平成28年度 病院指標

病院情報の公表 集計項目

1.年齢階級別退院患者数

年齢階級別退院患者数  ファイルをダウンロード(1KB)
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 834 217 261 492 533 657 1302 1775 1689 516
[定義]
・年齢を10歳刻みで設定
・90歳以上は90~で設定
・平成28年4月1日から平成29年3月31日までの退院患者さんを集計
・医療保険を使用している患者さんを集計
・在院日数:入院日~退院日
・年齢:入院時の年齢

[解説]
H27年度より、出生後に入院する新生児が増えています。関連して、20代~40代は出産(保険対応)に関連する入院が多くなっています。60代から幅広い疾患で件数が増加し、70代が最も多くなっています。

2.診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

◆内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 34 23.71 21.25 23.53 80.76  
110310xx99xx0x 腎臓または尿路感染症 20 13.85 12.43 0.00 75.80  
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 15 12.87 12.84 26.67 76.80  
0400801499x002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上)A-DROPスコア2 14 18.50 15.29 7.14 87.50  
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く)(末梢循環不全なし)・インスリン製剤あり・85歳未満 - - 14.61 - -  
[定義]
件数が10件未満の場合はハイフン(-)で表示

[解説]
前年度と同様、当科で一番多い疾患は肺炎です。肺炎のなかでも75歳以上の患者さんが多くなっています。嚥下に困難な患者さんで嚥下機能障害のため唾液や食べ物、あるいは胃液などと一緒に細菌を気道に誤って吸引することにより発症する肺炎は誤嚥性肺炎となります。肺炎とは別のDPCコードとして集計されます。
 
◆神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満)・エダラボンあり・発症前Rankin Scale0、1または2 45 24.95 16.54 13.33 72.53  
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 25 40.28 19.35 24.00 75.40  
010060x2990411 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満)・エダラボンあり・副傷病あり・発症前Rankin Scale 0、1または2 19 24.95 18.76 26.32 82.00  
010080xx99x00x 脳脊髄の感染を伴う炎症 17 16.41 9.36 0.00 37.29  
010070xx9910xx 脳血管障害 12 3.50 3.25 0.00 68.25  
脳梗塞は手術、処置実施の有無のほか、脳卒中発症時期・意識障害(JCS)、重症度の指標としてmodified Rankin ScaleがDPCコードに反映されたため、前年度と件数が変わっていますが当科で一番多い疾患は脳梗塞です。1、3位は、脳梗塞を発症してから24時間以内にエダラボンを投与しています。3位は、脳梗塞の他に心臓の疾患(副傷病)があります。2位は重症ではない脳出血です。4位は、脊髄炎、髄膜炎、脳症、脳炎です。5位は、脳血管の狭窄等で、アンギオ(血管造影法)を施行しています。脳卒中の患者さんは、連携している近隣医療機関に転院される方が多いですが、2016年7月から回復期リハビリテーション病棟を開設し、早期退院が見込まれる患者さんに、集中的リハビリを行っていただくため在院日数が平均より長くなっています。

◆呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用パス
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 化学療法あり 79 5.49 12.35 0.00 74.24  
0400801499x002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) A-DROPスコア2 45 18.56 15.29 4.44 83.51  
040040xx9908xx 肺の悪性腫瘍 化学療法(アリムタ)あり 26 5.88 12.01 0.00 61.50  
0400801499x003 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) A-DROPスコア3 22 17.64 17.43 4.55 83.55  
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 21 26.43 21.25 4.76 84.67  
当科の入院患者の疾患名は順に肺炎、肺がん(化学療法緩和ケア)、気管支喘息、間質性肺炎となっています。肺炎の中には基礎疾患として慢性閉塞性肺疾患、非結核性肺抗酸菌、慢性気管支拡張症等の慢性呼吸器疾患で当科通院中の患者が含まれています。
 
