2018年度

死亡退院患者率

当院から退院された患者さんのうち死亡された患者さんの割合を示しています。

算出方法 死亡退院患者数/退院患者数
 
※  表中の全国平均値は、一般社団法人日本病院会の「QIプロジェクト(QI推進事業)フィードバックデータサマリー」から引用しています

入院患者の転倒・転落発生率

入院されている患者さんのうち転倒・転落が発生した割合を示しています。

算出方法 医療安全管理室へインシデント・アクシデントレポートが提出された転倒・転落件数/入院延べ患者数
※  表中の全国平均値は、一般社団法人日本病院会の「QIプロジェクト(QI推進事業)フィードバックデータサマリー」から引用しています
 

入院患者の転倒・転落による損傷発生率

入院されている患者さんのうち転倒・転落により生じた一定程度のケガの発生状況を示しています。


算出方法 医療安全管理室へインシデント・アクシデントレポートが提出された転倒・転落件数のうち損傷レベル2以上(またはレベル4以上)の件数/入院延べ患者数

【レベル2以上】



【レベル4以上】
4c
※  表中の全国平均値は、一般社団法人日本病院会の「QIプロジェクト(QI推進事業)フィードバックデータサマリー」から引用しています

褥瘡発生率

入院されている患者さんのうち新規に褥瘡が発生した割合を示しています。
褥瘡とは、寝たきりなどによって、体重で圧迫されている場所の血流が悪くなったり滞ることで、皮膚の一部が赤い色味をおびたり、ただれたり、傷ができてしまうことです。一般的に「床ずれ」ともいわれています。
褥瘡発生率は、看護ケアの質評価の重要な指標の1つになっています。

算出方法 調査期間における分母対象患者のうち、d2以上の褥瘡の院内新規発生患者数/入院延べ患者数
※  表中の全国平均値は、一般社団法人日本病院会の「QIプロジェクト(QI推進事業)フィードバックデータサマリー」から引用しています

紹介率

地域の医療機関からの紹介によって受診した患者数の割合を示しています。

算出方法 紹介初診患者数+(初診緊急入院患者数-初診緊急入院患者のうち紹介患者数)/初診患者数-(休日・夜間の初診救急患者数-休日・夜間の初診救急入院患者数)
※  表中の全国平均値は、一般社団法人日本病院会の「QIプロジェクト(QI推進事業)フィードバックデータサマリー」から引用しています

逆紹介率

当院から地域の医療機関に紹介した患者数の割合を示しています。

算出方法 逆紹介患者数/初診患者数-(休日・夜間の初診救急患者数-休日・夜間の初診救急入院患者数)
※  表中の全国平均値は、一般社団法人日本病院会の「QIプロジェクト(QI推進事業)フィードバックデータサマリー」から引用しています

尿道留置カテーテル使用率

入院されている患者さんのうち尿道留置カテーテルを使用した割合を示しています。

算出方法 尿道留置カテーテルが挿入されている入院延べ患者数/入院延べ患者数

08
表中の全国平均値は、一般社団法人日本病院会の「QIプロジェクト(QI推進事業)フィードバックデータサマリー」から引用しています

症候性尿路感染症発生率

尿道留置カテーテルを挿入した患者さんの感染症発生率を示しています。
 
算出方法 症候性尿路感染症の定義に合致した件数/尿道留置カテーテルが挿入されている入院延べ患者数
 

※  表中の全国平均値は、一般社団法人日本病院会の「QIプロジェクト(QI推進事業)フィードバックデータサマリー」から引用しています

救急車・ホットラインの応需率

救急車受入要請のうち受け入れた割合を示しています。
 
算出方法 救急車で来院した患者数/救急車受け入れ要請件数
※  表中の全国平均値は、一般社団法人日本病院会の「QIプロジェクト(QI推進事業)フィードバックデータサマリー」から引用しています

特定術式における手術開始前1時間以内の予防的抗菌薬投与率

感染予防のために手術開始の1時間以内に適切な抗菌薬を静注した割合を示しています。
手術開始から終了2~3時間まで血中および組織中の抗菌薬濃度を適切に保つことで、手術部位感染を予防できる可能性が高くなります。
このため手術執刀開始前の1時間以内に適切な抗菌薬を静注することで、手術部位感染を予防できると考えられています。

