平成29年度 病院指標

病院情報の公表 集計項目

1.  年齢階級別退院患者数
2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
5. 脳梗塞のICD10別患者数等
6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
7 その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

1. 年齢階級別退院患者数

ファイルをダウンロード(TSVファイル:1KB)
 
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 868 185 247 461 516 661 1233 1823 1660 532
[定義]
・年齢を10歳刻みで設定
・入院時の年齢

[解説]
 昨年より、出生後に入院する新生児、50代、70代、90代の入院が増加しています。20~40代の出産に関係する入院件数が減少傾向にあります。

2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)

ファイルをダウンロード(TSVファイル:5KB)
 
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 28 34.64 20.83 28.57 83.68  
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 17 15.18 12.34 5.88 79.94  
0400801499x002 肺炎等(75歳以上)肺炎の重症度:中等症 12 19.08 15.12 0.00 83.58  
- - - - - - -  
- - - - - - -  
[内科]
 前年度と同様、一番多い疾患は肺炎です。年齢別、重症度別と細分化されているため、件数としては75歳以上が多くなっています。誤嚥性肺炎は肺炎とは別の疾患として集計されます。
脳神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内)エダラボン 発症前Rankin Scale0、1または2 44 15.02 16.38 18.18 74.50  
010040x099x00x 脳出血等 28 21.79 19.10 32.14 69.25  
010160xx99x00x パーキンソン病等 19 25.84 18.66 10.53 78.21  
- - - - - - -  
- - - - - - -  
[脳神経内科]
 当科で多い疾患は脳梗です。脳梗塞は、手術、処置実施の有無のほか発症時期、意識障害(JCS)、重症度の指標としてmodified Rankin ScaleがDPCコードに反映されたため細分化されています。2番目は重症でない脳出血です。3番目にパーキンソン病となっています。退院先の調整等で入院期間が長くなっています。
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用パス
040040xx99040x 肺がん 化学療法 75 6.87 11.99 0.00 74.00  
0400801499x002 肺炎等(75歳以上) 肺炎の重症度:中等症 32 20.91 15.12 12.50 82.69  
0400801499x003 肺炎等(肺75歳以上) 肺炎の重症度:重症 23 18.04 16.97 4.35 86.65  
- - - - - - -  
- - - - - - -  
[呼吸器内科]
 当科で入院された疾患の多くは肺炎です。肺炎は重症度の指標としてA-DROPスコアがDPCコードに反映されたため細分化されています。75歳以上が多く、基礎疾患として慢性閉塞性肺疾患、非結核性肺抗酸菌、慢性気管支拡張等の慢性呼吸器疾患があるため入院気管が長くなっています。肺がん(化学療法)も多く、横ばいとなっています。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用パス
060340xx03x00x 総胆管結石性胆管炎 等 内視鏡的胆道結石除去術等 75 7.08 10.61 1.33 75.45  
060340xx99x00x 胆管炎 等 23 7.13 9.85 8.70 65.74  
060020xx04x0xx 胃がん 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 22 5.77 8.73 0.00 77.59  
- - - - - - -  
- - - - - - -  
[消化器内科]
 胃がんを含む消化管腫瘍も可能である限り内視鏡的に切除して負担の少ない治療を目指しています。腫瘍の大きさや併存疾患によっては内視鏡的切除の対象にならない場合もあるため、外科手術とどちらが適切か検討して治療法を決定しています。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性疾患 心臓カテーテル検査 110 3.21 3.03 0.91 70.77  
050130xx99000x 心不全 107 25.42 17.71 14.02 83.91  
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 70 5.14 4.62 0.00 71.39  
- - - - - - -  
- - - - - - -  
[循環器内科]
 1番目、3番目の疾患は虚血性心疾患関連です。1番目は検査目的です。3番目は血管内治療(カテーテル手術)をしています。2番目は心不全入院で、一般入院としては最も多い病態です。高齢の患者さんが多く、退院調整にも難渋することがあるため、平均在院日数が長くなり転院率も高くなっています。手術件数は平成28年度より多少変動があるものの横ばいとなっています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用パス
140010x199x00x 新生児黄疸 等 (出生時体重2500g以上) 137 4.39 6.18 0.00 0.00  
040090xxxxxx0x 急性気管支炎 等 99 5.83 5.94 2.02 2.39  
140010x299x0xx 新生児黄疸 等 (出生時体重1500g以上2500g未満) 56 9.09 11.49 3.57 0.00  
- - - - - - -  
- - - - - - -  
[小児科]
 新生児(生後28日未満)の大部分は、日齢1~2頃から黄疸を生じるため件数が多くなっています。産婦人科医師と連携し出産時に立ち会う等対応しています。救命救急センターとも連携し常時対応しているため、気道感染症は例年多い傾向にあります。
消化器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用パス
060035xx01000x 結腸がん 結腸切除術 全切除、亜全切除または悪性腫瘍手術等 42 17.81 15.61 2.38 73.33  
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 37 5.32 5.56 0.00 35.41  
060010xx99x40x 食道がん 化学療法 29 6.52 9.69 0.00 67.34  
- - - - - - -  
- - - - - - -  
[消化器外科]
 当科で件数の多い疾患は、昨年同様鼠径ヘルニア、イレウス(腸閉塞)、虫垂炎、胃がん、結腸がん等の順ですが、DPCコードは治療内容により細分化されるため、手術や治療内容により件数が分かれて集計されています。H29年度は手術適応の結腸がんの件数が多くなっています。
腫瘍内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用パス