◆消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 53 8.32 11.06 1.89 77.92  
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 22 6.73 9.02 0.00 77.68  
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む) その他の手術あり 20 7.00 11.74 0.00 78.20  
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 19 6.42 7.89 0.00 67.21  
060050xx99x00x 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む) 14 8.86 10.33 0.00 68.43  
当科で多い疾患は胆管結石、胆管炎、次いで肝・肝内胆管の悪性腫瘍です。3位の肝・肝内胆管の悪性腫瘍は手術を行っています。5位は同じ疾患ですが、手術適応とならなかったものです。
 
◆循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性疾患 心臓カテーテルあり 114 3.44 3.06 1.75 70.56  
050130xx99000x 心不全 100 20.84 17.95 13.00 84.44  
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 心臓カテーテルあり 68 4.63 4.71 0.00 71.21  
050030xx97000x 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む)、再発性心筋梗塞 その他の手術あり 心臓カテーテルあり 51 14.41 13.02 0.00 69.67  
050210xx97000x 徐脈性不正脈 手術あり 心臓カテーテルあり 34 14.41 11.38 2.94 78.79  
1、3、4位は、虚血性心疾患関連です。1位は検査目的です。3位は血管内治療(カテーテル手術)をしています。2位は心不全入院で、一般入院としては最も多い病態です。高齢の患者が多く、退院調整にも難渋することがあるため、平均在院日数が長くなり、転院率も高くなっています。5位はペースメーカ移植術、あるいは電池交換を施行している患者さんです。診療圏として木曽地区をカバーし始めたため、手術件数は平成27年度より増加しています。
 
◆小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用パス
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 107 4.10 6.18 1.87 0.00  
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症 102 5.94 6.02 0.00 2.20  
030270xxxxxxxx 上気道炎 57 4.40 4.83 0.00 2.12  
140010x299x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 52 13.13 11.55 0.00 0.00  
040100xxxxx00x 喘息 48 5.85 6.42 0.00 4.08  
上伊那地域では小児医療の集約化が進んでいて、当科が基幹施設であるために新生児疾患や気道感染症の入院の割合が多くなっていますが、少子化の影響で減少傾向にあります。小児救急には救命救急センターと連携して常時対応しています。最近は気管支喘息や集計には含まれませんが食物アレルギーのお子さんの入院が多くなりました。院内学級が併設していることもあり、思春期医療の対象になるお子さんの入院もみられます。
 
◆消化器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用パス
060150xx03xxxx 虫垂炎 ・虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 37 5.11 5.60 0.00 36.73  
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む)の悪性腫瘍 ・結腸切除術 全切除、亜全切除または悪性腫瘍手術等 30 19.47 15.92 3.33 74.80  
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 26 8.00 9.08 15.38 73.62  
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) ・腹腔鏡下胆嚢摘出術等 25 7.00 6.82 0.00 64.16  
060340xx99x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 25 5.12 9.93 0.00 76.96  
当科で件数の多い疾患は、鼠径ヘルニア、イレウス(腸閉塞)、虫垂炎、胃の悪性腫瘍、結腸の悪性腫瘍等になります。胃がんの患者さんが多い傾向にありますが、胃の悪性腫瘍も手術適応と化学療法治療等分かれた集計となっています。悪性腫瘍だけでなく、虫垂炎等良性の疾患も多く対応しています。
2016年3月から消化器外科を標榜しております。
 
◆腫瘍内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用パス
060010xx99x40x 食道の悪性腫瘍(頸部を含む) 化学療法あり 18 6.83 9.82 0.00 68.67  
06007xxx9907xx 膵臓、脾臓の腫瘍 化学療法(オキサリプラチン、イリノテカン、レボホリナート、5-FU)あり 14 3.71 6.34 0.00 66.00  
060010xx99x30 食道の悪性腫瘍(頸部を含む) 化学療法・放射線療法あり - - 20.92 - -  
060040xx99x70x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 化学療法(アービタックス、スチバーガー) - - 4.98 - -  
06007xxx97x00x 膵臓、脾臓の腫瘍 その他の手術あり - - 14.75 - -  
[定義]
件数が10件未満の場合はハイフン(-)で表示

