臨床工学室

臨床工学室

 入院するといろんな器械が身の回りについてきます。心臓の様子を観察したり、点滴を正確に入れたり、酸素を吸ったり、時には人工的に肺や心臓そして腎臓の代わりをする特殊な装置などたくさんの線やチューブがついてきます。
 臨床工学室では臨床工学技士がこれらの医療機器の操作を担当し、治療に参加しています。また患者さんが安全に使用していただけるよう、定期的な保守点検と管理を行なっています。特に人工呼吸器については病室訪問による点検を行い、安心して使用して頂けるよう支援しています。
高い気圧の下で酸素を吸入し血液中の酸素を増やす高気圧酸素治療では、脳梗塞、網膜動脈閉塞症、突発性難聴などの治療に多く利用され、この装置の操作も担当しています。
 日夜医療機器が万全に動作するように厳しくチェックしていますので入院された場合でも安心して療養ください。

臨床工学技士が医療器械を
毎日チェックしています
高圧酸素治療装置
医療器械チェック 高圧酸素治療装置
ページの先頭へ
ページ早見表