110050xx97x00x 後腹膜疾患 腹水濾過濃縮再静注法 18 3.39 12.44 0.00 64.28  
060010xx99x40x 食道がん 化学療法 16 5.56 9.69 0.00 71.25  
040040xx99040x 肺がん 化学療法 - - 11.99 - -  
- - - - - - -  
- - - - - - -  
[腫瘍内科]
 当科で多い疾患は、胃がん、食道がん、肺がん、膵がん等になりますが治療方法により集計としては、後腹膜疾患が多くなっています。食道がんでは、シスプラチン投与が多く行われています。集計にはありませんが、放射線療法のレジメンは、同時併用化学放射線療法(RTOG)のものを採用しており、JCOGのものより1日入院ア短いので平均より短いと思われます。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股 等 199 41.59 27.09 32.16 84.50  
070343xx99x1xx 腰部脊柱管狭窄症 等 脊髄造影 59 2.00 2.93 0.00 71.39  
070343xx01x0xx 腰椎すべり症 等 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(前方 後方椎体固定術) 47 24.19 21.70 6.38 72.36  
- - - - - - -  
- - - - - - -  
[整形外科]
 件数の多い疾患から、股関節大腿近位骨折、脊柱管狭窄、膝関節症、肘関節周辺の骨折・脱臼、股関節骨頭壊死・股関節症等になります。股関節大腿骨近位骨折は、早期回復を目的としたリハビリを行う医療機関と連携をとってるため転院率が多くなっています。当院もリハビリ中心とした回復期病床があるため在院日数が長い傾向となっています。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用パス
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 眼瞼下垂手術 45 3.44 3.29 0.00 65.62  
070010xx010x0x 骨軟部腫瘍 等 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術等 17 5.47 5.80 0.00 46.24  
160200xx0200xx 鼻骨骨折 鼻骨骨折整復固定術等 17 3.35 5.60 0.00 19.12  
- - - - - - -  
- - - - - - -  
[形成外科]
 手術の種類等により細分化されていますが、形成外科全体の件数としては増加傾向にあります。眼瞼下垂とは上まぶたが下がり視野が狭くなることで、生活面に支障を来たすようになります。高齢の方だけでなく、30代後半の方も見受けられます。軟部腫瘍は、平均在院日数が5.4日ですが、部位により入院期間が異なります。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用パス
160100xx97x00x 外傷性慢性硬膜下血腫 等 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 等 37 13.08 9.68 8.11 80.24  
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内) エダラボン 発症前Rankin Scale 0、1または2 26 21.92 16.38 15.38 74.58  
010030xx9910xx 脳動脈瘤 脳血管造影 21 2.57 3.14 0.00 57.95  
- - - - - - -  
- - - - - - -  
[脳神経外科]
 昨年同様、高齢外傷に伴う手術が多く確認されます。多くが、ご自宅、外出先での転倒によるものです。当科で、多い疾患として脳梗塞、頭蓋・頭蓋内損傷、脳出血、未破裂脳動脈瘤の順となっていますが、脳梗塞は意識障害、脳梗塞の重症度により細分化されています。急性脳梗塞はSCUにて管理を行っています。また脳卒中の患者さんは回復リハビリを行う近隣医療機関と連携しているため転院率が高くなっています。3番目は脳動脈瘤の検査目的による入院になります。
呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用パス
040040xx97x0xx 肺がん 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 58 13.05 12.35 1.72 67.64  
090010xx01x0xx 乳がん 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの)等 24 11.29 11.45 0.00 59.00  
090010xx03x0xx 乳がん 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 22 8.45 6.37 0.00 58.68  
- - - - - - -  
- - - - - - -  
[呼吸器外科]
 当科は呼吸器疾患、乳腺疾患、甲状腺疾患の外科的治療を担当しています。胸腔鏡下肺悪性手術は、原発性肺がん、転移性肺腫瘍が対象となります。それぞれの疾患に対して呼吸器外科専門医、乳腺専門医、甲状腺外科専門医が治療を行っています。他に自然気胸、縦隔腫瘍、感染症等 外科的治療が対象となります。また肺がんの術後補助化学療法、再発時の化学療法、乳がんの術前術後化学療法、再発時の化学療法も当科で施行しています。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用パス
080006xx01x0xx 皮膚がん 皮膚悪性腫瘍切除術 等 18 10.44 8.50 5.56 81.50  
080011xx99xxxx 蜂巣炎 等 16 19.38 11.73 0.00 62.00  
080011xx970xxx 蜂巣炎 等 皮膚切開術等 - - 17.95 - -  
- - - - - - -  
- - - - - - -  
[皮膚科]
 年間では蜂巣炎がもっとも多い疾患となっています。皮膚切開が適応となるものとならないものと細分化されています。皮膚がんの件数も微増しています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用パス
110070xx0200xx 膀胱がん 膀胱悪性腫瘍手術  53 6.34 7.31 0.00 73.85  
11012xxx020x0x 尿管結石 等 経尿道的尿路結石除去術 等 41 4.66 5.75 0.00 63.07  
110070xx99x20x 膀胱がん 化学療法 22 13.27 11.31 0.00 69.36  
- - - - - - -  
- - - - - - -  
[泌尿器科]
 H29年度は例年と同様に膀胱がんが多くなっております。膀胱がんは膀胱内再発を認めることが多く、一人の患者さんに複数回経尿道的手術をすることがあります。これにより症例数がほかの泌尿器科がんにくらべて多くなる傾向があります。H30年度は体外衝撃波結石破砕術の再開により尿路結石症例の増加が予想されます。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用パス
120180xx01xxxx 既往帝切後妊娠 等 子宮全摘術等 108 9.20 9.75 0.00 34.22  
120060xx01xxxx 子宮筋腫 子宮全摘術等 59 9.54 9.91 0.00 44.93  
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 55 21.09 20.41 12.73 31.60  
- - - - - - -  
- - - - - - -  