[解説]
食道がんの薬物療法のうち、シスプラチン投与が多く行われます。経口摂取が不十分な方が多く、入院して充分な補液を行いながらの治療になりますので、入院症例数が多いと思われます。根治目的の化学放射線療法のレジメンはRTOGのものを採用しており、JCOGのものより1日入院が短いので、平均より短いと思われます。
 
◆整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 227 35.29 27.63 45.81 83.70  
070230xx01xxxx 股関節症(変形性を含む) 人工関節細置換術等 52 36.38 26.26 0.00 79.52  
070343xx97x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む)腰部骨盤、不安定椎 その他の手術あり 49 18.65 17.99 0.00 72.12  
070343xx01x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む)腰部骨盤、不安定椎、脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む) 前方椎体固定術等 43 22.40 22.55 2.33 71.95  
070343xx99x1xx 脊椎管狭窄(脊椎症を含む)腰部骨盤、不安定椎 脊髄造影あり 41 2.12 3.07 0.00 71.80  
当院整形外科では、年間手術総数1,000件を超え、うち6割強は外傷の手術となっております。手術内訳として最も多いのは、大腿骨近位部骨折の200件強です。うち80歳代は半数、90歳代は1/4に上ります。高齢化社会の一端を垣間見るようです。次に脊椎手術の約200件が続き、その3/4は腰椎の手術であり、平均年齢は60歳代半ばとなります。三番目には下肢の人工関節(股関節と膝)を約90件こなしており、平均年齢は70歳代半ばとなります。股関節大腿骨近位骨折は、早期回復を目的としたリハビリを中心とした近隣医療機関と連携を取っていますので、転院率が多くなっています。
 
◆形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用パス
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 55 3.05 3.44 0.00 55.58  
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。)鼻骨骨折整復固定術等 22 4.00 5.80 0.00 18.55  
070010xx010x0x 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術等 15 5.20 5.94 0.00 55.80  
080011xx99xxxx 急性膿皮症 - - 11.97 - -  
090010xx05xxxx 乳房の悪性腫瘍 組織拡張器による再建手術(一連につき) 乳房(再建手術)の場合等 - - 7.91 - -  
[定義]
件数が10件未満の場合はハイフン(-)で表示

[解説]
形成外科の手術は多岐にわたるため、手術内容毎の実施件数は少なくなる傾向にあります。伊那中央病院 形成外科・美容外科では、年間400件程度の手術治療、1,400件程度のレーザー治療を行っています。各種美容手術やレーザー治療にも対応しています。
 
◆脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用パス
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 38 12.39 9.87 0.00 81.71  
010030xx01x00x 未破裂脳動脈瘤 脳動脈瘤頸部クリッピング等 26 12.42 15.99 0.00 66.81  
010030xx9910xx 未破裂脳動脈瘤 アンギオあり 26 2.38 3.20 0.00 62.27  
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 25 25.16 19.35 56.00 72.92  
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) エダラボンあり、発症前Rankin Scale 0、1または2 19 12.26 16.54 0.00 70.89  
SCUにて急性脳梗塞の管理を行っています。多い疾患として、脳梗塞、未破裂脳動脈、非外傷性硬膜下血腫、頭蓋・頭蓋内損傷、くも膜下出血、破裂脳動脈瘤等の順となっています。2016年度から脳梗塞は重症度の指標が加わり集計が細分化されました。頭蓋・頭蓋内損傷は高齢外傷で慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術が多く確認できます。未破裂脳動脈瘤は2位が予防手術、3位が検査目的となります。4位非外傷性頭蓋内血腫は脳出血となります。脳卒中の患者さんは、早期回復を中心にリハビリを行う近隣医療機関と連携しているため転院率が高くなっています。
 
