平成30年度 病院指標

病院情報の公表 集計項目

1.  年齢階級別退院患者数
2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
5. 脳梗塞の患者数等
6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
7 その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

1. 年齢階級別退院患者数

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 868 185 247 461 516 661 1233 1823 1660 532
[定義]
・年齢を10歳刻みで設定
・入院時の年齢

[解説]
昨年より、60代、90代の入院が増加していますが、入院件数は減少傾向にあります。

2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 13 15.77 20.92 0.00 85.69  
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 - - - - -  
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) - - - - -  
0400801499x001 肺炎等 (市中肺炎かつ75歳以上) A-DROP スコア1 - - - - -  
0400801499x002 肺炎等 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) A-DROP スコア2 - - - - -  
[内科]
内科の入院症例では疾患が多岐にわたっておりますが、感染症が多く、中でも誤嚥性肺炎が最多となります。高齢者における脳血管障害や認知症の増加、筋力・嚥下機能低下や口腔内乾燥などを背景に、今後も誤嚥性肺炎の増加が予測されます。再発を生じやすい疾患でもあるため、急性期の抗菌治療後は嚥下機能評価をふまえ、食事形態の調整・嚥下リハビリ・口腔ケアなどにより再発予防を図ります。
脳神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内)エダラボン 発症前Rankin Scale0、1または2 48 18.06 16.18 18.75 74.44  
010040x099000x 脳出血等 JCS10未満 22 22.82 18.72 22.73 79.36  
010230xx99x00x てんかん等 21 8.33 7.28 9.52 65.33  
010060x2990411 脳梗塞 発症3日以内、JCS10未満、エダラボン、副傷病1あり(心房細動等) 発症前Rankin Scale 0、1または2 19 17.42 18.22 10.53 77.63  
010060x2990201 脳梗塞 発症3日以内、JCS10未満、脳血管リハビリテーション、発症前Rankin Scale 0、1または2 13 25.69 16.16 7.69 72.46  
[脳神経内科]
当科で多い疾患は脳梗塞です。脳梗塞は、手術、処置実施の有無のほか発症時期、意識障害(JCS)、発症前の状態の指標としてmodified Rankin ScaleがDPCコードに反映され、細分化されているため分散されています。2番目は脳出血です。3番目にてんかんとなっています。てんかん患者さんは、発作を起こしたために入院しています。
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx990x00x 誤嚥性肺炎 46 24.20 20.92 13.04 84.83  
030250xx991xxx 睡眠時無呼吸症候群 終夜睡眠ポリグラフィー 41 2.00 2.04 0.00 59.88  
040040xx99040x 肺がん 化学療法 30 8.27 10.00 3.33 70.40  
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 28 19.29 19.06 7.14 70.89  
040040xx9900xx 肺がん 26 14.35 14.58 0.00 75.38  
[呼吸器内科]
当科に入院された疾患の多くは肺炎で、救急医療の対象です。睡眠時無呼吸は、終夜睡眠ポリグラフィー施行の検査入院です。肺がん化学療法の入院は、第1クール目の新規症例が大部分です。間質性肺炎は大量のステロイド治療を要する症例です。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 総胆管結石性胆管炎等 内視鏡的胆道結石除去術等 81 7.05 10.08 2.47 74.48  
060140xx97x00x 出血性胃潰瘍等 内視鏡的消化管止血術 33 9.09 10.58 3.03 75.06  
060350xx99x00x 急性膵炎 27 7.30 11.23 3.70 61.89  
060340xx99x00x 急性胆管炎 23 6.74 9.81 0.00 76.09  
060020xx04x0xx 胃がん 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 22 6.73 8.52 0.00 71.32  
[消化器内科]
食道、胃、大腸などのポリープや早期癌に関しては積極的に内視鏡下の治療を実施しています。胃潰瘍などで吐血したり、胆石や癌による閉塞性黄疸や胆管炎は夜間、休日の来院も多く少ないスタッフ数での緊急内視鏡の対象になることが多い印象です。重篤になればなるほど処置時の合併症の危険性が高まりますので、かかりつけ医に早めに受診していただくのが良さそうです。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性疾患 心臓カテーテル検査 125 3.26 3.01 1.60 70.04  