[産婦人科]
 昨年同様、子宮頸がん、体がんが多いですが、治療は手術等で細分化されるためまとまった集計として出ていません。帝王切開を必要とする入院も多くなっています。

 
救命救急センター
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用パス
161070xxxxx00x 薬物中毒(その他の中毒) 43 2.65 3.58 4.65 49.30  
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 39 8.69 12.34 7.69 77.51  
160400xx99x0xx 肋骨骨折 等 26 7.00 8.86 3.85 74.77  
- - - - - - -  
- - - - - - -  

[救命救急センター]
 救急疾患に対応していますが、どの診療科にも属さない症例件数が当科の上位となっています。薬物中毒のうち半数は蜂等に刺されアナフィラキシー(体内に入った蜂毒を除去しようとする防御反応)や、アナフィラキショック(血圧が下がりショック状態)を伴って来院された患者さんです。翌日には改善され自宅に戻られています。感染症については時間外に受診された患者さんが主となっています。

3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

ファイルをダウンロード(TSVファイル:1KB)
 
  初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 40 14 - 36 - 27 1 7
大腸癌 11 16 43 36 - 12 1 7
乳癌 44 23 - - - - 1 7
肺癌 31 13 23 67 - 89 1 7
肝癌 12 10 - - - 27 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
 「初発」とは当院において腫瘍の診断、あるいは初回治療を実施した場合を指します。「再発」とは当院他施設を問わずに初回治療が完了した後、当院を受信した場合やがん寛解後に局所再発・再燃または新たな遠隔転移をきたした場合を指します。入院を繰り返された場合もそれぞれ件数にカウントされます。

4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等

ファイルをダウンロード(TSVファイル:1KB)
 
  患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 23 11.30 55.30
中等症 131 20.34 79.04
重症 46 20.28 84.65
超重症 - - -
不明 - - -
[定義]
 A-DROPスコア(A:Age=年齢、 D:Dehydration=脱水、R:Respiration=呼吸、O:Orientation=見当識、P:Pressure=血圧)

[解説]
 軽症は、若い方でも独居であり高熱で体動困難、経口摂取不良等が含まれます。
中等症、重症は、70歳以上の方が多く、慢性の基礎疾患があるなど、肺炎の治療だけではないため在院日数も長くなる傾向にあります。

