病理診断科

病理診断科

  • 当院では「病理科外来」は開設しておりません。ご了承ください。
  • 病院内各科から提出される身体の組織の一部(病変組織:生検・手術材料・細胞診)を検査し、病気の最終的診断を行っています。また、2008年から病理診断科が診療科として標榜可能となったので(当院では病理科外来は開設していませんが)、病院内外の医療機関や一般からのセカンドオピニオンや癌・難病等の相談にも、各診療科を通して対応いたします。
  • 病理解剖による死因解明やmedical auditへの寄与、また疾病研究支援、医療相談等も行います。病院における病理業務は、剖検やCPCを通じてmedical auditの役割を果たし、診療レベルの向上のみならず、医師の卒後教育上からも重要といわれています。さらに、生検による病理診断に基づいた治療方針の確立、予後判定やチーム医療への関与など、診療に直結した業務を行う点で重要であり、医療の質の向上に寄与する部門です。当病理室のスタッフは、常勤医1名、非常勤医2名と技師5名です。多数の病理検査機器があり、病理学会登録施設(信州大学病院と連携)として認可されています。特色は各種癌症例が非常に多く、当地方の癌中核病院としての役割を担っていることです。

スタッフ

医師名 専門領域 所属学会
嘱託医師
 フジワラ マサユキ
 藤原 正之
昭和46年卒
病理学全般(腫瘍病理を含む)、神経病理・脳腫瘍、白血病・リンパ腫、血管炎・膠原病等の難病
 
■日本病理学会
■日本人間ドック学会
専門医・認定医等
日本専門医機構(認定病理専門医・指導医)
日本人間ドック学会(専門医・指導医)
 
ページの先頭へ
ページ早見表