医療従事者の負担軽減及び処遇改善

医療従事者の負担軽減及び処遇改善について

当院では、医療従事者の業務負担の軽減及び処遇改善のため、以下の取り組みを行っています。
 
  医師業務分担体制
  〇医師事務作業補助者の増員と適正配置
   ・書類作成、退院サマリーの作成補助、全国がん登録 等
  〇認定看護師の活用
   ・皮膚・排泄ケア認定看護師の増員
   ・摂食・嚥下障害認定看護師による周術期口腔機能管理の推進
  〇特定行為研修修了看護師の活用
   ・国が定めた特定行為を手順書に基づき実施
  〇看護師による自己血採血の実施
  〇助産師業務の拡大
   ・助産師による妊婦健診の実施
   ・院内助産の実施
  〇患者支援センターの設置
  〇医療技術職職員の業務拡大
   ・管理栄養士による病棟の栄養管理
   ・臨床工学技士による医療機器の操作および管理
   ・病棟に配置した薬剤師による持参薬の管理と医師への医薬品情報の提供
   ・臨床検査技師による超音波検査の実施
   ・歯科衛生士の病棟配置による口腔ケアの充実
 
 院内保育所及び病児・病後児保育の充実
 
 地域の医療機関との連携
  〇地域連携クリニカルパスの整備
  〇逆紹介率の向上
  
 処遇の改善にむけて
  〇勤務計画上、連続当直を行わない勤務体制
  〇前日の終業時間と翌日の始業時間の休息時間確保
  〇予定手術前日の当直や夜勤に対する配慮
  〇当直翌日の業務内容に対する配慮
  〇交代勤務制の導入
  〇短時間正規雇用医師及び看護師の活用
 
 
 令和3年3月19日 
                       伊那中央病院 医療従事者業務検討委員会 

病状説明等(インフォームド・コンセント)の対応時間について

 伊那中央病院では、政府が主導する「働き方改革」の趣旨に基づき、病状説明等の対応時間について次のとおり変更します。

 当院では、これまでも患者の方々に安全で満足のいく治療を受けていただくために、病状や治療方針などの説明(インフォームド・コンセント)を出来るだけわかりやすく行う努力をしておりますが、一方で昨今の報道にもありますように医師の長時間労働に伴う健康被害が問題となっており、政府が主導する「働き方改革」の趣旨に基づき、医師の労働環境の改善を進めていく必要もあります。

 このため、当院では患者さんへ安全で質の高い医療を提供していく観点からも、医師が疲弊せずに働けるよう、医師の負担軽減及び労働時間の短縮に向けた取組みとして、緊急でない患者さんへの病状説明等は、原則として平日の診療時間内に行うことといたします。

 診療科から申し出る場合を除いて、患者さん・その家族等の都合により夜間・休日における説明を求められてもお断りすることがございますので、ご理解・ご協力のほどお願いいたします。

1. 説明対応時間(原則)
  病院診療日に該当する日(救急診療のみの日は除く)
  平日 8時30分~17時15分
   
2. 適用開始日
  平成31年4月1日より
  診療上、緊急を要すると主治医が判断した場合はこの限りでありません。
ページの先頭へ
ページ早見表