作業療法

作業療法の紹介


作業療法室


作業療法室からの眺め
 このごろ「リハビリ」という言葉は、広く世に浸透してきているかと思いますが(勝手に思っているだけ?)、リハビリの中にもいろいろあります。ここでは、その中から「作業療法」の紹介をさせて頂きます。
 「作業っていうくらいだから、何か手作業をしながらリハビリするのかなぁ?」と考えた方...「ん~っ、正解!」。しかし、ただそれだけでは作業療法士協会の方々に怒られてしまいますので補足しますと、「障害を抱えている方々に対し、残された機能を最大限活用し、身辺動作や家事動作・仕事への復帰を目指した訓練」をおこなっています。また「在宅で生活している障害者やその家族の方々が生活しやすいようなアドバイス・援助」をおこなうのも作業療法の仕事です。
 その手段として様々な作業を用いていますが、身近なところでは調理・洗濯・掃除など、面白いところでは手芸・工芸・日曜大工など、もちろん運動や体操・筋力トレーニングなどの基本的な練習もおこないます。そして大切な日常生活動作練習、例えば食事・着替え・入浴の練習など、作業療法の幅はひろいです。
 社会復帰へのリハビリ、その中の「作業療法」という分野を少しご理解頂けたでしょうか?
少しでも皆様の記憶の片隅にとどめて頂けると、とても嬉しく思います。

取り組みの一例


①話し合い

②訓練・治療

 

ページの先頭へ
ページ早見表