◆呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 56 13.21 12.73 1.79 66.95  
100020xx01x0xx 甲状腺の悪性腫瘍 甲状腺悪性腫瘍手術 21 8.76 9.27 0.00 58.67  
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 単純乳房切除術(乳腺全摘術s)等 16 12.69 10.30 0.00 55.13  
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 んひゅうぼう部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 15 9.53 6.59 0.00 65.27  
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術((腋窩部郭清を伴うもの)(内視鏡下によるものを含む))等 14 11.79 11.57 0.00 54.21  
当科は呼吸器疾患、乳腺疾患、甲状腺疾患の外科的治療を担当しています。肺悪性腫瘍手術は、原発性肺がん、転移性肺腫瘍が対象となります。それぞれの疾患に対して呼吸器外科専門医、乳腺専門医、甲状腺外科専門医が治療を行っています。他に自然気胸、縦隔腫瘍、感染症が外科的治療の対象となります。手術、抗がん剤の種類等治療内容により分かれた集計となっています。
 
◆皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用パス
080011xx99xxxx 急性膿皮症 17 9.71 11.97 0.00 64.88  
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 15 7.40 8.78 13.33 80.60  
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 - - 8.96 - -  
080011xx970xxx 急性膿皮症 手術あり - - 18.22 - -  
080050xxxxxxxx 湿疹、皮膚炎群 - - 10.70 - -  
[定義]
件数が10件未満の場合はハイフン(-)で表示

[解説]
蜂巣炎、丹毒、皮膚膿瘍の疾患で入院される方が多くなっています。他には、皮膚悪性腫瘍で入院される患者さんが多く、手術を行っています。
 
◆泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 60 6.05 7.44 0.00 72.58  
110070xx99x20x 膀胱腫瘍 化学療法あり 32 14.47 11.72 0.00 69.06  
11012xxx040x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等(一連につき) 27 2.00 2.82 0.00 56.89  
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 16 4.38 5.83 0.00 55.38  
11001xxx01x0xx 腎腫瘍 腎(尿管)悪性腫瘍手術等 14 10.29 12.52 0.00 59.93  
当科で最も多い疾患は、上部尿路疾患です。上部尿路疾患とは、腎結石、尿路結石です。平成28年度 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術がDPC対象外(短期滞在手術等基本料)となっています。3位は一連の治療過程にあたる期間での施行でありDPC対象となります。また、同じ腎結石、尿路結石でも手術によって別の集計となります。1位は膀胱腫瘍で手術を行っています。2位は膀胱腫瘍は化学療法を行っています。
 
◆産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用パス
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 88 9.35 9.88 0.00 33.02  
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 化学療法あり 72 5.46 5.12 0.00 61.13  
120260xx01xxxx 分娩の異常 子宮破裂手術等 68 9.50 9.77 0.00 32.69  
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 61 22.64 20.79 13.11 30.77  
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 48 9.35 10.05 0.00 46.44  
産婦人科で一番多い疾患は、子宮頸・体部の悪性腫瘍です。そのうち、子宮頸がん 約3割、子宮体がん 約7割で化学療法目的が多くなっています。次に分娩異常、胎児及び胎児付属物の異常、早産・切迫早産、卵巣の良性腫瘍、子宮の良性腫瘍等になっています。
1位は、骨盤位、児頭骨盤不均衡 3割 、既帝切後妊娠 7割となります。3位の分娩異常の多くは、胎児ジストレス(胎児が子宮内において、呼吸ならびに循環機能が障害された状態)です。微弱陣痛も含まれています。5位は子宮筋腫になります。

◆救命救急センター
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用パス
160400xx99x0xx 胸郭・横隔膜損傷 35 6.29 9.25 0.00 71.06  
161070xxxxx00x 薬物中毒(その他の中毒) 35 2.63 3.64 0.00 60.54  
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 33 7.12 12.43 9.09 77.82  
030400xx99xxxx 前庭機能障害 32 3.03 5.24 0.00 69.91  
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 27 5.15 7.52 11.11 43.85  
当科入院で多い疾患は、頭部・胸部外傷、薬物中毒、急性肺炎、尿路感染症です。急性硬膜下血腫、外傷性くも膜下出血、脳挫傷などの頭部外傷で手術適応とならないものが約7割あります。胸部外傷では、ほとんどが肋骨骨折です。薬物中毒は、H27年度より1.5倍増加していますが死亡は0件でした。