050130xx99000x 心不全 107 25.72 17.66 10.28 86.29  
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術、経皮的ステント留置術等 78 4.55 4.47 0.00 70.40  
050210xx97000x 洞不全症候群等 ペースメーカー移植術 59 11.34 11.01 1.69 79.47  
050030xx97000x 心筋梗塞 経皮的冠動脈形成術、経皮的ステント留置術等 48 12.56 12.52 2.08 71.83  
[循環器内科]
1番目、3番目、5番目の疾患は虚血性心疾患関連です。1番目は検査目的です。3番目は主に待機的な血管内治療(カテーテル手術)、5番目は、急性心筋梗塞に対する緊急治療となっています。当院では1年365日、24時間体制で急性心筋梗塞に対する緊急カテーテル治療が施行可能な体制を整えています。4番目はペースメーカ手術です。これらの手術件数は平成29年度より増加しています。2番目は心不全入院で、一般入院としては最も多い病態です。高齢の患者さんが多く、かつ、多くの併存疾患を罹患されている患者さんが多く、また、積極的な心臓リハビリテーション介入は行なっているものの、衰弱傾向を呈する患者さんもいるため、退院調整にも難渋することが少なからずあり、平均在院日数が長くなり転院率も高くなっています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x00x 新生児黄疸等 (出生時体重2500g以上) 149 4.50 6.17 0.67 0.00  
040090xxxxxx0x 急性気管支炎等 118 5.20 6.19 0.85 2.31  
140010x299x0xx 新生児黄疸 等 (出生時体重1500g以上2500g未満) 49 10.10 11.32 2.04 0.00  
030270xxxxxxxx 上気道炎 47 4.43 4.96 0.00 2.36  
060380xxxxx0xx ウイルス性腸炎 36 3.61 5.42 0.00 3.58  
[小児科]
新生児(生後28日未満)疾患と、一般小児疾患を合わせた統計になっており、新生児の多くは日齢1~2頃から黄疸を生じるため件数が多くなっています。低出生体重児の多くは低血糖や呼吸障害を伴っております。新生児疾患は産婦人科と連携し対応しています。一般小児では気管支炎や肺炎などの気道感染症が多く、RSウイルスやヒトメタニューモウイルスなどが主な原因ウイルスです。一般小児は救命救急センターとも連携して常時対応しております。
消化器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 106 2.63 4.96 0.00 67.81  
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 45 5.76 5.49 0.00 40.58  
060210xx99000x 術後癒着性イレウス 等 41 9.10 8.95 2.44 69.46  
060035xx01000x 大腸がん(上行結腸等)腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術等 39 15.33 15.30 5.13 76.13  
060335xx02000x 胆石性胆のう炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 34 6.12 7.30 0.00 60.79  
[消化器外科]
当科で件数の多い疾患は、鼠径ヘルニア、イレウス(腸閉塞)、虫垂炎、胃がん、結腸がん等ですが、DPCコードは治療内容により細分化されるため、手術や治療内容により件数が分かれて集計されています。H30年度は大腸がんの件数が多くなっています。多くの症例は腹腔鏡下での手術が行われています。
腫瘍内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060010xx99x40x 食道がん 化学療法 10 5.60 9.58 0.00 73.30  
070030xx9901xx ユーイング肉腫 化学療法 - - - - -  
130030xx99x40x びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫 化学療法(リツキサン) - - - - -  
06007xxx97x00x 膵臓がん等 胸水・腹水濾過濃縮再静注法 - - - - -  
06007xxx99000x 膵臓がん等 - - - - -  
[腫瘍内科]
・表はDPC分類に基づく集計であり、臨床の実態を表しておりませんのでご注意ください。
2018年に当科で治療を開始した患者さんの疾患別の多いものとしては
①切除不能大腸癌15例
①切除不能膵臓癌15例
③切除不能胃癌11例
④悪性リンパ腫9例
④切除不能食道癌9例
などになります。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 大腿骨頚部骨折等 人工骨頭挿入術 肩、股 等 215 36.60 26.30 36.74 84.84  
070343xx01x0xx 腰椎すべり症 等 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術等 55 27.51 21.39 3.64 72.75  
