里帰り出産を希望される方へ

自然分娩を主体としています

当院では、人間本来の産む力を信じて、自然な経過を大切にしたいと考えています。
しかし、正常な経過を逸脱した場合には説明、同意のもと必要な対応(医療介入)をさせていただいています。
帝王切開の既往のある方は、当院では全例帝王切開となります。
妊娠32週には帰省していただき、ご自宅との行き来はご遠慮ください。

立ち会い出産ができます

新しい家族をご夫婦2人で迎えていただけるよう、ご希望の場合は夫が立ち会うことができます。
妊娠32週~34週に当院のファミリー学級をご夫婦で受講していただくことが必要となります。
陣痛室、分娩室は清潔区域ですので、入室は必要最低限(1~2人)にお願いしています。

ファミリー学級について

出産直後からの母児同室をすすめています

お母さんと赤ちゃんが安心して過ごせるよう、出産直後から同室で一緒に生活することをすすめています。
母乳分泌を促し、お母さん自身の産後の回復を早める効果があります。

母乳哺育を推進しています

赤ちゃんにとって一番やさしい栄養は、お母さんの母乳です。
お母さんが抱っこしておっぱいを飲ませることで、赤ちゃんは安心して健やかに育っていきます。
個々に合わせて母乳哺育ができるよう支援いたしますが、お母さんと赤ちゃんの様子で補足も行っています。

面会を制限しています

産科病棟には、抵抗力の弱い赤ちゃんや妊婦さんが入院しています。
また、入院生活は5日間しかなく、たくさんの育児手技を習得しなければなりません。
感染予防とお母さんの休息時間確保のため、病棟内への面会を制限させていただいています。
ご両親と同居のご家族以外の方、15歳以下の子どもさんは面会をご遠慮ください。
また、面会はラウンジをご利用していただきますようお願いします。

里帰り出産をされる方へお願い

妊娠32週には帰省していただき、以後はご自宅との行き来はご遠慮ください。遠距離の移動などにより、早産の危険性が高まってしまいます。
また、産後は母児の健康管理を目的に帰省先に留まり、当院で1か月健診を受けていただくようお願いします。
ページの先頭へ
ページ早見表