3.初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

  初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 33 - - 28 - 19 1 7
大腸癌 20 15 38 25 - 21 1 7
乳癌 31 29 - - - - 1 7
肺癌 24 15 28 80 24 101 1 7
肝癌 14 - - - - 25 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
[定義]
・医療資源を最も投入した傷病名が、「胃がん」「大腸がん」「乳がん」「肺がん」「肝がん」に該当するものを集計
・件数が10件未満の場合はハイフン(-)で表示
・退院患者延べ人数を数えているため、同一患者が入退院を繰り返した場合もそれぞれをカウント

[解説]
当院は地域がん診療拠点病院として積極的にがん治療を行っております。5大がん全体として件数は増加傾向です。周辺の医療機関からの紹介、健診後の結果で来院される方が多くを占めます。乳がんは自身の異常発見(しこり)で来院される方もいらっしゃいます。肝がんはラジオ波やTAE等を行っていますが、外科的治療も積極的に行っています。

4.成人市中肺炎の重症度別患者数等

  患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 31 9.97 53.13
中等症 164 16.51 78.67
重症 58 19.34 84.05
超重症 - - -
不明 - - -
[定義]
件数が10件未満の場合はハイフン(-)で表示
A-DROPスコア(A:Age=年齢、 D:Dehydration=脱水、R:Respiration=呼吸、O:Orientation=見当識、P:Pressure=血圧)

[解説]
軽症は、若い方でも独居であり高熱で体動困難、経口摂取不良等や慢性の基礎疾患がある方が含まれます。
中等症、重症は、70歳以上の方が多く、慢性の基礎疾患があるなど、肺炎の治療だけではないため在院日数も長くなる傾向にあります。

5.脳梗塞ICD10別患者数等

ICD10 傷病名 発症日
から
患者数 平均
在院
日数
平均
年齢
転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 - - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 - - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 223 27.00 76.96 22.36
その他 14 28.43 66.07 1.27
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 24 4.71 70.63 0.00
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> - - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 - - - - -
[定義]
件数が10件未満の場合はハイフン(-)で表示
[解説]
発症日から 「その他」とは、脳梗塞の発症後、4日以降に来院された患者さんになります。ご家族が患者さんの異変に気付いたり、ご自身が不調を訴えて脳梗塞が見つかるという場合が多いようです。平均年齢も若く、ご自宅の生活に戻られています。

6.診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

◆消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前
日数
平均
術後
日数
転院率 平均
年齢
患者用パス
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみのもの) 41 2.07 6.71 2.44 74.78  
K654 内視鏡的消化管止血術 21 0.43 8.10 9.52 71.48  
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 20 1.55 8.00 5.00 75.10  
K6153 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(その他のもの) 20 1.00 5.00 0.00 78.20  
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 18 0.06 6.11 0.00 78.67  
胆のう炎、結石等の手術が多くなっています。1位の内視鏡的乳頭切開術は、限局性腹腔膿瘍手術と1日当たりの入院料が同じ設定となっています。3位の内視鏡的胆道ステント留置術の多くは胆管がん、膵がんに対して施行しています。血管塞栓術は、肝がんに対して施行しています。内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術は胃がんに対して施行しています。

◆循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前
日数
平均
術後
日数
転院率 平均
年齢
患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 84 2.45 3.75 0.00 71.81  
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 33 0.00 14.82 0.00 69.70  
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 32 3.56 13.75 9.38 80.28  
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) 15 0.07 16.67 0.00 73.80  
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 14 1.00 2.86 0.00 73.00  
経皮的冠動脈ステント留置術、あるいは経皮的冠動脈形成術(その他)は、狭心症、虚血性心疾患に伴う心不全、陳旧性心筋梗塞、無症候性心筋虚血等に対して待機的に施行しています。経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞)(不安定狭心症)は、急性冠症候群の病態に対して緊急、あるいは待機的に施行しているものです。心筋逸脱酵素上昇を認めるものは急性心筋梗塞、認めないものは不安定狭心症と定義されます。ペースメーカー移植術は、房室ブロック、洞不全症候群、除脈性心房細動等に対して施行しています。四肢の血管拡張術・血栓除去術は、下肢閉塞性動脈硬化症、透析シャント狭窄等に対して施行し
ています。診療圏として木曽地域をカバーし始めたため、平成27年度より手術件数が増加しています。

