救命救急センターの業務内容・スタッフ

救命救急センターの業務内容

救急部所属医師は、全ての疾病、傷害に対する救急処置、初期治療を行います。
一次救急(徒歩受診)は医師会、信大パート医師、当院当直医師の協力を得ています。
各専門診療科の診療を必要とする場合には、各診療科オンコール医師を招集します。
救急隊搬入患者は原則として救急部が対応します。
状況によって(各診療科紹介患者等)は各診療科が対応します。
その場合、救急部医師は必要に応じて協力して診療を行います。

ヘリポートも院内に設置されており、エアーレスキューに対応しています。
ドクターヘリ、防災ヘリ、県警ヘリなどを受け入れています。
現在ドクターカーの運用についても検討を始めています。
各担当診療科と協力して集中治療室の診療に当たります。
救急部所属医師1名は常時集中治療室(4床)担当とします。
院内救急患者発生の際に救急診療に協力します。
院前救護(医療)体制の確立への積極的な参加・支援を行います。

その他

・ 啓発・教育業務 

地域住民・医療従事者・救急隊等の啓発・教育に務めます。
院内救急学習会の開催、救急部研究会・ケースカンファレンス
救急隊・救急救命士等の教育
地域住民の啓発(依頼等があった場合)
開業医の初期診療への参加
救急救命処置(ICLS、ISLS、AHA-BLS、AHA-PALS、AHA-ACLS)、外傷初療(JPTEC、JATEC、ITLS、PTLS)の普及にも携わっており、各種講習会を開催しています。

・ 地域災害医療センター業務

災害拠点病院として災害時の医療に従事します。
災害時は救命医療・医療チーム(DMAT)派遣等、全病院で取り組みます。
平時から対応体制を整えます。

・ 組織のあり方

医療人としての資質の具備(誠実・親切、協調性、向上努力、病院経営への貢献)に努めます。
組織体としての責任体制の確立、関係法規・病院のルールを遵守します。
チーム医療を徹底します。
診療録の確実な記載と管理、情報開示を行います。
インフォームド・コンセント、接遇を徹底します。
学術向上への積極的取り組みを行います。
研修・教育への寄与に努めます。

スタッフ(救急科・救命救急センター)

医師名 専門領域 略歴等
統括副院長
センター長
救急科部長
 キタザワ キミオ
 北澤 公男
救急科、脳神経外科、(集中治療、災害医療)
 
自治医科大学医学部卒
1980年6月医師免許取得
2003年3月着任
 
専門性に関する資格
日本救急医学会(救急科専門医)
日本脳神経外科学会(脳神経外科専門医)
麻酔科標榜医
 
副センター長
部長
 ハタヤ ヨシノリ
 畑谷 芳功
専門領域 富山医科薬科大学医学部卒
1987年5月医師免許取得
2003年4月着任
 
救急科、形成外科
 
専門性に関する資格
日本救急医学会(救急科専門医)
日本形成外科学会(形成外科専門医)
 
部長
 ホリエ シロウ
 堀江 史朗
専門領域 群馬大学医学部卒
1986年5月医師免許取得
2012年4月着任
 
内科、救急科、呼吸器内科
 
専門性に関する資格
日本救急医学会(救急科専門医)
 
主任医長
 トクヤマ ヒデキ
 德山 秀樹
専門領域 宮﨑医科大学医学部卒
1990年6月医師免許取得
2018年4月着任
 
救急科、(集中治療)
 
専門性に関する資格
日本救急医学会(救急科専門医)
日本熱傷学会(熱傷専門医)
 
主任医長
 オオハシ シンイチロウ
 大橋 慎一郎
専門領域 秋田大学医学部卒
2005年4月医師免許取得
2010年4月着任
 
救急科
 
専門性に関する資格
日本救急医学会(救急科専門医)
 
医員
 ナカハラ コウザブロウ
 中原 光三郎
専門領域
琉球大学医学部卒
2012年4月医師免許取得
2016年4月着任
 
救急科、(集中治療)
 
専門性に関する資格
 
医員
 シオヤ ユウト
 塩屋 悠斗

 
専門領域 宮﨑医科大学医学部卒
2012年4月医師免許取得
2016年8月着任
 
内科、救急科、(集中治療)
 
専門性に関する資格
日本救急医学会(救急科専門医)
 
医員
 キタガワ ナミ
 北川 奈美
専門領域 信州大学医学部卒
2013年3月医師免許取得
2015年4月着任
 
救急科
 
専門性に関する資格

 
ページの先頭へ
ページ早見表