放射線治療科

放射線治療科

放射線科
放射線治療科の仕事はがん治療などにおける放射線治療で、スタッフは常勤医1名が治療を専門に行っています。
 
 放射線治療は現在外科療法、化学療法とともにがん治療の柱の一つといわれています。当院ではリニアック装置による外照射、つまり患者さんの体の外から放射線をかける治療をおもに行っています。

 がん患者と一口に言っても適切な治療は患者さんごとに異なります。当科では最新の知見に基づいた標準的治療法を行うように努めています。また、治療の前に患者さんに十分説明を行い、同意をいただいてから開始します。

 現代医療は日進月歩で変化しています。我々も患者さんに最新、最良の医療サービスを提供できるように努めています。

1.スタッフ

医師名 専門領域 所属学会
部長
篠田 充功
日本医学放射線学会放射線治療専門医
 
日本放射線腫瘍学会
日本医学放射線学会

2.基本方針および概要

放射線治療

・通常の外照射にて対応できる疾患はできるだけ当院で対応することを基本方針としています。
・目的に応じた照射範囲や線量の投与に留意します。
・当院に設備のない小線原治療などについては他施設への紹介を行います。
・他施設へのセカンドオピニオンにも積極的に応じます。
・治療方針決定の際には十分な話し合いの時間を取るようにします。
 

3.診療責任体制

主治医

放射線治療をうける患者は篠田が担当します。

診療責任者

放射線治療については篠田が責任を持って診療を行っています。

休日対応

休日の病棟回診は主治医が行う。緊急の対応は相補して行います。

不在時の対応

学会出張や休暇、病欠の際は可能な限り相補します。その際の引継には充分な時間を割きます。必要に応じ他科の協力も得るよう配慮します。携帯電話にて連絡が取れる体制を可能なかぎり維持します。

放射線治療科:診療カレンダー

ページの先頭へ
ページ早見表