当院で薬剤師として働きませんか!

薬学生の皆様、復職をお考えの薬剤師の皆様、私達と一緒に働きましょう!

伊那中央病院薬剤科の現状

 394床の病院ですが、薬剤師は正規28名 臨時3名 合計31名 薬剤師補助者と事務が合計4名で総勢35名体制です。同規模病院に比べて多いのですが、まだまだ薬剤師に求められることが多く、応えていきたいと思います。

なぜ薬剤師が多い?

・病棟業務の充実を図るため、1病棟複数体制を敷くべく増員をしてきました。現在9病棟で15名が病棟業務を担当しています。

・365日体制で勤務のシフトを組んでいます。注射薬は50㏄以上の点滴は全て薬剤科で無菌調製しており土曜日日曜日も5名~6名が勤務しています。土日勤務分は平日代休となります。そのため人数が必要です。

それなのにまだ増やすの?

・薬剤師は病院各部署で非常に求められています。まだ配置が出来ていないICU(集中治療室)や手術室への薬剤師配置を進めたいと考えています。

・退職者補充が出来ていません。その補充を進めていきます。

・患者支援センターが2019年からスタートします。ここで薬剤師が持参薬のチェックをはじめ入退院の支援を行います。

・外来における薬剤師の介入が重要になってきています。薬剤師外来を開始し外来の薬剤師活動を充実させていきたいと考えています。

・AST(抗菌薬適正使用支援チーム)やがん、緩和ケア、NST、褥瘡、認知症などのチーム医療に対して医療の質を上げられるように、しっかりと関わっていきます。

まだまだ薬剤師が関わることが沢山あるのです!

伊那中央病院薬剤科はどんな職場?

・伊那中央病院薬剤科の目標は「患者さんに最善の薬物療法を提供する」ことですが、そのためには、「働くスタッフが幸せである事」が重要だと考えています。

・幸せに働くために薬剤科の3つのビジョンを立てています。
Safe(薬の適正使用に尽力します)患者さんの喜びが私達の喜びです。
Work Hard(生涯学習に努め実践に活かします)一生懸命学び実践する自己成長が喜びです。
  「Chance Challenge Change(チャンスに挑戦したものだけが変わることができる」
  「変化は自己価値観を上げ幸福につながる」
Team(自分を信じ仲間を尊敬します)幸福追求に重要なものは仲間である。他者と力を合わせる
   事である。
  「人生の意味は貢献、他社への関心、協力である(アドラー)」

自己成長支援

人こそ組織の宝です。各種専門、認定薬剤師の資格取得に積極的に支援しています。

離職率0%

・直近7年間で15名を採用していますが離職率は0%。15名全員継続して働いています。

奨学金制度あります!

・採用決定者に対して月5万円(1年間)の奨学金制度があります。勤続することで返済免除となります。申込み方法や時期についてはホームページで公開します。詳細は薬剤科長までお問い合わせください。

まずは私達の職場を見てください!

・随時見学を受け付けています。お気軽に連絡ください。(電話でもメールでも結構です)
ページの先頭へ
ページ早見表