算出方法 手術開始前1時間以内に予防的抗菌薬が投与開始された手術件数/特定術式の手術件数
※  表中の全国平均値は、一般社団法人日本病院会の「QIプロジェクト(QI推進事業)フィードバックデータサマリー」から引用しています

特定術式における術後 24 時間以内の予防的抗菌薬投与停止率

術後 24 時間以内に抗菌薬の予防投与を停止した割合を示しています。
手術開始から終了 2~3 時間まで血中および組織中の抗菌薬濃度を適切に保つことで、手術部位感染を予防でき
る可能性が高くなります。
このため手術執刀開始前の 1 時間以内に適切な抗菌薬を静注することで、手術部位感染を予防できると考えられ
ています。
しかし、不必要に長期間投与することで抗菌薬による副作用の出現や耐性菌の発生、医療費の増大につながりま
す。
一般的には、非心臓手術では術後 24 時間以内、心臓手術では術後 48 時間以内までに抗菌薬を中止することが
推奨されています。
 
算出方法:術後 24 時間以内に予防的抗菌薬投与が停止された手術件数(冠動脈バイパス手術またはそのほかの
心臓手術の場合 48 時間以内)/特定術式の手術件数
12

特定術式における適切な予防的抗菌薬選択率

手術開始の 1 時間以内に適切な抗菌薬を静注した手術のうち、ガイドラインに準拠した予防的抗菌薬を投与した 割合を示しています。
算出方法 術式ごとに適切な予防的抗菌薬が選択された手術件数 / 特定術式の手術件数
13
※  表中の全国平均値は、一般社団法人日本病院会の「QIプロジェクト(QI推進事業)フィードバックデータサマリー」から引用しています

糖尿病患者の血糖コントロール

糖尿病の治療である薬物療法を受けている患者さんのうち適切に血糖コントロールがなされている割合を示しています。
糖尿病による合併症を予防するためには、HbA1cを7.0%未満に維持することが重要です。

算出方法 HbA1c(NGSP)の最終値が7.0%未満の外来患者数/糖尿病の薬物治療を施行されている外来患者数


算出方法 HbA1c(NGSP)の最終値が8.0%未満の外来患者数/糖尿病の薬物治療を施行されている外来患者数

※  表中の全国平均値は、一般社団法人日本病院会の「QIプロジェクト(QI推進事業)フィードバックデータサマリー」から引用しています

退院後6週間以内の救急医療入院率

当院を退院された患者さんのうち退院後6週間以内に予定外の再入院となった割合を示しています。
この指標が低いほど患者さんは十分な医療を受けて退院されたと言うことができます。

算出方法 退院後6週間以内の救急入院患者数/退院患者数
※  表中の全国平均値は、一般社団法人日本病院会の「QIプロジェクト(QI推進事業)フィードバックデータサマリー」から引用しています

急性心筋梗塞患者における入院後早期アスピリン投与割合

急性心筋梗塞発症後の長期予後を改善するため入院後早期にアスピリンを投与した割合を示しています。

算出方法 分母のうち入院後2日以内にアスピリンが投与された症例数/急性心筋梗塞で入院した症例数
※  表中の全国平均値は、一般社団法人日本病院会の「QIプロジェクト(QI推進事業)フィードバックデータサマリー」から引用しています

急性心筋梗塞患者における退院時アスピリン・抗血小板薬投与割合

急性心筋梗塞発症後の長期予後を改善するため退院時にアスピリン、抗血小板薬を投与した割合を示しています。
 
【aアスピリン】
算出方法 分母のうち退院時にアスピリンが投与された症例数/急性心筋梗塞で入院した症例数


【b抗血小板薬】

算出方法 分母のうち退院時に抗血小板薬が投与された症例数/急性心筋梗塞で入院した症例数

※  表中の全国平均値は、一般社団法人日本病院会の「QIプロジェクト(QI推進事業)フィードバックデータサマリー」から引用しています

急性心筋梗塞患者における退院時βブロッカー投与割合

急性心筋梗塞発症後の長期予後を改善するため退院時にβブロッカーを投与した割合を示しています。

算出方法 分母のうち退院時にβブロッカーが投与された症例数/急性心筋梗塞で入院した症例数
※  表中の全国平均値は、一般社団法人日本病院会の「QIプロジェクト(QI推進事業)フィードバックデータサマリー」から引用しています

