部長挨拶
看護部長
看護部長
認定看護管理者

伊藤 まさ江

 当院は上伊那二次医療圏の三次救急を担う、急性期高度専門医療を提供する病院として、レベルの高いチーム医療に力を入れています。癒しの環境作りと共に、看護師が看護に専念できる環境作りや看護専門職としてのキャリアアップを支援し、看護のやりがいを追求しています。またワークライフバランスの取り組みもあり、離職率は4%前後と低く推移しています。

 「ありがとう、よくやったね、頑張ろう」という言葉が飛びかい、すべての職種がお互い尊重し合う、助ける、といった温かな風土ができあがっていると感じています。

 貴方も伊那中央病院で共にチーム医療の醍醐味をあじわってみませんか。

当院の特徴

1. 癒しの環境作りを追求しています

(1) 療養環境の向上(すべての病室から眺める景観と病床空間の広さ)
(2) 足音・転倒・疲労に配慮した廊下カーペット
(3) プライバシーに配慮した病室入口のネーム未表示
(4) 病室入口の洗面所とトイレの設置
(5) 感染対策の充実
(6) 定期的患者満足度調査の実施

2. チーム医療の充実

(1) 各職種の専門性を生かし看護に専念できる強力なチーム体制を実施しています
(2) 2部門で行う監査システムで、より安全を追求しています
(3) 具体的業務内容

① 薬剤師による注射薬のミキシング業務(薬剤科クリーンルームで施行)と内服薬のベッドサイド配置システムの確立(薬剤師が患者指導後に直接配置)
② 臨床検査技師による採血スピッツ準備と採血業務の実施(外来と2病棟)
③ リハビリスタッフによる早期ベッドサイドリハとリハビリ室までの送迎
④ 栄養科スタッフによるベッドサイドでの栄養指導の実施
⑤ 電子カルテシステム導入で情報の共有化の推進
⑥ 病棟看護補助者の増員で、医師・看護師の業務の負担軽減

(4) 職域を越えた合同カンファレンスの実施

3. 看護専門職としてのキャリアアップを支援します

(1) クリニカルラダーの段階に沿ったプログラムによる継続教育
(2) 育成のための目標管理導入
(3) 院外研修への公費参加
(4) 認定看護師・専門看護師・特定行為のできる看護師・その他各種学会認定の専門資格取得への
   支援
(5) 長期研修制度の確立
ページの先頭へ
ページ早見表