看護師特定行為研修センター

看護師特定行為研修センター

 保健師助産師看護師法の一部が改正され、平成27年10月から特定行為に係る看護師の研修制度が施行されました。看護師特定行為とは、診療の補助であり、高度かつ専門的な知識及び技能が特に必要とされる行為が「特定行為」として規定されました。この特定行為を実施する看護師を養成するのが、「特定行為研修指定研修機関」です。長野県内では佐久大学に次いで当院が2番目で、病院としては初めての指定研修機関です。10月1日より1年間のカリキュラムでこの研修を開始しました。

研修項目について

 国が定める、看護師特定行為とは、「手順書」を基に実施する、「診療の補助」であり21区分で38行為あります。特定行為の実践には、実践的な理解力、思考力及び判断力並びに高度かつ専門的な知識及び技能が必要とされ、厚生労働省から指定された「指定研修機関」で研修を受ける必要があります。国家資格ではありませんが、研修終了後、修了試験に合格したら厚生労働省に登録されます。これにより特定行為研修修了者は、医師が作成した手順書に沿ってタイムリーに患者さんへ必要な処置を実施する事ができます。
 
【当院で取得できる特定行為の項目】
1.呼吸器(気道確保に係るもの)関連 
2.呼吸器(人工呼吸療法に係るもの)関連
3.呼吸器(長期呼吸療法に係るもの)関連
4.創傷管理関連
の4区分です。

この4区分により、人工呼吸療法中の機械の設定変更、鎮静薬の調節、人工呼吸器からの離脱、気管カニューレの交換や褥瘡と呼ばれる床ずれの処置を看護師が実施可能となります。
 

研修期間

【第1期】2018年10月1日~1年間

※第1期受講生は当院の看護職員7名です。

受講生の募集について

※ 現在、新たな受講生募集は行っておりません。

※ 今後は段階的に研修の区分数を増加し、病棟だけでなく在宅医療でも活躍する看護師を育成して参ります。

※ 令和元年度からは、院外からも研修者を受け入れていく予定です。
  ホームページなどで募集を行います。
ページの先頭へ
ページ早見表