薬剤科

理念・基本方針

薬剤科理念

医療チームの一員として、患者中心の医療を念頭に置き、医薬品の適正使用に積極的に貢献します
 

薬剤科基本方針

  1. 医薬品の適正使用を推進します。
  2. 24時間救急医療に対応し、24時間体制で調剤を行います。
  3. 薬剤管理指導を通じて、安心と安全を提供します。
  4. 無菌的な注射薬調剤を365日体制で行います。
  5. 迅速かつ確実な医薬品情報の提供を行います。
  6. 自己研鑽に励み、技術・知識の向上に努めます。
  7. 健全な経営に努め、職員がやりがいのもてる職場を作ります。

業務紹介

調剤室

調剤室では、主に内服薬や外用薬などの調剤を行っています。正確・安全な調剤・医薬品の適正使用に貢献できるよう業務をしています。
また、入院患者さんのお薬を1回服用分ごとにトレーにセットすることも行っています。
また、当院のお薬だけでなく患者さんが持参されたお薬について、お薬に書かれている記号や番号から鑑別したり、持参していただいた「薬剤情報提供書」や「お薬手帳」「お薬の袋」などから、量や使い方を確認する「お薬の鑑別」を行っています。それをもとに当院で新たに処方されたお薬と、量や使い方が適切であるか、組み合わせ(相互作用)に問題ないか、重複していないかなどを確認しています。
他の医療機関で処方されているお薬との重複や相互作用を確認するために、受診する際にはお薬に関する情報(薬剤情報提供書・お薬手帳・お薬など)を必ずお持ちくださいますようお願いします。


   
医師の処方せんに基づき、主に入院患者さんのお薬を調剤しています。   散剤を量るときは散剤鑑査システムを使用して量り間違いを防いでいます。   間違いがないよう慎重に見直しをします。
 

病棟業務

伊那中央病院の病棟業務の目指すところは以下のとおりです。

① 薬を通して患者さんの健康に貢献します

  ●薬の適正使用へ貢献を行います
     ・ 用法用量チェック
     ・ 相互作用チェック
     ・ 重複投与チェック
     ・ 副作用早期発見
     ・ 代謝排泄機能の確認
     ・ 薬物体内動態の評価 等
  ●患者さんへの直接指導による貢献を行います
    ・ 自己管理の推進
    ・ 服薬の意義の理解・機器の手技マスターサポート
    ・ 家族への指導
    ・ 副作用の早期発見のポイントと指導

② 患者さん、家族、医療スタッフとの良い人間関係を作ります
    ・ 病棟業務は患者さんを中心としたチーム医療です。
      患者さん家族との良い人間関係を作る事、
      医療スタッフとのコミュニケーション強化による
      情報共有が、患者さんの命と健康に貢献するために
      重要です。
③ 医療のレベルアップに貢献する
    ・ プレアボイドの推進(報告と事例の共有化)
    
④ 新人・学生の教育プログラムの充実
    ・ 2.5ヶ月学生実習への対応と新人教育への対応を充実。


   
入院患者さんのお薬のセットは薬剤師が行い、その後各病室へ薬剤師が配薬します。   入院患者さん一週間分のお薬を個別にセットします。   患者さん一人一人にあわせたお薬説明をベッドサイドで行っています。
 

注射調剤室

薬剤科の注射調剤室では、注射剤の計数調剤(1施用ごと注射剤の取り揃えを行う業務)や計量調剤(点滴ボトルなどにビタミン剤・抗生剤などの注射剤を混合調製する業務)などを行っています。
注射剤の計量調剤は、土日を含め365日体制とし、全病棟を対象に50mL以上の点滴ボトルを無菌調製しています。当院では、1日の定時注射処方オーダーを、投与開始時間により「早朝」「朝」「昼」「夕・深夜」「時間指定なし」の5つの投与か時間帯に分け、それぞれにオーダー締め切り時間を設定することにより、施用当日のオーダー変更にも対応可能なシステムとしています。
薬剤科において注射剤の計量調剤を行うことによって、無菌的な調製による安全性の向上や、病棟の看護師の負担が減ったことによる看護師業務の質的向上の大幅な改善につながりました。有効かつ安全で信頼のある注射剤を供給することにより、患者さんのQOLの向上に貢献できるよう、日々自己研鑽に努めています。
※QOL:Quality of life(クオリティ オブ ライフ)「生活の質」


