臨床栄養科
臨床栄養科では、入院患者さんへの食事提供や栄養管理、栄養相談、NST(栄養サポートチーム)活動など、患者さんの『食』という面から医療に関わっています。

給食


お花見メニュー

出産祝い膳

入院中できるだけ食事を楽しんで頂きたい、という想いから、選択メニュー(朝食は毎日、昼食は月曜から金曜までの平日実施)や、出産後の祝い膳、季節にあった行事食を取り入れた食事の提供を行っています。

 また、患者さん一人一人のニーズに応えられるよう病室訪問を行い、食べられるもの・食べやすいものを提供できるように努めています。

調理

適温配膳車
適温配膳車
厨房内は、下処理室・調理室・盛付室・洗浄室に分かれており、作業工程の衛生管理等、HACCPの概念を取り入れた自主衛生管理を徹底し、毎朝4時45分から21時30分まで作業を行っています。
食事は適温で召し上がっていただけるよう、適温配膳車を利用し、厨房のスタッフが病室まで配膳しています。

配膳開始時間(配膳には20分から30分かかります)
朝食 午前7時25分から
昼食 正午から
夕食 午後6時から

栄養管理

栄養相談
栄養相談室
入院・外来の患者さんを対象に、医師の指示による適切な食事療法が行えるよう、管理栄養士が栄養食事指導を行っています。予約制ですので、ご希望の患者さんは主治医へご相談ください。

栄養相談のページはこちら

チーム医療

NST回診
NST回診
最近、医療の中で栄養管理が重要視されています。病気に打ち勝つために十分な栄養を摂取することや、病気を改善させるために適切な栄養管理が必要です。当院では、医師、看護師、管理栄養士、臨床検査技師、薬剤師、言語聴覚士、理学療法士、作業療法士、社会福祉士など多職種が集まり、個々の患者さんにあった栄養管理ができるよう、ミーティングや回診を行っています。

嗜好調査

毎年「食事についてのアンケート」を実施しています。
 

調査結果はこちら

ページの先頭へ
ページ早見表