070343xx97x0xx 腰椎すべり症 等 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓切除) 41 27.10 16.80 4.88 74.83  
070343xx99x1xx 腰部脊柱管狭窄症等 脳脊髄腔造影 40 2.00 2.79 0.00 75.75  
160690xx99xx0x 胸椎椎体骨折等 37 34.19 19.61 21.62 77.38  
[整形外科]
端的に言って、超高齢化社会において、“加齢現象”に対抗している結果になっていると考えます。今後も「年だからしょうがない。」にどれだけ抵抗できるか、戦いは続きます。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 眼瞼下垂手術 70 2.94 3.15 0.00 65.17  
160200xx0200xx 鼻骨骨折 鼻骨骨折整復固定術等 19 4.47 5.37 0.00 31.26  
070520xx97xxxx 下肢リンパ浮腫 リンパ管吻合術 15 8.93 9.50 0.00 57.33  
070010xx970xxx 皮下腫瘍等 皮膚、皮下腫瘍摘出術 等 11 3.27 4.86 0.00 36.91  
090010xx04xxxx 乳がん 組織拡張器による再建手術 乳房(再建手術) - - - - -  
[形成外科]
眼瞼下垂手術は、症状にあわせて、適切な手術を選択して実施しています。リンパ浮腫に対する、リンパ管静脈吻合手術では、手術の前後に集学的なチーム医療を取入れ、患者さんの生活の質の改善を目指しています。顔面骨骨折は、疼痛の少ない全身麻酔下での手術を行っています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010040x099000x 脳出血等(JCS10未満) 20 26.10 18.72 70.00 68.15  
160100xx97x00x 外傷性慢性硬膜下血腫 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術等 19 14.26 9.69 0.00 83.89  
010050xx02x00x 非外傷性硬膜下血腫 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術等 16 11.63 11.80 12.50 75.44  
010060x2990401 脳梗塞 (脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) エダラボン 発症前Rankin Scale 0、1又は2) 16 20.81 16.18 12.50 73.19  
010030xx9910xx 未破裂脳動脈瘤 脳動脈造影 14 3.29 3.02 0.00 62.07  
[脳神経外科]
院内外での脳卒中啓発運動の影響もあってか、早期軽傷での受診が得られていると思われます。例年、高齢外傷に伴う手術が多くなっています。当科で、多い疾患は脳梗塞、脳出血、外傷性くも膜下出血(硬膜下血腫等)、未破裂動脈瘤の順となっています。治療内容により細分化されています。脳卒中の患者さんは回復リハビリを行う近隣医療機関と連携しているため転院率が高くなっています。
呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺がん 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 62 13.90 11.87 1.61 67.97  
090010xx01x0xx 乳がん 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの)等 29 11.72 10.59 0.00 59.62  
090010xx02x0xx 乳がん 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 24 7.29 6.23 0.00 60.79  
040200xx01x00x 気胸 胸腔鏡下肺切除 12 9.50 10.08 0.00 50.00  
100020xx010xxx 甲状腺がん 甲状腺悪性腫瘍手術(全摘及び亜全摘) 12 9.67 8.68 0.00 60.67  
[呼吸器外科]
当科では呼吸器外科と乳腺内分泌外科分野の手術を担当しています。呼吸器外科は主として肺癌、転移性肺腫瘍、縦郭腫瘍、気胸、肺感染症の手術を行っており、手術件数は肺癌がもっとも多く、体に負担が少ない(低侵襲)といわれる胸腔鏡手術を積極的に導入しているため、表で示された件数となっています。乳腺内分泌外科は主として乳癌、甲状腺癌の手術を行っています。大部分の手術は乳房温存手術となっており、センチネルリンパ節生検は色素法に加え、RI法を導入し、精度を向上させています。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080010xxxx0xxx 下肢蜂巣炎等 21 13.10 12.51 0.00 65.76  
080006xx01x0xx 顔面有棘細胞がん等 皮膚悪性腫瘍切除術 全層植皮術等 18 4.72 8.16 5.56 78.67  
080050xxxxxxxx アトピー性皮膚炎 - - - - -  
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 - - - - -  
070560xx99x00x 結節性多発動脈炎等 - - - - -  
[皮膚科]
下肢蜂巣炎等は、外来加療に反応しない症例は入院加療としています。また、顔面有棘細胞癌等は、当地方で皮膚悪性腫瘍診療を行っているのは当施設のみであり、高齢化も相まって症例が増加しています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
