当院で薬剤師として働きませんか!

薬学生の皆様、復職をお考えの薬剤師の皆様、私達と一緒に働きませんか?
施設見学、業務説明などいつでもお受けしています。お気軽にご相談ください。

伊那中央病院薬剤部の現状

伊那中央病院は上伊那二次医療圏の基幹病院として主に急性期医療、高度医療を担うことが求められています。私たち伊那中央病院薬剤部は2019年4月より「診療技術部薬剤科」から「薬剤部」として独立して活動を行っています。
病床数394床、正規薬剤師33名と同規模病院に比べて薬剤師多いと思われるかもしれませんが、院内での活動範囲は広く、まだまだ薬剤師視点での業務拡大が求められています。

当院薬剤部の特徴

・365日体制の勤務となっています。
土日(外来休診日)も5名が勤務し、365日24時間体制で処方・注射オーダを受け付けています。土日勤務分は平日代休となるため計画的な休暇が取得しやすい環境となっています。また、「働き方改革」の実現に向けた取り組みとして、誕生日休暇や季節ごとの有給休暇取得の推進に努めています。


・学会所属や資格取得・更新に対する補助制度があります。
自己研鑽のために各種学会に所属し資格取得を支援するため、薬剤部研究費での補助制度があります。学会年会費や資格取得の審査・申請・更新などにはかなりの出費が必要となりますが、あなたのやる気を薬剤部として応援しています。
当院は、一般社団法人日本医療薬学会 がん専門薬剤師認定制度「がん専門薬剤師研修施設」の認定を取得しています。

薬学部の学生、転職を検討中の薬剤師の皆様、施設見学や業務紹介などいつでもお受けしております。お気軽にご相談ください。
連絡先:薬剤部長 六波羅 孝(ろくはら たかし) 
電 話:0265-72-3121(内線8110)
メール:trokuhara@inahp.jp
2021.4
ページの先頭へ
ページ早見表