里帰り出産を希望される方へ

お知らせ

日本国政府による新型コロナウィルス緊急事態宣言の発令(令和2年4月7日)と、それに伴う日本産科婦人科学会・日本産婦人科医会からの「帰省分娩・分娩付き添いを推奨しない」旨の通達により、現在のところ緊急事態宣言対象地域以外のものを含め帰省分娩(里帰り出産)をお勧めすることができなくなりました。可能な限り現在の居住地での分娩を御検討くださいますようお願いいたします。 
当面の間、里帰り出産等については以下のとおりとさせていただきます。

 ※新規の里帰り出産の受け入れは、当面の間中止させていただきます。
 ※既に分娩予約をされている方で当院での分娩をご希望の方は、体調管理に十分ご注意ください。 
 ※このほか当院の分娩対応・参加管理については次の資料(リンク)にてご確認ください。
  新型コロナウィルス感染症蔓延に伴う、当院の分娩対応・産科管理についてのお知らせ(PDF:120KB)

自然分娩を主体としています

当院では、人間本来の産む力を信じて、自然な経過を大切にしたいと考えています。
しかし、正常な経過を逸脱した場合には説明、同意のもと必要な対応(医療介入)をさせていただいています。
帝王切開の既往のある方は、当院では全例帝王切開となります。
妊娠32週には帰省していただき、ご自宅との行き来はご遠慮ください。

出産直後からの母児同室をすすめています

お母さんと赤ちゃんが安心して過ごせるよう、出産直後から同室で一緒に生活することをすすめています。
母乳分泌を促し、お母さん自身の産後の回復を早める効果があります。

母乳哺育を推進しています

赤ちゃんにとって一番やさしい栄養は、お母さんの母乳です。
お母さんが抱っこしておっぱいを飲ませることで、赤ちゃんは安心して健やかに育っていきます。
個々に合わせて母乳哺育ができるよう支援いたしますが、お母さんと赤ちゃんの様子で補足も行っています。

面会を制限しています 2020.4

産科病棟には、抵抗力の弱い赤ちゃんや妊婦さんが入院しています。
また、入院生活は5日間しかなく、たくさんの育児手技を習得しなければなりません。
感染予防とお母さんの休息時間確保のため、病棟内への面会を制限させていただいています。

なお現在、新型コロナウィルス感染症などの感染予防のため院内は全面的に面会禁止となっております。
大変申し訳ありませんが、ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

里帰り出産をされる方へお願い

妊娠32週には帰省していただき、以後はご自宅との行き来はご遠慮ください。遠距離の移動などにより、早産の危険性が高まってしまいます。
また、産後は母児の健康管理を目的に帰省先に留まり、当院で1か月健診を受けていただくようお願いします。
ページの先頭へ
ページ早見表