1110080xx991x0x 前立腺がん 88 3.09 2.53 0.00 70.48  
11012xxx040x0x 尿管結石等  体外衝撃波腎・尿管結石破砕術等 75 2.15 2.72 0.00 63.21  
110070xx0200xx 膀胱がん 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術等 52 6.50 7.20 0.00 72.31  
11012xxx020x0x 尿管結石症等 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 30 4.07 5.62 0.00 62.80  
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術等 15 7.67 8.65 0.00 72.87  
[泌尿器科]
前立腺癌患者さんが多いのは前立腺針生検症例が多いためと考えられます。前立腺癌手術は例年10例前後で推移しています。腎尿管結石に対する体外衝撃波結石破砕術及び経尿道的手術は周辺施設の治療中止に伴い増加傾向です。膀胱癌、前立腺肥大症に関しては横ばいです。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120180xx01xxxx 既往帝切後妊娠等 帝王切開術(選択的帝王切開)等 114 9.20 9.70 0.00 34.11  
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 45 17.09 19.69 13.33 31.84  
120260xx01xxxx 胎児心音異常等 帝王切開術(緊急帝王切開) 44 11.30 9.63 0.00 32.98  
120070xx02xxxx 卵巣腫瘍 子宮附属器腫瘍摘出術(腹腔鏡) 42 5.93 6.28 0.00 43.29  
12002xxx02x0xx 子宮頚部上皮内腫瘍・異型度3 子宮頸部(腟部)切除術等 39 4.31 3.20 0.00 41.33  
[産婦人科]
DPCコード分類上では、産科、良性腫瘍の件数が上位を占めますが、子宮頸癌、体癌、卵巣癌の患者さんに対する治療についても重要な位置づけとして取り組んでいます。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障 水晶体再建術(眼内レンズ挿入) 片眼 301 2.32 2.84 0.00 75.41  
020210xx99x0xx 網膜血管閉塞症 11 12.91 6.81 0.00 72.91  
020110xx97xxx1 白内障 水晶体再建術(眼内レンズ挿入) 両眼 - - - - -  
020370xx99xxxx 視神経炎 - - - - -  
020110xx99xxxx 白内障 - - - - -  
[眼科]
白内障は眼の中にあるレンズ(水晶体)が濁り視力が低下する疾患です。原因としては加齢性が最も多く糖尿病や眼外傷、炎症性の眼疾患などでも生じます。治療は手術となります。一般的な手術では超音波で白内障を破砕し吸引除去します。そのあとに眼内レンズ(人工水晶体)を挿入します。手術はほとんどが局所麻酔で行われます。切開創は2.4mm程度で以前よりかなり小さくほとんどの症例で無縫合です。
腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx02x00x 末期腎不全 301 2.32 2.84 0.00 75.41  
110280xx991x0x 慢性糸球体腎炎等 11 12.91 6.81 0.00 72.91  
110260xx99x0xx ネフローゼ症候群 - - - - -  
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 - - - - -  
110280xx99000x 末期腎不全等 - - - - -  
[腎臓内科]
当院の特徴は「経皮的針生検(腎生検)」をなるべく実施して、治療介入できる糸球体腎炎をしっかり診断していることです。平均在院日数が全国平均と比べて短いのは診断確定後の免疫抑制剤治療をなるべく外来で実施しているからです。
救命救急センター
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 42 8.07 12.58 0.00 76.38  
030400xx99xxxx 末梢性めまい症等 24 4.33 5.10 4.17 72.54  
160100xx99x01x 脳挫傷・頭蓋内に達する開放創なし等 副傷病あり(てんかん等) 24 10.17 21.73 12.50 66.63  
161070xxxxx00x 蜂刺症等 22 2.50 3.56 9.09 44.36  
160100xx99x00x 脳挫傷・頭蓋内に達する開放創なし等 16 5.56 7.35 0.00 51.94  
[救命救急センター]
ほとんどすべての救急疾患の初期治療に対応していますが、どの診療科にも属さない疾患の入院が当科の上位となっています。感染症については時間外に受診された患者さんが主となっています。頭部外傷は脳神経外科手術の適応とならない患者さんを救急科で治療しています。末梢性めまいは当院に耳鼻咽喉科の常勤医が不在のため救急科で対応させていただいています。中毒のうち半数は蜂等に刺されアナフィラキシー(体内に入った蜂毒を除去しようとする防御反応)や、アナフィラキショック(血圧が下がりショック状態)を伴って来院された患者さんです。翌日には改善され自宅に戻られています。

