整形外科

整形外科後期研修

整形外科後期研修志望の方へ

整形外科は、①病気vs怪我、②急性vs慢性、③子供vs大人vs老人、④男性vs女性といった様々な側面の患者さんを診ます。老若男女問わず、時と状況を問わず・・・といったところでしょうか。そんな状況のなか、整形外科的疾患の診断、治療についての習得を目的として研修をしていただき、基本的には皆さんが主治医として患者さんの診療にあたります。診断に関しては、①病歴の聴取、②診察、③検査、以上から診断に至るSkillの習得を、治療に関しては、①保存的治療か②手術的治療かの決定を、そしてその内容の検討を、カンファレンスをしながら一緒に考えていきます。
骨折等の外傷に関しては最初から、慢性疾患に関しては習得状況に応じ、主治医として執刀医として研修ができる場となります。

診療実績
平成23年度 手術件数




 
部位 件数 備考
脊椎 164 鏡視下ヘルニア摘出術、PLIF、椎弓形成術 等
  頚椎 29  
腰椎 110  
胸椎 18  
7  
上肢 251 バネ指、観血的整復固定、手根管開放術 等
下肢 497 大腿骨頸部骨折、観血的整復固定、人工股関節
合計 912  

 

 

平成23年度 患者数
年間外来者数 : 18,250人(延べ)
年間入院者数 : 22,715人(延べ)

※ 時間外の入院を必要としない緊急外傷患者は大部分救急部で対応しています。

指導医氏名 森家 秀記
小池 毅
樋代 洋平
荻原 伸英
ページの先頭へ
ページ早見表