急性心筋梗塞患者における退院時スタチン投与割合

急性心筋梗塞発症後の長期予後を改善するため退院時にスタチンを投与した割合を示しています。

算出方法 分母のうち退院時にスタチンが投与された症例数/急性心筋梗塞で入院した症例数

19
※  表中の全国平均値は、一般社団法人日本病院会の「QIプロジェクト(QI推進事業)フィードバックデータサマリー」から引用しています

急性心筋梗塞患者における退院時のACE阻害剤もしくはARBの投与割合

急性心筋梗塞発症後の長期予後を改善するため退院時にACE阻害剤もしくはアンジオテンシンⅡ受容体拮抗剤(ARB)を投与した割合を示しています。

算出方法 分母のうち退院時にACE阻害剤もしくはアンギオテンシンⅡ受容体阻害剤が投与された症例数/急性心筋梗塞で入院した症例数

20
※  表中の全国平均値は、一般社団法人日本病院会の「QIプロジェクト(QI推進事業)フィードバックデータサマリー」から引用しています

急性心筋梗塞患者におけるACE阻害剤もしくはARBの投与割合

急性心筋梗塞患者さんにACE阻害剤もしくはアンジオテンシンⅡ受容体拮抗剤(ARB)を投与した割合を示しています。

算出方法 分母のうちACE阻害剤もしくはアンギオテンシンⅡ受容体阻害剤が投与された症例数/急性心筋梗塞で入院した症例数

21
※  表中の全国平均値は、一般社団法人日本病院会の「QIプロジェクト(QI推進事業)フィードバックデータサマリー」から引用しています

急性心筋梗塞患者の病院到着後90分以内の初回PCI実施割合

急性心筋梗塞の治療には、発症後可能な限り早期に再灌流療法(閉塞した冠動脈の血流を再開させる治療)を行うことが、生命予後の改善に重要です。現在、発症後12時間以内は早期再灌流療法の適応とされ、主にバルーンやステントを使用したPCIが行われます。血栓吸引療法を併用する場合もあります。
病院到着から、PCIまでの時間は、「急性心筋梗塞と診断」されてから、緊急心臓カテーテル検査と治療のための「スタッフならびにカテーテル室の準備」さらに「PCIの手技」までを含む時間であり、「door to balloon時間」と呼ばれています。この時間が90分以内であることがよいとされています。
 
算出方法 来院後90分以内に手技を受けた件数 / 18歳以上のPCI件数
22
※  表中の全国平均値は、一般社団法人日本病院会の「QIプロジェクト(QI推進事業)フィードバックデータサマリー」から引用しています

脳卒中患者のうち第2病日までに抗血栓治療を受けた患者の割合

脳卒中患者さんのうち第2病日までに抗血栓治療を受けた割合を示しています。
脳卒中には脳の血管が詰まる脳梗塞や脳の血管が破れて出血する脳出血・くも膜下出血があります。
脳梗塞の治療に際して48時間以内に抗血栓療法を開始することが推奨されています。

算出方法 分母のうち第2病日までに抗血栓療法を施行された患者数/脳梗塞かTIAと診断された18歳以上の入院患者数

23
※  表中の全国平均値は、一般社団法人日本病院会の「QIプロジェクト(QI推進事業)フィードバックデータサマリー」から引用しています

脳卒中患者の退院時、抗血小板薬を処方した割合

脳卒中患者さんのうち退院時に抗血小板薬を処方された割合を示しています。
脳梗塞の再発予防のために抗血小板薬の投与が推奨されています。

算出方法 分母のうち退院時に抗血小板薬を処方された患者数/脳梗塞かTIAと診断された18歳以上の入院患者数

24
※  表中の全国平均値は、一般社団法人日本病院会の「QIプロジェクト(QI推進事業)フィードバックデータサマリー」から引用しています

脳卒中患者の退院時スタチン処方割合

脂質と脳梗塞との関係は心臓病ほど密接ではないものの、欧米の研究ではLDLコレステロールを低下させるほど、脳卒中の発症率、死亡率が下がると報告されている。 また、海外の大規模臨床試験(SPARCL)で、高用量のスタチン製剤による脳卒中の再発抑制が示されました。脳梗塞後の高LDL-C血症患者にはスタチンを投与すべきであり、本指標はその投与割合を示しています。

算出方法 退院時にスタチンが投与された症例数 / 脳梗塞で入院した症例数
25
※  表中の全国平均値は、一般社団法人日本病院会の「QIプロジェクト(QI推進事業)フィードバックデータサマリー」から引用しています