3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

  初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 55 28 12 32 - - 1 6,7,8
大腸癌 24 17 27 36 - 24 1 6,7,8
乳癌 34 17 - - 14 11 1 7,8
肺癌 42 13 17 62 - 55 1 7,8
肝癌 - - - - - 24 1 7,8
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
「初発」とは当院において腫瘍の診断、あるいは初回治療を実施した場合を指します。「再発」とは当院他施設を問わずに初回治療が完了した後、当院を受診した場合やがん寛解後に局所再発・再燃または新たな遠隔転移をきたした場合を指します。入院を繰り返された場合もそれぞれ件数にカウントされます。

4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等

  患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 28 8.36 54.64
中等症 109 17.04 78.15
重症 20 24.90 87.05
超重症 - - -
不明 - - -
[定義]
A-DROPスコア(A:Age=年齢、 D:Dehydration=脱水、R:Respiration=呼吸、O:Orientation=見当識、P:Pressure=血圧)

[解説]
昨年度より、中等症、重症の肺炎の件数が減少しています。軽症は、若い方でも独居であり高熱で体動困難、経口摂取不良等が含まれるため在院日数が短いと考えられます。中等症、重症は、70歳以上の方が多く、慢性の基礎疾患があるなど、肺炎の治療だけではないため在院日数も長くなる傾向にあります。昨年と比較してみると、重症の患者さんの平均在院日数、年齢が増加しています。

5. 脳梗塞の患者数等

発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 212 24.50 76.56 19.25
その他 27 25.81 72.81 3.77
発症日から 「その他」とは、脳梗塞の発症後、4日以降に来院された患者さんになります。発症日3日以内に来院される患者さんの件数が昨年より減少、平均年齢は3日以内に来院した患者さん、4日以降に来院された患者さんともに低くなっています。

