発熱、汎発疹あり、基礎疾患ある症例、水疱性類天疱瘡も外来治療に反応しない重症(特疾認定可能レベル)症例を入院加療としている。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
11012xxx040x0x 尿管結石等 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 54 2.46 2.64 0.00 63.20  
1110080xx991x0x 前立腺がん 53 3.11 2.49 0.00 70.92  
110070xx0200xx 膀胱がん 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)等 45 6.07 7.07 0.00 73.24  
11012xxx020x0x 尿管結石等 経尿道的尿管ステント留置術等 18 4.11 5.61 10.42 62.50  
110070xx99x20x 膀胱がん 化学療法 17 17.12 10.65 0.00 64.76  
[泌尿器科]
当院では前立腺針生検を入院で行っているため、入院前立腺患者数が多く集計されます。前立腺手術は例年10例前後です。膀胱癌化学療法の入院期間が全国平均より長い理由としては、副作用の軽度の患者さんについては外来化学療法を積極的に勧めていることも一因と考えられます。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120180xx01xxxx 帝王切開後妊娠等 帝王切開術 115 9.06 9.66 0.00 32.87  
12002xxx99x40x 子宮体がん等 化学療法 58 4.78 4.58 0.00 57.33  
120070xx02xxxx 卵巣腫瘍等 子宮附属器腫瘍摘出術等 腹腔鏡によるもの等) 56 6.66 6.21 0.00 49.89  
120170xx99x0xx 切迫早産等 48 14.71 19.06 10.42 31.06  
120060xx02xxxx 子宮筋腫等 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 37 6.32 6.09 0.00 48.38  
[産婦人科]
産婦人科は、産科も婦人科も診療しています。産科は地域周産期センターとして、近隣の分娩取り扱い施設からの緊急患者も受け入れています。婦人科は、良性疾患から悪性疾患まで診療を行い、手術、化学療法、放射線科との協力の上放射線治療も行っています。手術は良性腫瘍で適応があれば、開腹術のみならず、腹腔鏡手術も行っています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 水晶体再建術(眼内レンズ挿入) 片眼 290 2.25 2.78 0.34 76.81  
020220xx97xxx0 緑内障 緑内障手術等 14 6.71 7.53 7.14 72.21  
020110xx97xxx1 白内障、水晶体の疾患 水晶体再建術(眼内レンズ挿入) 両眼 10 3.20 5.09 0.00 79.20  
020210xx99x0xx 網膜血管閉塞症 - - 6.80 - -  
020400xx97xxxx 緑内障手術濾過胞機能不全 結膜のう形成手術 - - 8.36 - -  
[眼科]
白内障は眼の中にあるレンズ(水晶体)が濁り視力が低下する疾患です。原因は加齢性が最も多く糖尿病や眼外傷、炎症性の眼疾患などでも生じます。治療は濁った水晶体を破砕・摘出し眼内レンズ(人工水晶体)を挿入します。手術創は2.4mm程度で局所麻酔で行います。ほとんどの症例は無縫合で眼科の中では一番症例数が多い手術です。
緑内障は視神経の病気です。視神経は多数の細い神経の束で構成されています。緑内障が進行すると弱い神経から障害され徐々に視野がかけていきます。治療はまず点眼薬により眼圧を下げますが十分な眼圧下降が得られず視野障害が進行する場合は眼圧を下げるための手術が行われます。手術では眼内に産生される水(房水)を排出する新しいルートを作ります(流出路再建術)が作成したルートの機能が低下した場合は結膜嚢形成術を行い機能を回復させます。
網膜血管閉塞症はその名の通り網膜にある血管が閉塞する疾患で動脈閉塞と静脈閉塞があります。動脈閉塞の場合は緊急性のある疾患です。網膜は神経の膜であるため閉塞による酸素不足に弱く、治療は発症後なるべく早く開始する必要があります。治療は高気圧酸素療法が行われますがすぐに治療を開始したも視力が回復しない症例が多数あります。静脈閉塞は眼底出血を起こす疾患で出血が網膜の中心(黄斑部)に生じた場合、あるいは黄斑部に出血がかかっていなくても黄斑部に浮腫が生じた場合(黄斑浮腫)は視力が低下します。最近は黄斑浮腫に対して眼内に直接治療薬を投与する硝子体注射が行われ効果を上げていますが症状の増悪にあわせて繰り返しの治療(硝子体注射)が必要になります。
腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx02x00x 末期腎不全 内シャント設置術等 19 3.95 8.48 1.00 75.37  
110280xx991x0x 慢性糸球体腎炎等 経皮的針生検法 11 2.91 7.00 0.00 40.00  
050130xx99000x 心不全 - - - - -  
110260xx99x0xx ネフローゼ症候群 - - - - -  
0400801499x001 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) A-DROP スコア1 - - - - -  
[腎臓内科]
「転院」症例が少ないのが当院の特徴と考えています。また、平均在院日数が短いのも当院の特徴です。
救命救急センター
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110310xx99xx0x 尿路感染症 35 8.14 12.58 5.71 72.03  
161070xxxxx00x 蜂刺症 等 32 2.56 3.52 6.25 44.59  
160100xx99x01x 脳挫傷・頭蓋内に達する開放創なし等 27 2.78 7.34 11.11 39.44  
030400xx99xxxx 抹消性めまい 等 21 3.19 5.01 0.00 64.33  
160400xx99x00x 肋骨骨折 等 14 7.43 8.73 7.14 64.43  
[救命救急センター]
すべての救急疾患の初期治療に対応していますが、どの診療科にも属さない疾患の入院が当科の上位となっています。感染症については、時間外に受信された患者さんが主となっています。頭部外傷は脳神経外科手術の適応とならない患者さんを救急科で治療しています。抹消性めまいは当院に耳鼻咽喉科の常勤医が不在のため、当科で対応させていただいています。蜂刺症のほか、薬物を過剰に摂取し中毒症状で入院された方も含まれています。蜂刺症は蜂に刺されアナフィラキシー(体内に入った蜂毒を除去しようとする防御反応)や、アナフィラキシーショック(血圧が下がりショック状態)を伴って来院された患者さんです。翌日には改善され自宅に戻られています。肋骨骨折は、多発肋骨骨折を入院の対象としています。重篤な気胸・血胸を合併する場合は呼吸器外科併診のもと管理を行っています。