◆消化器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前
日数
平均
術後
日数
転院率 平均
年齢
患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 113 0.38 1.30 0.00 62.87  
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 45 1.93 5.73 0.00 65.09  
K7181 虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 27 0.22 3.85 0.00 35.96  
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除または悪性腫瘍手術) 27 8.85 20.74 3.70 74.89  
K6552 胃切除術(悪性腫瘍手術) 22 3.45 16.59 0.00 74.95  
悪性腫瘍手術も多い傾向にありますが、H27年度と同様、鼡径ヘルニア、胆のう、虫垂等の良性疾患の手術の患者さんがより多いことが分かります。いずれも入院日数が少なく、術後の経過も良好です。

◆整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前
日数
平均
術後
日数
転院率 平均
年齢
患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨、上腕、大腿) 215 3.40 28.04 40.00 81.15  
K0821 人工関節置換術(肩、股、膝) 84 1.67 34.08 0.00 76.06  
K0811 人工骨頭挿入術(肩、股) 69 5.04 33.81 39.13 80.61  
K0462 骨折観血的手術(前腕、下腿、手舟状骨) 63 3.32 15.81 7.94 59.92  
K1425 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓切除) 52 1.85 16.48 1.92 72.29  
当院整形外科では、年間手術総数1,000件を超え、うち6割強は外傷の手術となっております。手術内訳として最も多いのは、大腿骨近位部骨折の200件強です。うち80歳代は半数、90歳代は1/4に上ります。高齢化社会の一端を垣間見るようです。次に脊椎手術の約200件が続き、その3/4は腰椎の手術であり、平均年齢は60歳代半ばとなります。三番目には下肢の人工関節(股関節と膝)を約90件こなしており、平均年齢は70歳代半ばとなります。

◆形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前
日数
平均
術後
日数
転院率 平均
年齢
患者用パス
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) 52 0.17 1.96 0.00 52.63  
K333 鼻骨骨折整復固定術 19 1.00 1.11 0.00 14.11  
K0301 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術(肩,上腕,前腕,大腿,下腿,躯幹) 16 1.00 3.13 0.00 55.88  
K418-2 舌繋瘢痕性短縮矯正術 - - - - -  
K0053 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径4cm以上) - - - - -  
[定義]
件数が10件未満の場合はハイフン(-)で表示

[解説]
形成外科の手術は多岐にわたるため、手術内容毎の実施件数は少なくなる傾向にあります。伊那中央病院 形成外科・美容外科では、年間400件程度の手術治療、1,400件程度のレーザー治療を行っています。各種美容手術やレーザー治療にも対応しています。

◆脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前
日数
平均
術後
日数
転院率 平均
年齢
患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 44 0.55 12.68 0.00 81.86  
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 28 0.75 23.43 17.86 70.07  
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) 19 3.63 24.95 5.26 68.79  
K1781 脳血管内手術(1箇所) 15 2.67 24.47 40.00 71.53  
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭)(脳内) 13 0.31 29.54 84.62 77.00  
外傷に伴う慢性硬膜下血腫は高齢者の多い当地で多く確認され、手術もされています。動脈瘤に対する処置は、開頭クリッピングと血管内手術のうち、適切な手段を選択して行っています。クリッピングが多いですが、近年コイリングも増加中です。t-PA後のカテによる塞栓除去も増加しています。

