専門看護師・認定看護師紹介

専門看護師・認定看護師のご紹介

専門看護師・認定看護師とは、特定の看護分野について優れた知識と熟練した看護技術を持つと日本看護協会が認定した看護師のことです。

【専門看護師】・・・「看護ケアのスペシャリスト」
【認定看護師】・・・「臨床現場におけるエキスパート」

小児看護専門看護師(穂高幸枝)


 
 小児看護専門看護師は、健康な子どもや病気を持つ子どもなど、すべての子どもたちを対象とし、子どもの成長・発達をふまえながら、子どもにとっての最善が守られるよう看護を提供します。子どもたちが看護を必要とする場は病院内にとどまらず、家庭や地域、学校・保育園など多岐にわたります。院内外のさまざまな職種と協力しながら、子ども自身の持つ力を支え、子どもたちの健やかな育ちを応援していきます。また、ご家族の方々の悩みや心配事も一緒に考えていきます。お子さんのことで困ったことや心配なことがありましたら、気軽に声をかけてください。

皮膚・排泄ケア認定看護師(里見明子・小林由美子)


 
 皮膚・排泄ケア認定看護師とは、褥瘡(床ずれ)など治りにくい傷のある方、ストーマ(人工肛門や人工膀胱)をつくられた方、便や尿もれでお困りの方などに対して専門的にケアを提供する看護師です。皮膚の障害と排泄の問題に対して、専門的な知識と技術をもとにケアを提供しています。

 院内では、医師、看護師、薬剤師、栄養士、リハビリ技師と褥瘡対策チームをつくり、週1回患者様を訪問して、褥瘡の処置や予防方法につとめています。
 また、専門外来として、ストーマをつくられた方には、トラブルの解決や日常生活の問題を解決する外来として、ストーマ外来(毎週木曜日)を開設しており退院された後のフォローアップをさせていただいています。

緩和ケア認定看護師(伊藤礼子・吉田園美)


 
 「緩和ケア」とはがんなどと診断された時から、その方らしさを維持していくために、痛みや息苦しさ、だるさ等のからだの辛さや、心の辛さを和らげるケアのことを言います。患者さんばかりでなく、ご家族の辛さを和らげることも大切なケアのひとつです。

 当院には、医師、薬剤師、心理士、ソーシャルワーカー、看護師から構成される緩和ケアについての相談を受ける専門チーム(=緩和ケアチーム)があります。緩和ケア認定看護師はこのチームの活動がスムーズに行われるよう、調整役を担っています。
 
 また、病棟、外来を問わず活動できるため、患者さんを継続的に支援できる立場にあります。体や心の辛さを抱えている方があれば、院内どこにでも出向き、患者さんやご家族の辛さ、思いをじっくりうかがっています。そしてその方にあった辛さを和らげるケアについて、かかわるスタッフと共に考え、アドバイスをしています。

感染管理認定看護師(平澤はるみ・奥原朋美・福島さつき)


 
 病院内では、医療に関連した様々な感染が起こる危険があります。感染管理認定看護師とは、患者さん・ご家族・面会者・医療従事者(職員)など全ての人に対して必要な、感染防止対策を考え、実践する看護師です。
 また、院内では、ICT(感染対策チーム)にも所属しています。ICTは、医師・看護師・薬剤師・臨床検査技師・栄養士・臨床工学技士・医事課メンバーにより構成され、各職種の専門性を生かした対策の検討や、定期的な院内巡視による感染防止活動を行っています。

摂食・嚥下障害看護認定看護師(池上敦子)


 
 高齢化に伴い、脳血管障害・神経筋疾患・口腔咽頭などの疾患や加齢による変化などで、摂食・嚥下障害を有する患者さんが増加しています。
 摂食・嚥下障害看護認定看護師は、摂食・嚥下障害(食べる機能に障害)のある患者さんに対して専門的な知識と技術をもとにケアを提供する看護師です。
 脳外科・神経内科病棟で通常業務を行いながら、口腔ケア、嚥下評価、嚥下リハビリや適切な栄養管理を行うことで、口から食べる楽しみを患者さんに提供しています。また、他病棟の摂食・嚥下障害の患者さんのケアに対するスタッフの相談や指導を行っています。
 嚥下障害を抱える患者さんの重症度は様々で、自分で唾液も飲み込めずムセてしまう方から、姿勢・食形態・一口量、飲み込み方を改善すれば食べられる方、飲み込む力をつけるリハビリが必要な方など多様です。「すべての人に食べられるチャンス」をモットーに専門的にアプローチをしていく活動をしています。この目標は、医師・言語聴覚士・栄養士など多職種と力を合わせることによって達成されます。患者さんの生活の質(QOL)向上のためにチーム一丸となって口から食べられることを目指していきたいと思います。

救急看護認定看護師(伊藤美穂・春日美幸)



 当院は地域医療の基幹病院として地域と連携し高度医療を担っていく使命があります。その中で、日頃の生活において突然かつ急激に生じた、あらゆるレベルの健康問題に対して対応させていただく看護師です。
突然の病気やけがを負って救急を訪れる患者さんに対して、迅速かつ的確な救命技術を実践し専門的看護ケアを提供します。また、多かれ少なかれ心配や不安な気持ちをお持ちだと思います。不安な気持ちが少しでも軽減されるよう精神面においても援助させていただきます。また、ご家族にとっても突然の出来事に対して、どうしたらいいのかわからないという不安が大きいと思いますので、家族の方への支援も行います。
院内外問わず救命技術の指導や、各種講習会等お気軽にお声がけください。