6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみのもの) 67 1.51 5.19 2.99 70.88  
K654 内視鏡的消化管止血術 40 1.65 8.23 5.00 78.45  
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 32 0.97 7.13 6.25 79.97  
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 24 0.749 1.71 0.00 73.13  
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 21 0.00 5.24 0.00 71.90  
[消化器内科]
食道、胃、大腸などのポリープや早期癌に関しては積極的に内視鏡下の治療を実施しています。胃潰瘍などで吐血したり、胆石や癌による閉塞性黄疸や胆管炎は夜間、休日の来院も多く少ないスタッフ数での緊急内視鏡の対象になることが多い印象です。重篤になればなるほど処置時の合併症の危険性が高まりますので、かかりつけ医に早めに受診していただくのが良さそうです。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 86 3.08 3.47 1.16 71.50  
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 44 2.75 9.84 2.27 77.48  
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 31 0.00 12.55 3.23 72.00  
K597-2 ペースメーカー交換術 22 1.14 7.82 0.00 83.45  
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) 15 0.00 15.33 20.00 77.80  
[循環器内科]
経皮的冠動脈ステント留置術、あるいは経皮的冠動脈形成術(その他)は、狭心症、虚血性心疾患に伴う心不全、陳旧性心筋梗塞、無症候性心筋虚血等に対して待機的に施行しています。経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞)(不安定狭心症)は、急性冠症候群の病態に対して緊急、あるいは入院後の安定化を図った後、準緊急的に施行しているものです。心筋逸脱酵素上昇を認めるものは急性心筋梗塞、認めないものは不安定狭心症と定義されます。ペースメーカー移植術は、房室ブロック、洞不全症候群、除脈性心房細動等に対して施行しています。手術件数は増加しており、特に高齢化のためか、ペースメーカ関連の手術の増加が顕著です。当院では、救命救急センターや冠疾患集中治療室、一般病棟と、クリニカルパスを用いたシームレスな診療ができるよう診療体制を整えており、また、カテーテル手術、ペースメーカ手術については、いたずらに症例数の増加を目指すのではなく、しっかりと検査を行ない、スタッフでのカンファレンスを行ない、厳密な適応判断を行なった上で、手術が必要な患者さんに、しっかりとした病状説明を行なった上で、必要な治療を行なうようにしています。
消化器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 115 0.43 1.67 0.00 61.77  
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 59 1.49 3.95 0.00 58.42  
K7181 虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 35 0.29 4.49 0.00 44.00  
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 31 1.06 12.84 3.23 73.68  
K6552 胃切除術(悪性腫瘍) 29 3.10 14.83 3.45 76.31  
[消化器外科]
鼠径ヘルニア手術は1泊2日の短期入院で対応し、術後経過も良好です。虫垂炎や胆嚢炎(結石を含む)等の良性疾患の手術件数が上位を占めております。大腸がんは基本的に腹腔鏡下手術を行い、開腹手術に比べて低侵襲で平均術後日数も短期です。開腹手術は腸閉塞症例や緊急手術、開腹既往症例が含まれており、術前、術後日数が長期になったと考えられます。
腫瘍内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法 16 3.44 3.19 0.00 65.63  
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈,静脈又は腹腔内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合) - - - - -  
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 - - - - -  
K331 鼻腔粘膜焼灼術 - - - - -  
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) - - - - -  
[腫瘍内科]
胸水・腹水濾過濃縮再静注法は、溜まった腹水(または胸水)のなかの栄養成分を体内に戻す治療法です。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨、上腕、大腿) 186 3.15 27.32 33.33 83.05  
K0811 人工骨頭挿入術(肩、股) 75 4.92 36.45 33.33 83.15  
K0821 人工関節置換術(肩、股、膝) 58 1.79 37.36 3.45 74.66  
K0462 骨折観血的手術(前腕、下腿、手舟状骨) 51 2.63 14.88 7.84 63.04  
K1423 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(後方椎体固定) 47 2.70 25.68 4.26 74.36  
[整形外科]
予定手術以外の骨折等の“準緊急手術”に際して、各部署のご理解とご協力のおかげで、早期手術が可能となっているものと考えます。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) 52 0.04 2.13 0.00 61.08  
K2193 眼瞼下垂症手術(その他) 19 0.00 1.37 0.00 73.26  
K628 リンパ管吻合術 15 1.00 6.93 0.00 57.33  
K0053 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径4cm以上) - - - - -  
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm以上4cm未満) - - - - -  
[形成外科]
眼瞼下垂手術は、症状にあわせて、適切な手術を選択して実施しています。リンパ浮腫に対する、リンパ管静脈吻合手術では、手術の前後に集学的なチーム医療を取入れ、患者さんの生活の質の改善を目指しています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 43 0.16 13.02 11.63 80.70  