◆呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前
日数
平均
術後
日数
転院率 平均
年齢
患者用パス
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除) 32 1.78 9.09 0.00 67.28  
K4632 甲状腺悪性腫瘍手術(全摘及び亜全摘) 18 1.06 6.17 0.00 57.22  
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 16 1.06 7.44 0.00 64.25  
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 16 1.19 10.81 0.00 56.31  
K4764 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴う)) - - - - -  
[定義]
件数が10件未満の場合はハイフン(-)で表示

[解説]
当科は呼吸器疾患、乳腺疾患、甲状腺疾患の外科的治療を担当しています。肺悪性腫瘍手術は、原発性肺がん、転移性肺腫瘍が対象となります。それぞれの疾患に対して呼吸器外科専門医、乳腺専門医、甲状腺外科専門医が治療を行っています。他に自然気胸、縦隔腫瘍、感染症が外科的治療の対象となります。また、肺がんに対しては術後補助化学療法、再発肺がんに対する化学療法、分子標的薬治療、免疫チェックポイント阻害薬治療を行っており、乳がんに対しては術前、術後の化学療法、内分泌療法を行っています。また、乳がん手術のセンチネルリンパ節生検は色素法とRI法を併用して行います。

◆泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前
日数
平均
術後
日数
転院率 平均
年齢
患者用パス
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術 83 0.00 1.05 0.00 56.43  
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 61 1.23 4.39 0.00 72.85  
K773-2 腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 14 1.50 9.50 0.00 69.14  
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 13 1.00 2.38 0.00 54.54  
K8412 経尿道的前立腺手術(その他) 12 1.00 4.83 0.00 69.83  
体外衝撃波腎・尿管結石破砕術は、ESWLと略されて呼ばれる治療です。当院ではクリニカルパスを適用しており、2日間の入院で行っています。膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)、経尿道的前立腺手術はいずれもTURと呼ばれる治療です。膀胱がん及び前立腺肥大症に対する手術です。これらもクリニカルパスの適用があり、5~7日間の入院で施行しています。

◆産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前
日数
平均
術後
日数
転院率 平均
年齢
患者用パス
K877 子宮全摘術 100 1.43 8.48 0.00 52.64  
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 99 4.20 7.80 0.00 32.42  
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 99 8.97 6.99 0.00 33.25  
K867 子宮頸部(腟部)切除術 38 1.00 2.61 0.00 40.24  
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 38 1.00 4.18 0.00 39.82  
子宮全摘術は、H27年度より件数が増加しています。悪性腫瘍(約6割)に対して行っています。選択的帝王切開は、前置胎盤など自然分娩が不可能な際行います。緊急帝王切開は分娩中に発生した緊急事態に対応するために行います。帝王切開術のうち、ハイリスク管理が必要となる症例は約2割となります。
◆眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前
日数
平均
術後
日数
転院率 平均
年齢
患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 248 0.37 1.05 0.00 75.23  
K2822 水晶体再建術(眼内レンズを挿入しない場合) - - - - -  
K224 翼状片手術(弁の移植を要する) - - - - -  
K225-2 結膜腫瘍摘出術 - - - - -  
K252 角膜・強膜異物除去術 - - - - -  
[定義]
件数が10件未満の場合はハイフン(-)で表示

[解説]
平成28年度7月より医師2名体制が復活し、近隣医療機関などからもご紹介いただき手術件数が平成27年度より増えております。

7.その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 27 0.33
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 33 0.40
異なる - -
[定義]
件数が10件未満の場合はハイフン(-)で表示

[解説]
敗血症は、肺炎や腎盂腎炎など感染症を起こしている場所から血液中に細菌が入り、重篤な全身症状を引き起こす病気です。敗血症の「入院契機」:同一とは、敗血症の治療目的で入院し、入院中も主として敗血症の治療をしていることを言います。
手術・処置等の合併症の多くは、人工透析を行う際に必要なシャント狭窄等に対しての治療(約3割)、手術した部位の感染や術後体内に留置される器具による感染(約3割)です。他には、人工股関節の脱臼(約2割)、術後の出血・薬剤に対するアレルギー(約2割)が含まれています。
ページの先頭へ
ページ早見表