   

 

 

   
注射処方せんに従って注射薬の取り揃えを
行っています。
  全病棟を対象に1日3回無菌調製しています。    

がん化学療法

がんと向き合う患者さんの薬物治療に関わる様々な問題解決のため、診療部門への情報提供、また、患者さんのQOLの改善を目的とした医薬品の情報提供、処方設計など幅広い業務に取り組んでいます。
外来通院治療室に薬剤師2名を配置し、注射剤の調製を行うとともに、患者さんへの薬物治療に関わる情報提供を行ったり、副作用のモニタリングや、患者さんからの様々な質問に対応しています。



   
化学療法の処方監査、薬歴チェックなどを行い、間違いの無いミキシングをするための事前準備をします。   薬剤科の安全キャビネット内でミキシングを行い、外来通院治療室へ届けます。   治療は外来通院治療室にて行います。
 

製剤室

治療に有効と言われているお薬の中には、様々な理由により市販されていないお薬があります。また、市販されているお薬の形のままでは医師や患者さんの希望する治療ができないことがあります。そのような場合、医師から依頼を受け製剤室にて特別にお薬の調製を行っています。また、病院内の環境を整備するための消毒剤の調製も行っています。
皆様の目に触れることの少ない縁の下の力持ち的な仕事ですが、とても重要な仕事のひとつです。
 

薬品管理

薬品管理

医療の中で薬物療法の占める比率は高く、医薬品の管理は大変重要なものとなります。薬品管理室では院内で使用される医薬品の購入管理、在庫管理、供給管理、品質管理、期限管理を行っています。品切れがないよう、また無駄な在庫を置かないように経済的管理を考慮しています。



DI(医薬品情報)

医薬品情報室は、薬に関しての情報を取り扱う部署です。薬が安全かつ有効、適正に使用されるためにも、薬の情報は大変重要です。
薬には物理化学的性質、薬理・毒性、製剤などの基礎的事項と適応症、投与方法、投与量、体内動態、相互作用、副作用など臨床的事項といった様々な情報があります。
医薬品情報室ではこれらの情報を収集、整理して、医師・看護師・薬剤師・その他の医療従事者あるいは患者さんに医薬品情報を提供したり、各種問い合わせに答えたりしています。毎月1回DIニュース(医薬品情報)を発行し、緊急性のある情報は適宜情報提供を行っています。また、薬事委員会の事務局として薬事委員会の運営、薬の新規採用審査の資料作成も行っています。



治 験

新薬が世の中に誕生するまでの一部の期間をお手伝いしています。2017年4月現在、10の治験を実施しています。治験コーディネーターより説明を受け、その薬品に必要な相互作用のチェックや、在庫管理が主たる仕事になっています。
治験のページへリンク

院外処方箋について

処方せんをもらったら

処方せんは発行日を含め4日間です。有効期限の切れた処方せんは無効となりますのでご注意ください。
また、処方せんは紛失しないようお願いします。お薬代は薬局へお支払ください。
 

かかりつけ薬局を選ぶ

保険調剤薬局はご自由に選べます。
どこの薬局にするか迷われたら、ホールのカウンター端のFAXコーナーの係員にご相談ください。
また、薬を受け取る薬局にあらかじめ処方内容をFAX送信しておくこともできます。(無料)
いつも気軽に相談できるかかりつけ薬局を決めることがおすすめです。
 