心房細動を診断された脳卒中患者への退院時の抗凝固薬の処方

心房細動を診断された脳卒中患者さんのうち退院時に抗凝固薬を処方された割合を示しています。 心房細動は、心臓の拍動が乱れ、血液が心臓内に停滞する状態のことです。 心房細動のある患者さんの脳梗塞の再発予防に、血液凝固因子に作用して血栓を防ぐための抗凝固薬を処方する ことが推奨されています。

算出方法:分母のうち退院時に抗凝固薬を処方された患者数/脳梗塞か TIA と診断され、かつ心房細動と診断 された 18 歳以上の入院患者数

26

脳梗塞における入院後早期リハビリ実施症例の割合

脳梗塞で入院されている患者さんのうち入院早期にリハビリが実施された割合を示しています。
脳梗塞の後遺症による廃用症候群(筋委縮、筋力低下、関節拘縮、肺炎、褥瘡、抑うつなど)の発生を予防するため、十分なリスク管理のもとにできるだけ発症後早期から積極的なリハビリテーションを行うことが推奨されています。

算出方法 分母のうち入院後早期に脳血管リハビリテーションが行われた症例数/脳梗塞で入院した症例数

27
※  表中の全国平均値は、一般社団法人日本病院会の「QIプロジェクト(QI推進事業)フィードバックデータサマリー」から引用しています

喘息入院患者のうち吸入ステロイドを入院中に処方された割合

喘息により入院されている患者さんのうち吸入ステロイドを処方された割合を示しています。
気管支喘息の患者さんの入院治療では、全身性ステロイド治療とともに吸入ステロイド治療を開始することが重要になります。

算出方法 分母のうち入院中に吸入抗炎症剤の処方を受けた患者数/5歳以上の喘息患者のうち喘息に関連した原因で入院した患者数

28
※  表中の全国平均値は、一般社団法人日本病院会の「QIプロジェクト(QI推進事業)フィードバックデータサマリー」から引用しています

入院中にステロイドの経口・静注処方された小児喘息患者の割合

小児喘息により入院されている患者さんのうち経口・静注ステロイドの投与がされた割合を示しています。
小児気管支喘息については、大発作と呼吸不全では初期段階から経口・静注ステロイドの投与が標準的治療として示されています。
ステロイドの全身投与は、できる限り短期の使用にとどめることとされています。

算出方法 分母のうち入院中に全身ステロイドを処方された症例数/2歳~15歳の喘息患者のうち喘息に関連した原因で入院した症例数

29
※  表中の全国平均値は、一般社団法人日本病院会の「QIプロジェクト(QI推進事業)フィードバックデータサマリー」から引用しています

1 か月間・100 床当たりのインシデント・アクシデント発生件数

算出方法 インシデント・アクシデント発生件数×100 / 許可病床数

33a
※  表中の全国平均値は、一般社団法人日本病院会の「QIプロジェクト(QI推進事業)フィードバックデータサマリー」から引用しています

全報告中医師による報告の占める割合

算出方法: 医師が提出したインシデント・アクシデント報告総件数 / インシデント・アクシデント報告総件数
33b
※  表中の全国平均値は、一般社団法人日本病院会の「QIプロジェクト(QI推進事業)フィードバックデータサマリー」から引用しています

中心静脈カテーテル挿入に伴う気胸発生率

他施設よりも値が特に高い施設では再発予防に向けた安全管理を見直す契機になる.
 
算出方法: 医原性気胸発生症例 /中心静脈カテーテル挿入を受けた症例
35

誤嚥性肺炎に対する喉頭ファイバースコピー又は嚥下造影検査実施率

誤嚥性肺炎の多くは嚥下障害によって引き起こされる。咽頭ファイバースコピーや嚥下造影検査によって患者 の嚥下機能を評価し、適切なアプローチ(治療、摂食・嚥下訓練、リハビリテーション、音声訓練など)につな げることができる。 

算出方法: 「喉頭ファイバースコピー」または「造影剤注入手技 嚥下造影」検査が行われた患者数 /誤嚥性 肺炎患者数
36
※  表中の全国平均値は、一般社団法人日本病院会の「QIプロジェクト(QI推進事業)フィードバックデータサマリー」から引用しています

術後 24 時間以内の予防的抗菌薬投与停止率

手術部位感染(SSI)を予防する対策の一つとして、手術前後の抗菌薬投与があるが、不必要に長期間 投与することで、抗菌薬による副作用の出現や耐性菌の発生、医療費の増大につながる。