3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

  初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 48 16 - 34 - 21 1 7,8
大腸癌 20 26 11 25 34 22 1 6,7,8
乳癌 20 17 - - - 10 1 7,8
肺癌 32 - 30 53 10 62 1 7,8
肝癌 15 - - - - 22 1 8
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
「初発」とは当院において腫瘍の診断、あるいは初回治療を実施した場合を指します。「再発」とは当院他施設を問わずに初回治療が完了した後、当院を受診した場合やがん寛解後に局所再発・再燃または新たな遠隔転移をきたした場合を指します。入院を繰り返された場合もそれぞれ件数にカウントされます。不明は退院までに評価ができなかった場合を指しています。

4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等

  患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 22 7.95 51.82
中等症 120 18.90 74.93
重症 29 24.49 83.45
超重症 - - -
不明 - - -
[定義]
A-DROPスコア(A:Age=年齢、 D:Dehydration=脱水、R:Respiration=呼吸、O:Orientation=見当識、P:Pressure=血圧)のほか免疫不全状態で重症度が分類されています。

[解説]
軽症は、若い方でも独居であり高熱で体動困難、経口摂取不良等が含まれるため在院日数が短いと考えられます。中等症、重症は、70歳以上の方が多く、慢性の基礎疾患があるなど、肺炎の治療だけではないため在院日数も長くなる傾向にあります。昨年より、中等症、重症の患者さんが増えています。

5. 脳梗塞の患者数等

発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 208 22.03 78.23 23.89
その他 18 19.61 80.50 1.77
発症日から 「その他」とは、脳梗塞の発症後、4日以降に来院された患者さんになります。昨年より全体的に件数、在院日数ともに減少しています。

