透析室

透析室について

 中央アルプスを望む明るい病室で、気軽にコミュニケーションがとれるアットホームな雰囲気です。20床の透析ベッドには個々に液晶テレビ(無料)を設置しており、長時間くつろいで透析を受けていただけます。
 
 慢性腎不全の治療として、血液透析(シャント造設、シャントPTA)、腹膜透析、腎移植相談、いずれも行うことができます。さらに、長期透析に伴う合併症の早期発見、早期治療のために、定期的に超音波検査(エコー)や内視鏡検査(胃カメラ)も行っており、安心安全の治療を心がけております。

 また、足のトラブルを起こしやすいことから、足の観察、ケア方法の指導に力を入れている「フットケア」や、管理栄養士による「栄養指導」など、様々な側面からサポートさせていただきます。

 「腎臓内科」のページへはこちら

診療体制

透析ベッド20床(うち個室1床を含む)
診 療 日 午前の部 午後の部
 月・水・金曜日   診療時間 8:30~13:30 
 穿刺時間 8:30~ 9:30
 診療時間 12:30~18:00 
 穿刺時間 12:30~13:30
 火・木・土曜日  診療時間 8:30~13:30
 穿刺時間 8:30~ 9:30
 診療時間 12:30~18:00
 穿刺時間 12:30~13:30
 日 曜 日  休 診  休 診
※穿刺は時間制で、受付順ではありません。

*各曜日2クール、医師、臨床工学技士、専任看護師にて運用しています。
*透析は1回につき3~5時間です。治療時間・曜日のご相談も承ります。
*体重測定は医療スタッフがサポートします。
*当院スタッフによる送迎は行っておりませんが、送迎業者と提携してのサービス利用は可能です。
*病院入り口の車椅子を無料でご利用いただけます。
*透析室個人ロッカーを無料でご利用いただけます。
*透析中のテレビ鑑賞は無料でお楽しみいただけます(イヤホンはご持参ください)。
*無料Wi-Fiをご利用いただけます。
*定期採血は月に1度(月・火)、胸部レントゲン、心電図を実施しています。
*待ち時間にラジオ体操を取り入れています。

 
 医療関係者様へ

 当院での維持透析を希望される場合には、原則、責任医師と看護師とご本人・ご家族との面談を行わせていただいております(交通手段の確認やロッカー説明などのため)。

 他院から初めて当院への通院透析を開始する場合は、必ず地域医療連携室を経由してのご連絡をお願いいたします。


 「地域医療連携室」のページへはこちら

※緊急入院または夜間救急の際の、透析に関するFAX(透析条件、透析記録、処方箋など)はこちらへお願いいたします。 → FAX:0265-78-7160(透析室直通)
 

スタッフ紹介

【医師】
-->
医師名 専門領域 略歴等

医長
 タケマエ ヒロアキ
 竹前 宏昭

腎臓内科(血液透析管理(バスキュラーアクセス管理・作成)、腹膜透析管理(カテーテル管理、作成)、腎移植外来管理)、NST(Neutrition support team)
 
2018年4月着任
専門性に関する資格
日本内科学会(総合内科専門医・認定医)
日本腎臓学会(腎臓専門医・指導医)
日本透析学会(透析専門医)
日本移植学会(認定医)
日本救急医学会(救急科専門医)
ICD制度協議会(Infection control doctor)
 
医員
 ニシカワ マリナ
 西川 真里奈
専門領域 2019年4月着任
腎臓内科
 
専門医・認定医等
日本内科学会(認定内科医)
 


【看護師】
 看護師長  飯島 恵美 
 看護師長補佐   中原 みゆき 

 
医師スタッフ   看護・事務スタッフ
 
臨床工学スタッフ   栄養・薬剤・検査・治験スタッフ
   
透析室スタッフ    

その他・お問い合わせ

 出張・帰省等で上伊那地域にお越しの際に透析をご希望の方は、臨時透析を承っております。
 現在治療をお受けの施設へご相談の上、お電話にてご予約ください。

 【お問い合わせ】☎0265-96-0536(透析室直通)
ページの先頭へ
ページ早見表