5. 脳梗塞の患者数等

ファイルをダウンロード(TSVファイル:1KB)
 
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 256 25.70 78.14 24.38
その他 27 22.74 78.63 3.89
 発症日から 「その他」とは、脳梗塞の発症後、4日以降に来院された患者さんになります。ご家族が患者さんの異変に気付いたり、ご自身が不調を訴えて脳梗塞が見つかるという場合が多いようです。昨年度より平均年齢が高くなっています。
 

6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)

ファイルをダウンロード(TSVファイル:4KB)
 
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前
日数
平均
術後
日数
転院率 平均
年齢
患者用パス
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみのもの) 54 1.257 5.72 0.00 75.72  
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 23 1.09 9.83 8.70 80.00  
K654 内視鏡的消化管止血術 19 1.16 6.37 0.00 67.42  
- - - - - - -  
- - - - - - -  
[消化器内科]
 内視鏡的乳頭切開術や内視鏡的胆道ステント術は総胆管結石や胆道腫瘍で黄疸や胆管炎を生じた場合によく行われる処置です。静脈麻酔下に眠った状態で実施します。胃潰瘍などによる吐血症例もしばしばあるため、緊急性の高いケースでは内視鏡的止血術を適宜施行しています。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前
日数
平均
術後
日数
転院率 平均
年齢
患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 74 3.66 3.38 1.35 71.03  
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 43 3.77 9.72 2.33 80.91  
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 41 0.00 16.76 7.32 66.83  
- - - - - - -  
- - - - - - -  
[循環器内科]
 経皮的冠動脈ステント留置術、あるいは経皮的冠動脈形成術(その他)は、狭心症、虚血性心疾患に伴う心不全、陳旧性心筋梗塞、無症候性心筋虚血等に対して待機的に施行しています。経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞)(不安定狭心症)は、急性冠症候群の病態に対して緊急、あるいは待機的に施行しているものです。心筋逸脱酵素上昇を認めるものは急性心筋梗塞、認めないものは不安定狭心症と定義されます。ペースメーカー移植術は、房室ブロック、洞不全症候群、除脈性心房細動等に対して施行しています。診療圏として木曽地域をカバーしているため手術件数が増加しています。
消化器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前
日数
平均
術後
日数
転院率 平均
年齢
患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 114 0.43 1.42 0.00 63.18  
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 54 1.72 4.48 1.85 62.59  
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除または悪性腫瘍手術) 34 8.29 29.56 8.82 75.65  
- - - - - - -  
- - - - - - -  
[消化器外科]
 鼠径ヘルニア手術は1泊2日の短期入院で対応し、術後経過も良好です。胆嚢炎(結石を含む)等の良性疾患の手術件数が上位ですが、結腸がんに対する手術も多くなっています。
腫瘍内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前
日数
平均
術後
日数
転院率 平均
年齢
患者用パス
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法 28 1.46 3.57 0.00 65.11  
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 - - - - -  
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈、静脈又は腹腔内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合) - - - - -  
- - - - - - -  
- - - - - - -  
[腫瘍内科]
 胸水・腹水濾過濃縮再静注法は、溜まった腹水(または胸水)のなかの栄養成分を体内に戻す治療法です。件数は増加傾向にあります。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前
日数
平均
術後
日数
転院率 平均
年齢
患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨、上腕、大腿) 202 3.55 33.14 25.25 80.86  
K0821 人工関節置換術(肩、股、膝) 72 1.68 34.31 1.39 73.17  
K0462 骨折観血的手術(前腕、下腿、手舟状骨) 63 2.76 20.43 6.35 58.10  
- - - - - - -  
- - - - - - -  
[整形外科]
 年間手術総数1,100件を超え、最も多いのは大腿骨近位部骨折の200件強です。うち80代は半数、90代は1/4に上がります。高齢化社会の一端を垣間みるようです。次には脊椎手術約200件、うち3/4は腰椎の手術であり平均年齢は60代半ばとなります。三番目には下肢の人工関節を約90件こなしております。平均年齢は70代半ばとなります。表の数字は包括医療という制度から抽出したものにて実際とはやや異なる集計結果が出ております。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前
日数
平均
術後
日数
転院率 平均
年齢
患者用パス
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) 40 0.35 2.25 0.00 64.95  
K333 鼻骨骨折整復固定術 16 1.00 1.00 0.00 19.00  
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm以上4cm未満) 15 1.00 1.87 0.00 9.40  
- - - - - - -  