6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

脳神経内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K178-4 経皮的脳血栓回収術 11 1.09 36.91 72.73 82.91  
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 11 40.55 22.27 54.55 83.73  
K147 穿頭術(トレパナチオン) - - - - -  
K164-5 内視鏡下脳内血腫除去術 - - - - -  
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -  
[脳神経内科]
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 39 1.46 8.05 2.56 75.15  
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみのもの) 31 1.26 5.97 0.00 78.68  
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 28 0.75 1.89 0.00 77.32  
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 27 0.19 5.41 0.00 76.00  
K654 内視鏡的消化管止血術 20 0.30 9.10 0.00 70.80  
[消化器内科]
食道、胃、大腸などのポリープや早期癌に関しては積極的に内視鏡下の治療を実施しています。胃潰瘍などで吐血したり、胆石や癌による閉塞性黄疸や胆管炎は夜間、休日の来院も多く少ないスタッフ数での緊急内視鏡の対象になることが多い印象です。重篤になればなるほど処置時の合併症の危険性が高まりますので、かかりつけ医に早めに受診していただくのが良さそうです。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 74 2.64 2.74 0.00 71.91  
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 29 0.03 13.34 0.00 65.72  
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) 21 0.10 14.29 4.76 70.24  
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 21 3.52 11.95 4.76 80.43  
K597-2 ペースメーカー交換術 17 1.06 8.24 0.00 86.29  
[循環器内科]
経皮的冠動脈ステント留置術、あるいは経皮的冠動脈形成術(その他)は、狭心症、虚血性心疾患に伴う心不全、陳旧性心筋梗塞、無症候性心筋虚血等に対して待機的に施行しています。経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞)(不安定狭心症)は、急性冠症候群の病態に対して緊急、あるいは入院後の安定化を図った後、準緊急的に施行しているものです。ペースメーカー移植術は、房室ブロック、洞不全症候群、除脈性心房細動等に対して施行しています。当院では、救命救急センターや冠疾患集中治療室、一般病棟と、クリニカルパスを用いたシームレスな診療ができるよう診療体制を整えており、また、カテーテル手術、ペースメーカ手術については、いたずらに症例数の増加を目指すのではなく、しっかりと検査を行ない、スタッフでのカンファレンスを行ない、厳密な適応判断を行なった上で、手術が必要な患者さんに、しっかりとした病状説明を行なった上で、必要な治療を行なうようにしています。
消化器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 138 0.24 1.14 0.72 67.03  
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 56 1.43 3.80 0.00 64.38  
K7182 虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴うもの) 26 0.35 11.31 0.00 52.19  
K672 胆嚢摘出術 25 1.32 11.04 0.00 77.68  
K7181 虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 22 0.55 4.18 0.00 40.09  
[消化器外科]
鼠径ヘルニア手術は1泊2日の短期入院で対応し、術後経過も良好です。虫垂炎や胆嚢炎(結石を含む)等の良性疾患の手術件数が上位を占めておりますが、予定手術では消化器悪性腫瘍手術が多く、鏡視下手術により、術後日数も短く、経過が良好であることを示しています。
腫瘍内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法 16 4.31 5.31 6.25 68.50  
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈,静脈又は腹腔内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合) - - - - -  
K6261 リンパ節摘出術(長径3cm未満) - - - - -  
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) - - - - -  
K522-2 食道ステント留置術 - - - - -  
[腫瘍内科]