算出方法: 手術翌日に予防的抗菌薬が投与されていない件数 /入院手術件数(対象手術)

【股関節置換術】
37c
【膝関節置換術】 
37d
【大腸手術】
37f
【子宮全摘除術】
37g
※  表中の全国平均値は、一般社団法人日本病院会の「QIプロジェクト(QI推進事業)フィードバックデータサマリー」から引用しています

薬剤管理指導実施率

薬剤師の薬学的管理指導は、医療改善につながります。

算出方法: 薬剤管理指導を受けた症例数 /入院症例数
38a
※  表中の全国平均値は、一般社団法人日本病院会の「QIプロジェクト(QI推進事業)フィードバックデータサマリー」から引用しています

安全管理が必要な医薬品に対する服薬指導実施率

服薬指導により薬物療法に対する安全性や有用性を患者が認識すれば、アドヒアランスの向上(患者が積極的に治療方針の決定に参加し、その決定にそって治療を受けること)に繋がると期待されます。

算出方法: 薬剤管理指導料が算定された患者数 /特に安全管理が必要な医薬品として、別表に定める医薬品 のいずれかが投薬又は注射されている患者
38b
※  表中の全国平均値は、一般社団法人日本病院会の「QIプロジェクト(QI推進事業)フィードバックデータサマリー」から引用しています

糖尿病・慢性腎臓病患者への栄養管理実施率

積極的な栄養管理の介入を示します。

算出方法: 特別食加算の算定 /18歳以上の糖尿病・慢性腎臓病であり、それらへの治療が主目的ではない入 院症例の食事
39
※  表中の全国平均値は、一般社団法人日本病院会の「QIプロジェクト(QI推進事業)フィードバックデータサマリー」から引用しています

手術ありの患者の肺血栓塞栓症の予防対策の実施率

周術期の肺血栓塞栓症の予防行為の実施は、発生率を下げることにつながります。

算出方法: 肺血栓塞栓症発症のリスクレベルが「中」以上の手術を施行した退院患者数 / 肺血栓塞栓症の予 防対策が実施された患者数
※予防対策とは、弾性ストッキングの着用、間歇的空気圧迫装置の利用、抗凝固療法のいずれか、 または2つ以上) 

40a

手術ありの患者の肺血栓塞栓症の発生率

深部静脈血栓症の危険因子には、加齢、悪性腫瘍、肥満や妊娠、長期臥床など、周術期以外の場面でも発症す るリスクがあります。ガイドライン通りに予防措置を行ったとしても、肺血栓塞栓症/深部静脈血栓症を完全に予防できるわけではないが、予防する行為を行っていなければ、その発症率は高まります。

算出方法: 肺血栓塞栓症を発症した患者数 / 肺血栓塞栓症発症のリスクレベルが「中」以上の手術を施行 した退院患者数
40b
※  表中の全国平均値は、一般社団法人日本病院会の「QIプロジェクト(QI推進事業)フィードバックデータサマリー」から引用しています。

広域抗菌薬使用時の血液培養実施率

広域抗菌薬を使用する際の望ましいプラクティスです。

算出方法: 投与開始初日に血液培養検査を実施した数/広域抗菌薬投与を開始した入院患者数
41a
※  表中の全国平均値は、一般社団法人日本病院会の「QIプロジェクト(QI推進事業)フィードバックデータサマリー」から引用しています。

血液培養実施時の 2 セット実施率

血液培養は1セットのみの場合の偽陽性による過剰治療を防ぐため、2セット以上行うことが推奨されています。

算出方法: 血液培養のオーダーが1日に2件以上ある日数(人日) /血液培養のオーダー日数(人日)
41b
※  表中の全国平均値は、一般社団法人日本病院会の「QIプロジェクト(QI推進事業)フィードバックデータサマリー」から引用しています。

地域連携パスの使用率

脳卒中の治療、大腿骨頸部骨折の急性期における治療が終了した後も継続的な医学的管理とリハビリテーションが重要である。地域医療に関 する医療体制を評価する。

【脳卒中】
算出方法: 「地域連携診療計画加算」を算定した症例 / 脳卒中で入院した症例
42a

【大腿骨頸部骨折】
算出方法: 「地域連携診療計画加算」を算定した症例 / 大腿骨頸部骨折で入院し、大腿骨頸部の手術を受けた症例
42b
ページの先頭へ
ページ早見表