部長挨拶

看護部長 油井京子
 新しい元号となる年に看護部幹部が一新となりました。医療情勢の変化に柔軟な対応ができますよう幹部一丸となって日々精進いたします。皆様のご指導ご鞭撻をよろしくお願いいたします。

 看護は、24時間365日、患者さんとご家族の一番身近に存在し診療の補助と療養生活の世話をする専門職です。また、地域の皆様やチーム医療へ患者さんご家族の生の声を繋ぐ重要な連携役も担っています。専門・認定看護師も増え、特定行為のできる看護師も誕生し地域貢献を目指しています。今後も、人材育成を主軸に皆様の期待に応えられますよう取り組んでまいります。

 伊那中央病院看護部の一番の売りは、手厚い夜勤体制です。急性期一般病棟1の診療報酬施設基準において最高ランクの12:1看護職員夜間配置と、夜間100:1看護補助者配置も整備しています。これは、患者さんご家族の安心と看護職員の安心に繋がっています。
 また、ナースコーシステム更新を機にIT化を進め、手ぶらで入院できるサービスの導入など業務改善を図ってまいります。
 人材が集まり人材が育つ看護部を目指したいと考えています。

どうぞ宜しくお願いいたします。

当院の特徴

1. 癒しの環境作りを追求しています

(1) 療養環境の向上(すべての病室から眺める景観と病床空間の広さ)
(2) 足音・転倒・疲労に配慮した廊下カーペット
(3) プライバシーに配慮した病室入口のネーム未表示
(4) 病室入口の洗面所とトイレの設置
(5) 感染対策の充実
(6) 定期的患者満足度調査の実施

2. チーム医療の充実

(1) 各職種の専門性を生かし看護に専念できる強力なチーム体制を実施しています
(2) 2部門で行う監査システムで、より安全を追求しています
(3) 具体的業務内容

① 薬剤師による注射薬のミキシング業務(薬剤科クリーンルームで施行)と内服薬のベッドサイド配置システムの確立(薬剤師が患者指導後に直接配置)
② 臨床検査技師による採血スピッツ準備と採血業務の実施(外来と2病棟)
③ リハビリスタッフによる早期ベッドサイドリハとリハビリ室までの送迎
④ 栄養科スタッフによるベッドサイドでの栄養指導の実施
⑤ 電子カルテシステム導入で情報の共有化の推進
⑥ 病棟看護補助者の増員で、医師・看護師の業務の負担軽減

(4) 職域を越えた合同カンファレンスの実施

3. 看護専門職としてのキャリアアップを支援します

(1) クリニカルラダーの段階に沿ったプログラムによる継続教育
(2) 育成のための目標管理導入
(3) 院外研修への公費参加
(4) 認定看護師・専門看護師・特定行為のできる看護師・その他各種学会認定の専門資格取得への
   支援
(5) 長期研修制度の確立
ページの先頭へ
ページ早見表