緩和ケアの一環として、腹水濾過濃縮再静注法を行っています。状態が改善して、化学療法を開始できる症例も出てきています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨、上腕、大腿) 170 2.84 39.56 27.06 81.78  
K0821 人工関節置換術(肩、股、膝) 80 3.14 37.35 6.25 77.03  
K0811 人工骨頭挿入術(肩、股) 63 4.25 36.46 33.33 81.21  
K1423 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(後方椎体固定) 62 4.13 26.77 1.61 70.18  
K0462 骨折観血的手術(前腕、下腿、手舟状骨) 58 2.67 12.24 5.17 59.84  
[整形外科]
DPCの手術コード別では上記の件数ですが、実際の手術としては大腿骨近位部骨折の手術(観血手術+人工骨頭)が多く、次に腰椎の手術(脊椎固定術や椎弓切除術、椎間板ヘルニア)、3番目に下肢の人工関節の手術の順番となっています。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) 45 0.00 2.04 0.00 61.13  
K2193 眼瞼下垂症手術(その他) 32 0.00 1.00 0.00 67.13  
K628 リンパ管吻合術 21 1.05 6.90 0.00 63.95  
K333 鼻骨骨折整復固定術 16 1.00 1.00 0.00 19.19  
K287 先天性耳瘻管摘出術 - - - - -  
[形成外科]
眼瞼下垂の手術においては、原因や手術時年齢を考慮して、手術方法を選択しています。リンパ浮腫の手術(リンパ管吻合術)では1mm以下の口径のリンパ管と静脈を顕微鏡下に吻合し、手足のリンパの流れを静脈に戻す手術を行います。手術前後は、リンパ浮腫指導技能士、看護師、運動療法士、放射線技師など、多くの医療者が関わって患者さんを治療する集学的治療を行っています。顔面骨骨折は治療時の痛みを減らす目的で、ほとんどの手術を全身麻酔下に実施しています。小児の先天異常の手術においては、全身麻酔下に、表に掲載され他疾患以外にも、多くの疾患を治療しています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 69 0.25 10.07 2.90 80.29  
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 23 0.57 19.26 17.39 62.57  
K164-5 内視鏡下脳内血腫除去術 15 1.33 38.80 66.67 69.73  
K178-4 経皮的脳血栓回収術 14 0.00 21.50 42.86 77.36  
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) 13 5.62 28.54 0.00 57.69  
[脳神経外科]
脳卒中全般の緊急手術および外傷で、予防的手術を行っています。最も多い手術は、「硬膜下血腫」に対する穿孔洗浄術です。慢性硬膜下血腫は、頭部外傷を追って1~2か月後に歩行障害や認知症等の症状がおこる病気で、多くが緊急での手術を必要とします。穿孔洗浄術では、小さな穿頭で硬膜下に溜まった血腫を吸引し、洗浄除去します。術後は早期に症状が改善し、約8割近くの患者さんが自宅へ退院されています。内視鏡的血腫除去術は、局麻でも可能な穿頭のみで行う血腫除去で、比較的早期に低侵襲で行うことができます。脳動脈瘤クリッピング術と血管内手術(コイリング)と適切な手段を選択しています。
脳動脈瘤クリッピング術はカテーテルを用いて行うため、傷も小さく、在院日数も短くなっています。血管内手術(コイリング)は、瘤の根元をチタン製のクリップで挟み、血液が入らないようにして瘤の破
呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える) 22 1.00 7.50 0.00 63.32  
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 21 0.95 5.67 0.00 59.62  
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除) 17 1.00 6.59 0.00 65.71  
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 12 1.00 8.83 0.00 53.25  
K4765 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術・胸筋切除を併施しない) 11 1.00 11.73 0.00 61.09  
[呼吸器外科]
呼吸器外科、乳腺内分泌外科ともに予定手術は前日入院が基本となっています。呼吸器外科の手術は肺癌の標準的手術である肺葉切除術が最も行われており、その大部分は完全鏡視下手術となっています。令和2年から縦郭腫瘍は胸腔鏡手術に加え、ロボット支援手術を導入する予定です。乳腺内分泌外科は乳房温存手術が最も多くなっています。呼吸器外科は呼吸器内科、放射線科、病理診断科、乳腺内分泌外科は腫瘍内科、放射線科と密接に連携を取り診療を行っています。
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 18 0.06 5.44 0.00 87.61  
K013-22 全層植皮術(25cm2以上100cm2未満) - - - - -  
K0841 四肢切断術(上腕,前腕,手,大腿,下腿,足) - - - - -  
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 - - - - -  