お薬チェック

保険調剤薬局では飲み合わせ等処方箋の内容をチェックします。
処方せんの内容は医師・薬剤師両方の目を通ることになります。
 

ジェネリック医薬品について

Q1. ジェネリック医薬品ってどんな薬なの?
A1. 「ジェネリック医薬品(後発医薬品)」は、「新薬(先発医薬品)」の特許が切れたあとに販売される、新薬と同じ有効成分、同じ効き目の価格の安いお薬です。

「ジェネリック」とは「一般的な」という意味で、「ジェネリック医薬品」とは一般的に広く使用され、効能や安全性が確立された医薬品の事を意味します。 国家予算の中で年々医療費が膨らみ続けている昨今ジェネリック医薬品は医療費削減の効果があると期待されており、国も使用を推進しているお薬です。
 
Q2. どうして安いの?
A2. 新薬に比べて、開発費や販売費が抑えられるためです。

新薬の開発には10~15年ほどの歳月と数百億円以上の費用がかかります。 ジェネリック医薬品は、すでに安全性・有効性が確認された有効成分を使用しているため、約3年という短い期間での開発が可能です。 そのため、新薬に比べて少ない費用で開発することができます。また、新薬は医療関係者にそのお薬の使用方法や安全性情報の伝達または収集に莫大な費用を必要としますが、ジェネリック医薬品ではそうした情報提供費用も最小限にできるため、価格を抑えることができます。
 
Q3.ちゃんと効くの?安心して飲めるお薬なの?
A3. はい。安心してお飲みください。

「ジェネリック医薬品」は、「新薬」と同じ効能で安全であると国が認められなければ、製造することも販売することも許されません。「新薬」と同様に、国が定める厳しい規制や基準をクリアして初めて、製造・販売ができます。添加物などの違いにより患者さんによりアレルギー等の症状が出る等いつもと変わったことがあればお気軽に薬剤師にご相談ください。
 

チーム医療

ICT活動

院内感染対策の実行部隊として、病院内における感染対策のハード・ソフト両面の整備を薬学的な立場より行っています。
薬剤師の重要な役割として、消毒薬や抗菌薬の適正使用へのサポートが挙げられます。
様々な感染症に対しての有効な消毒剤の選定、その適切な使用方法の情報提供や特定の抗菌薬の使用状況を監視し、速やかな高い治療効果が得られるように血中濃度に基づく投与量の設定なども行っています。
 

緩和ケアチーム(PCT)

中央病院の緩和ケアチームは、平成19年6月に発足しました。
メンバーは笹尾麻酔科部長をリーダーに、医師5名、看護師4名、薬剤師1名、臨床心理士1名、MSW1名で構成されているクロスファンクショナルなチームです。
活動は、毎週1回の緩和ケアラウンドを行い、カンファレンスを行っています。
また、講演会の企画開催、院内・院外の研修会の講師としての教育活動も行っています。

重点目標は
① 緩和ケアチームが活動することによってがん患者の苦痛が緩和する。
② 患者・家族のニーズを満たすと共に、主治医・病棟のニーズも満たす。

としています
この事を達成するためには、患者・家族や主治医・ナースとの質の高いコミュニケーションが必要になります。良い関係作りが出来るよう、全面的なサポート体制を敷いていきたいと思っています。

また、教育活動も重要です。
2007年10月から、各病棟において病棟学習会の講師として「症例を通したオピオイドの学習」を行ってきました。その後とったアンケートの結果から、ナースに必要な能力は何か?また薬剤師に必要な能力は何か?が明らかになってきました。
すなわち、ナースにとって必要な能力は
① オピオイド導入のタイミングを見分ける能力
② レスキューのタイミングを見分ける能力
③ ローテーションのタイミングを見分ける能力
④ 副作用の早期発見をできる能力


また、薬剤師に求められる能力として
① 納得できる説明力
② オピオイドの換算等リスクマネジメント力
③ 副作用対策の知識

があげられました。

患者さん一人一人の尊厳が守られ、その人がその人らしい命を生ききれますよう、今後ともチームの一員としてサポートしていきたいと思っています。
 

栄養サポートチーム(NST)