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 24 0.88 26.38 16.67 66.33  
K1781 脳血管内手術(1箇所) 14 0.50 24.93 7.14 55.36  
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) 11 3.55 16.00 9.09 67.64  
K6101 動脈形成術、吻合術(頭蓋内動脈) - - - - -  
[脳神経外科]
前年度同様、外傷に伴う硬膜下血腫の手術が多くなっています。動脈瘤に対する処置は、開頭クリッピングと血管内手術(コイリング)と適切な手段を選択していますが、血管内手術(コイリング)が増えています。血管内手術(コイリング)は、カテーテルを用いて行うため傷も小さく、平均在院日数も短くなっています。
呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除) 28 1.29 13.11 3.57 67.96  
K4762 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術 (腋窩部郭清を伴わない) 25 1.00 5.40 0.00 61.80  
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除) 20 1.70 8.05 0.00 67.00  
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わない) 17 1.00 9.82 0.00 58.65  
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除)) 11 3.64 6.91 0.00 46.55  
[呼吸器外科]
呼吸器外科分野では肺癌手術の標準的術式である肺葉切除術が最も多く、極めて早期の肺癌、転移性肺腫瘍には肺部分切除術を行っています。いずれの手術も胸腔鏡手術が大半を占めています。また乳腺内分泌外科分野では乳房温存術の件数が多くなっています。気胸を除き、予定手術は前日の入院が基本となっています。
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 19 0.05 4.53 0.00 75.68  
K034 腱切離・切除術(関節鏡下によるものを含む) - - - - -  
K0062 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm以上6cm未満) - - - - -  
K013-22 全層植皮術(25cm2以上100cm2未満) - - - - -  
K0051 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm未満) - - - - -  
[皮膚科]
当地域の高齢化により皮膚悪性腫瘍患者数の増加によるものです。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術 73 0.03 1.05 0.00 62.84  
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 56 1.21 4.30 0.00 72.13  
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 29 1.00 2.10 0.00 63.17  
K8412 経尿道的前立腺手術(その他) 15 1.20 5.47 0.00 72.87  
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 11 1.09 5.82 9.09 73.18  
[泌尿器科]
腎尿管結石に対する体外衝撃波結石破砕術及び経尿道的手術は周辺施設の治療中止に伴い増加傾向です。膀胱癌、前立腺肥大症に対する経尿道的手術は例年並みを維持しています。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 106 3.91 6.98 0.00 33.94  
K877 子宮全摘術 77 1.19 8.10 0.00 52.17  
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 77 3.05 7.95 1.30 33.06  
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 47 0.96 3.94 0.00 41.45  
K867 子宮頸部(腟部)切除術 39 1.00 2.31 0.00 41.33  
[産婦人科]
手術件数は、帝王切開、良性腫瘍(腹腔鏡)が上位を占めますが、子宮全摘術には頸癌、体癌、卵巣癌も一部含まれます。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 262 0.39 1.01 0.00 76.23  
K2821イ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(縫着レンズを挿入するもの) - - - - -  
K2822 水晶体再建術(眼内レンズを挿入しない場合) - - - - -  
K224 翼状片手術(弁の移植を要する) - - - - -  
- - - - - - -  
[眼科]
白内障は眼の中にあるレンズ(水晶体)が濁り視力が低下する疾患です。原因としては加齢性が最も多く糖尿病や眼外傷、炎症性の眼疾患などでも生じます。治療は手術となります。一般的な手術では超音波で白内障を破砕し吸引除去します。そのあとに眼内レンズ(人工水晶体)を挿入します。手術はほとんどが局所麻酔で行われます。切開創は2.4mm程度で以前よりかなり小さくほとんどの症例で無縫合です。
腎臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 43 0.72 2.74 0.00 71.37  
K608-3 内シャント血栓除去術 - - - - -  
K6147 血管移植術、バイパス移植術(その他の動脈) - - - - -  
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 - - - - -  
K617-3 静脈瘤切除術(下肢以外) - - - - -  
[腎臓内科]
当院のもうひとつの特徴は「内科医が末期腎不全で必要な内シャント設置術を実施している」ことです。平均在院日数が全国平均の半分以下であるのは、すぐに血液透析が必要となる一段階前の「保存期腎不全期」に、あらかじめ内シャント術のみ実施し、血液透析導入を一連の入院中に必要としないためであると考えています。

7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 12 0.15
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 21 0.26
異なる - -
敗血症は、肺炎や腎盂腎炎など感染症を起こしている場所から血液中に細菌が入り、重篤な全身症状を引き起こす病気です。敗血症の「入院契機」:同一とは、敗血症の治療目的で入院し、入院中も主として敗血症の治療をしていることを言います。手術・処置等の合併症の多くは、術後の関節脱臼、術後の出血や薬剤に対するアレルギー等です。手術した部位または挿入器具による感染も含まれています。昨年度より減少しています。
ページの先頭へ
ページ早見表