- - - - - - -  
[形成外科]
 眼瞼下垂症では、眼瞼下垂症手術(眼瞼拳筋前転法)と眼瞼下垂症手術(その他のもの)があるため診断群分類別の件数とは変わってきます。軟部腫瘍についても、摘出する大きさにより分かれているため病名との件数が異なります。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前
日数
平均
術後
日数
転院率 平均
年齢
患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 45 0.47 11.78 11.11 78.84  
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 20 0.85 22.25 20.00 65.85  
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) 19 3.68 35.63 5.26 63.05  
- - - - - - -  
- - - - - - -  
[脳神経外科]
 外傷に伴う硬膜下血腫は高齢者の多い当地で多く確認され、手術もされています。動脈瘤に対する処置は、開頭クリッピングと血管内手術のうち、適切な手段を選択しています。開頭クリッピングが多いですが、コイリング(血管内手術)も増加しています。
呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前
日数
平均
術後
日数
転院率 平均
年齢
患者用パス
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除) 30 1.63 8.90 0.00 65.73  
K4762 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術 (腋窩部郭清を伴わない) 24 1.08 6.46 0.00 58.04  
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除または1肺葉を超える) 18 1.17 9.83 0.00 70.44  
- - - - - - -  
- - - - - - -  
[呼吸器外科]
 当科は呼吸器疾患、乳腺疾患、甲状腺疾患の外科的治療を担当しています。胸腔鏡下肺悪性手術は、原発性肺癌、転移性肺腫瘍が対象となります。それぞれの疾患に対して呼吸器外科専門医、乳腺専門医、甲状腺外科専門医が治療を行っています。他に自然気胸、縦隔腫瘍、感染症等 外科的治療が対象となります。また肺がんの術後補助化学療法、再発時の化学療法、乳がんの術前術後化学療法、再発時の化学療法も当科で施行しています。
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前
日数
平均
術後
日数
転院率 平均
年齢
患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 14 0.07 5.29 0.00 82.14  
K034 腱切離・切除術(関節鏡下によるものを含む) - - - - -  
K0842 四肢切断術(上腕、前腕、手、大腿、下腿、足) - - - - -  
- - - - - - -  
- - - - - - -  
[皮膚科]
 皮膚悪性腫瘍切除術は、広汎切除と単純切除があります。広汎切除はがんを取り除くだけではなく、がんの周辺にあるリンパ節を切除します。皮膚悪性腫瘍切除術のうち、6割は患者さん自身から採取した皮膚を植える全層植皮術等を行っています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前
日数
平均
術後
日数
転院率 平均
年齢
患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 54 1.35 3.98 0.00 73.54  
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 42 1.00 2.74 0.00 62.98  
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術 16 0.00 1.00 0.00 63.81  
- - - - - - -  
- - - - - - -  
[泌尿器科]
 H29年度は施設認定の関係で体外衝撃波結石破砕術が中止となりました。それにより尿路結石レーザー治療の件数が多くなっております。H30年度からは体外衝撃波結石破砕術が再開されましたので、今後は件数の増加が予想されます。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前
日数
平均
術後
日数
転院率 平均
年齢
患者用パス
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 110 5.75 7.07 0.00 34.05  
K877 子宮全摘術 91 1.38 8.04 0.00 49.59  
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 73 3.11 7.00 1.37 32.01  
- - - - - - -  
- - - - - - -  
[産婦人科]
 昨年度より帝王切開(選択帝王切開)の件数が増加しています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前
日数
平均
術後
日数
転院率 平均
年齢
患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 262 0.39 1.01 0.00 76.23  
K224 翼状片手術(弁の移植を要する) - - - - -  
K2231 結膜嚢形成手術(部分形成) - - - - -  
- - - - - - -  
- - - - - - -  
[眼科]
 水晶体再建術は、白内障(目の中の水晶体が濁ってくる病気)に対して行う手術です。近隣医療機関などからの紹介もあり、年々増加傾向です。両目を手術するため短期間で退院されるよう、片眼を手術し、後日もう一方を手術するよう対応しています。

7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

ファイルをダウンロード(TSVファイル:1KB)
 
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 23 0.28
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 29 0.35
異なる - -
 敗血症は、肺炎や腎盂腎炎など感染症を起こしている場所から血液中に細菌が入り、重篤な全身症状を引き起こす病気です。敗血症の「入院契機」:同一とは、敗血症の治療目的で入院し、入院中も主として敗血症の治療をしていることを言います。手術・処置等の合併症の多くは、術後の関節脱臼、術後の出血や薬剤に対するアレルギー等です。手術した部位または挿入器具による感染も含まれています。
ページの先頭へ
ページ早見表