当院ではチーム医療の一つに栄養サポートチームがあります。
栄養サポートチームは「NST](Nutririon Support Team)とも呼ばれています。
人は口から食事をとって、それを栄養にして生きています。しかし、病気などの為に十分な食事が摂取できなくなったり、全く取れなくなったりすることがあります。
入院中の患者さんがこのような状態(低栄養)になった場合、薬剤師も含めたNSTのスタッフ(医師、看護師、栄養士、薬剤師、検査技師、リハビリなど)が一丸となり、その原因や栄養状態を把握し適切な栄養投与(経口・経腸・静脈栄養)によって全身状態の改善を行います。
要するに、栄養不良(低栄養)患者の栄養状態を的確に把握し、適切な栄養投与法を検討し、栄養状態を改善させることを目的としています。
 

糖尿病療養指導士外来(CDE外来)

【目的】

 糖尿病は生活習慣病であり、患者さんの多くは外来通院をしながら日常生活の中で療養を行っています。それはセルフケアに基づくものであり、食事療法、運動療法、自己血糖モニタリング(SMBG)、インスリン等薬物療法に至るまで療養には患者さん自身の自立が求められます。
当院には糖尿病療養指導士(CDE)の資格取得者(看護師、薬剤師、理学療法士、検査技師、管理栄養士)がおり、糖尿病の知識の伝達と共に、糖尿病療養の自立のためのサポートを行っています。従来糖尿病教室や入院での指導に関わってきましたが、患者さん一人一人の治療への意欲の向上と、血糖の良好なコントロールを保ちQOL(生活の質)を維持向上する目標を達成するためには、外来患者さんへ積極的にかかわることが必要である!という事から、2007年10月から、CDE外来を立ち上げました。


【方法】

1.対象者 : ①初診の患者  ②医師が必要と認めた患者
2.指導日 : 毎週火曜日
3.場  所 : 内科外来の空き診察室
4.カンファレンス : 第1、第3火曜日17:00~ ペインクリニックにて

フローチャート(初診の場合)

 
薬剤師は、インスリン指導は勿論ですが、看護師、薬剤師、臨床検査技師は初回のアナムネをとり、今までの食生活、運動、薬、生活パターン等を情報収集し、医師へのフィードバックも行っています。組織横断的にたくさんの者が関わっているのでカンファレンスも活発に行われています。
 

褥瘡(じょくそう)対策委員会活動

他の医療スタッフとともに、薬剤師も褥瘡(じょくそう)対策に取り組んでいます。
1ヶ月に2回、褥瘡ラウンドを行っており、患者さんのベッドサイドに伺い、褥瘡の状態の評価を深さ、滲出液、大きさ、炎症、感染、肉芽形成、壊死組織、ポケットの有無で行っています。
ある場合は、そこを外科的に切開して、膿を出し洗浄することが回復につながっています。
当委員会は、何よりも予防に重点をおき、ギャッチアップの角度や、案外褥瘡ができやすい部位の足踵は、各病棟でも注意を払うよう啓蒙しています。
悩みは、他院から転院してきた褥瘡患者さんが半数以上いることですが、年々症状の重症の方が減っていることが何よりも励みになっています。

学会発表・講演等実績

平成29年度(2017)