K0063 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6cm以上12cm未満) - - - - -  
[皮膚科]
皮膚悪性腫瘍は高齢化もあり増加傾向である。これらの腫瘍の切除後、皮膚欠損が大型で縫縮困難な場合に植皮術を実施している。皮膚、皮下腫瘍の内訳は全身麻酔下での脂肪腫切除症例である。四肢の切断、血管拡張血栓除去術は創傷ケアでの入院症例である。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 61 1.05 3.98 0.00 72.39  
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術 53 0.38 1.04 0.00 63.28  
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 21 0.24 9.67 19.05 77.48  
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 19 1.16 3.32 0.00 63.47  
K773-2 腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 11 1.00 7.82 0.00 74.91  
[泌尿器科]
膀胱癌経尿道的手術、腎尿管結石治療について横ばいです。昨年度は結石性腎盂腎炎などで入院ステント治療を要する症例が目立ちました。近年開腹手術の減少により腹腔鏡手術が上位になっています。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 108 3.96 7.01 0.00 32.93  
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 75 4.12 7.04 1.33 31.84  
K877 子宮全摘術 69 1.32 8.09 0.00 53.06  
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 67 0.99 4.52 0.00 47.79  
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術 42 1.00 4.21 0.00 48.90  
[産婦人科]
産科領域の手術としては帝王切開を行い、緊急帝王切開も迅速に行えるよう努めています。婦人科手術は、良性から悪性まで行い、良性疾患で適応があれば、腹腔鏡手術も行っています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 296 0.29 1.00 0.34 76.82  
K2682 緑内障手術(流出路再建術) 12 0.58 5.83 0.00 71.42  
K2231 結膜嚢形成手術(部分形成) - - - - -  
K2822 水晶体再建術(眼内レンズを挿入しない場合) - - - - -  
K224 翼状片手術(弁の移植を要する) - - - - -  
[眼科]
白内障は眼の中にあるレンズ(水晶体)が濁り視力が低下する疾患です。原因は加齢性が最も多く糖尿病や眼外傷、炎症性の眼疾患などでも生じます。治療は濁った水晶体を破砕・摘出し眼内レンズ(人工水晶体)を挿入します。手術創は2.4mm程度で局所麻酔で行います。ほとんどの症例は無縫合で眼科の中では一番症例数が多い手術です。
緑内障は視神経の病気です。視神経は多数の細い神経の束で構成されています。緑内障が進行すると弱い神経から障害され徐々に視野がかけていきます。治療はまず点眼薬により眼圧を下げますが十分な眼圧下降が得られず視野障害が進行する場合は眼圧を下げるための手術が行われます。手術では眼内に産生される水(房水)を排出する新しいルートを作ります(流出路再建術)が作成したルートの機能が低下した場合は結膜嚢形成術を行い機能を回復させます。
翼状片は鼻側の結膜が角膜に侵入してくる疾患です。悪性の病気ではありませんが角膜中心方向に伸展し瞳孔領(黒目の部分)にかかると見づらくなるため手術により切除します。再発が多い疾患で再発防止のため結膜弁移植を行いますがそれでも再発・進行する場合は再手術が必要になります。
腎臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 26 2.23 3.38 0.00 75.62  
K635-3 連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術 - - - - -  
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 - - - - -  
K608-3 内シャント血栓除去術 - - - - -  
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) - - - - -  
[腎臓内科]
「中心静脈注射植込み方カテーテル術」をしなければならない患者さんは、転院を余儀なくされるケースがあります。一方、腎代替療法関連の処置は、当院で完結出来ていると考えています。

7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 10 0.12
異なる 12 0.14
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 29 0.35
異なる - -
敗血症は、肺炎や腎盂腎炎など感染症を起こしている場所から血液中に細菌が入り、重篤な全身症状を引き起こす病気です。敗血症の「入院契機」:同一とは、敗血症の治療目的で入院し、入院中も主として敗血症の治療をしていることを言います。手術・処置等の合併症の多くは、術後の関節脱臼、術後の出血等です。手術した部位または挿入器具による感染も含まれています。
ページの先頭へ
ページ早見表