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師(根津美穂子)


 
 患者さんが脳卒中による何らかの障害があっても、生活再構築できるように急性期、回復期、維持期を通して一貫して支援できることを目指す認定看護師です。
脳卒中(脳梗塞、脳出血、クモ膜下出血)は発症すると、身体の麻痺や言葉の障害などの様々な障害を残すことが多い疾患です。また大きな障害を残すことがなくても再発予防のために、服薬の継続や生活習慣の見直しが必要です。入院患者さんと共に今までの生活を見直すことで、患者さん自身もご家族も、脳卒中の発症を予防できるような看護を実践しています。
「患者さんご家族が目標とする生活の場に安心して帰れること」を目指して様々な職種のスタッフともに脳卒中センタ-で活動しています。

がん化学療法看護認定看護師(工藤亜紀子)


 
  がんは、日本人の2~3人に1人が罹患すると言われるもっとも身近な病気の1つです。
 がん化学療法看護認定看護師とは、がん治療の1つである薬物療法を受ける患者さんに対して専門的知識・技術をもとにケアを提供する看護師です。がんと診断された患者さんに対して、薬物療法=抗がん薬治療を受けるかどうかの意思決定から関わり、患者さんが納得した上で安全・安楽・確実に治療が受けられるよう関わらせて頂きます。また、治療の副作用による苦痛を最小限にするために個々の患者さんに合った予防方法や対処方法を一緒に考え、実践していきたいと思います。
 「伊那中央病院なら安心して治療が受けられる!!」と思っていただけるように、医師・薬剤師・通院治療室の看護師など多職種で協力し合い、より良いケアの提供を目指します。

集中ケア認定看護師(唐澤秀明)

 集中ケア認定看護師の役割は、すべての急性かつ重篤な患者さんに対して集中的に看護を提供し、同様に精神的危機状態下にある患者さんの家族にも援助を行うことです。
 そのため、最新の幅広い知識と看護技術をもち、心と身体における危機的状態にある人の反応に対しスタッフと共に熟練した看護を提供します。

手術看護認定看護師(荻原準)


 
当院の手術室では、年間約3,500件の手術が行われており、上伊那地域の三次救急を担う急性期病院であるため、緊急手術が多いのが特徴です。
手術や麻酔には、体温低下・皮膚損傷・神経障害・感染などの合併症を伴います。
手術看護認定看護師は、これらの合併症を最小限にし、患者さんが安全に手術を受けられることを目指して専門的知識・技術をもとに、看護を提供します。
また、患者さんにとって手術は未知の領域であることが多く、不安を抱えています。
そのような手術患者さんが少しでも落ち着いた気持ちで手術に臨めるように支援しています。
通常の手術室業務以外では、多くの看護師が質の高い看護が提供できるよう、手術室スタッフのみならず、術前・術後に関わるスタッフに対する指導・相談を行っていきます。
 

認知症看護認定看護師(有賀つばさ)


 
認知症とは、記憶障害や理解力の低下、記憶障害以外の認知機能の障害があり、日常生活に困難をきたしている状態をいいます。
認知症看護認定看護師は、認知症患者さんの意思を尊重し、権利を擁護することや、行動心理症状(BPSD)を悪化させる要因・誘因に働きかけ、予防・緩和に努めます。
入院をきっかけに症状の発症・悪化、せん妄を引き起こしてしまう可能性に対しての環境調整を行い、入院生活を安心して送ることができるように支援していきます。
また、認知症の方の持てる力を引き出し、その人がその人らしく生活を送るためにどのようにケアをしていけば良いかを考え、看護に努めています。
認知症の方だけではなく、ご家族や地域のみなさんへの支援も行い、「認知症の方を地域で支えることができる」を目標に活動しています。

がん放射線療法看護認定看護師(渡辺まゆ美)


 
放射線治療はがんのある場所に体の外から放射線をあて、がんを小さくしたり、活動を抑える治療です。化学療法や手術と合わせて行うことや、がんによる症状を和らげるために行うこともあります。
がん放射線療法看護認定看護師は、放射線治療を受ける患者さんが最小限の副作用で最大減の効果の治療ができるように、専門的な視点からの支援を行います。そして患者さんとご家族の方が納得して、安心して長期間の治療を完遂できるようにお手伝いします。
放射線治療は決められたスケジュールで最後まで治療を行うことで効果が得られます。治療が継続できるように、患者さん個々のライフスタイル、価値観を大切にしながら、副作用のケアや負担なく通院できる方法などを一緒に考えていきたいと思っています。
 

小児救急看護認定看護師(中林美枝)


 
 当院は、小児救急医療の地域基幹病院として、24時間体制で子どもの急病に対応しています。小児救急看護認定看護師は、急な発症による病気や事故、けがなどで受診された子どもと家族に対し、その権利を守り、思いや考えを大切にしながら、最善の看護を提供する看護師です。
 少子化社会となった現在、子どもを取り巻く環境は大きく変化しています。育児不安の支援や虐待の早期発見と対応、事故の予防、救命技術指導など、家庭や地域とつながりを持ちながら活動していきます。
 また、子どもと家族が安心して暮らせる地域社会を目指し、個別のご相談や育児サークルの勉強会、講習会などの講師もお受けしています。院内・院外を問わず、どうぞお気軽にお声がけください。
ページの先頭へ
ページ早見表