  演題名 学会または書籍雑誌名 年 月
学会発表 「採用抗菌薬と予防抗菌薬の見直しによる抗菌薬適正使用の取り組み」 第91回日本感染症学会総会・学術講演会、第65回日本化学療法学会学術集会 合同学会(東京) 2017年4月6日-8日
学会発表 「伊那中央病院における【肺癌分子標的薬導入パス】の効果」 医療マネジメント学会長野県支部学術集会(安曇野市) 2017年5月20日
学会発表 「自施設外来維持透析患者の内服コンプライアンスを困難にしている要因」(共同研究) 第62回日本透析医学会学術集会(横浜市) 2017年6月16-18日
学会発表 「伊那中央病院における転倒転落インシデントレポート分析~睡眠薬の適正使用に向けてのアプローチ~」 第57回北陸信越薬剤師大会及び第50回北陸信越薬剤師学術大会(新潟市) 2017年9月17-18日
学会発表 「【脱】ピッキングマシンでの365日注射調剤システムの再構築」 第56回全国自治体病院病院学会(千葉県幕張) 2017年10月19-20日
学会発表 「チーム医療で早期発見した若年者でMNZ脳症をきたした1例」 第27回日本医療薬学会年会(千葉県幕張) 2017年11月3-5日
学会発表 「【脱】注射薬自動払出装置による365日注射調剤システムの再構築」 第27回日本医療薬学会年会(千葉県幕張) 2017年11月3-5日
院内研究会 「スポーツファーマシストについて」 伊那中央病院院内学術大会(伊那中央病院) 2016年11月16日
 
院内研究会 「肺癌分子標的薬パスについて」 伊那中央病院クリニカルパス大会(伊那中央病院) 2017年2月24日
講演 「薬剤師からのエビデンス発信について」 長野県薬剤師会研究発表推進のための研修会 2017年5月14日
講演 「最新の薬剤について(糖尿病)」 長野県薬剤師復職支援研修会 2018年1月16日
講演 「糖尿病薬の解説」 上伊那LCDE育成研修 2017年11月18日
講演 「栄養のお話」 がん患者と家族の会 2017年8月24日
講演 「栄養のお話」 がん相談支援センター がん患者さん及び家族のための催し 2018年3月29日
講演 「伊那中央病院の薬剤科業務について」 第1回上伊那病院薬剤師交流会 2018年2月27日
寄稿 「これからの医療政策と組織作りについて」 長野県薬剤師会広報りんどう 2017年5月号
寄稿 巻頭言「しなやかに生きる(レジリエンスについて)」 上伊那薬剤師会会報 2017年8月号
寄稿 「北陸信越学術大会参加報告」 上伊那薬剤師会会報 2017年10月号
学生実習 帝京平成大学 1名
千葉科学大学 1名
  2017年5月8日-7月21日
 

実績集(PDFファイル)

保険薬局の皆さまへ

当院から新規に麻薬性鎮痛薬の処方を受けられた場合の対応について

 当院では、麻薬性鎮痛薬の適正使用推進のため、保険薬局でお願いしたい標準的指導内容と確認及び疑義紹介していただきたい事項について、下記のようにプロトコールを作成いたしました。プロトコールは「がん疼痛の薬物療法に関するガイドライン 2014年版」をもとに院内で検討を行い作成しました。
 当院から新規に麻薬性鎮痛薬の処方を受けた場合には、プロトコールの内容をご確認いただき、疑義のある場合にはご連絡ください。

資料1: 保険薬局でお願いしたい標準的指導内容と確認及び疑義紹介していただきたい事項(PDF:186KB)
資料2: 資料1を作成するにあたっての、作成の経緯、出典、資料等(PDF:158KB) 
 


トレーシングレポート(服薬情報提供書)について


トレーシングレポートとは
 患者さんからの聞き取り情報(アドヒランス、複数病院受診、OTCや健康食品の服用)など、保険薬局からの疑義照会とは異なり、即時性は低いものの情報提供することが望ましいと保険薬局が判断した内容を処方医師にフィードバックするレポートです。

トレーシングレポートの運用方法
 様式をダウンロードしていただき、必要事項を記入しFAXにて薬剤科までご送信ください。なお、ほかの様式をご利用いただいてもかまいません。

送付先 FAX:0265-78-8836

注)トレーシングレポートは疑義照会ではありません

ダウンロード
 説明資料(PDF:72KB)
 トレーシングレポート(Word:49KB)

お問い合わせ先
 伊那中央病院 薬剤科 TEL:0265-72-3121(内線2523)


ページの先頭へ
ページ早見表