上まぶたの形を変えたい

「目をパッチリさせたい」、「まぶたを二重にしたい」、「目頭の形を変えたい」という希望をお持ちの方は多いと思います。
二重の手術、目頭形成の手術は、患者さんが、手術後のできあがりをイメージすることは難しいので、手術に対して不安があると思います。
当院では、外来診察の際に、おおよその仕上がり形態が予測できるような診察を行っています。
必要に応じて、コンピュータを用いたシミュレーションを行うこともあります。
手術には、埋没法のように、手術後早期であれば、元のまぶたの形に戻すことができる手術と、切開法や目頭形成術のように、一度手術をすると、元に戻すことが難しい手術があります。
また、患者さんのまぶたの形により、どの手術が適切かは異なります。
二重の幅や、目頭の形など、手術では完全にコントロールできない部分があることも理解していただく必要があります。
20代の方でも、時に、眼瞼下垂症による眼瞼形態の変化を伴っていることがあります。
30歳以降の方では、多かれ少なかれ、眼瞼下垂症の影響を考慮して、手術方法を検討する必要があります。
これらのことを、十分にご説明してから、美容外科的な眼瞼手術を行っています。まぶたの形でお悩みの場合、気軽に、形成外科にお声がけ下さい。

眼瞼下垂という加齢による病気

年齢が上がるにつれて、額の皺が増え、上まぶたの皮膚が余り、視界が悪くなるのは、「年のせいだから仕方がない」とお考えではありませんか?
これらは眼瞼下垂という病気による変化です。
まぶたを持ち上げる筋肉と上まぶたとの間は、腱膜という膜でつながれています。
まぶたを持ち上げる筋肉が収縮すると、腱膜を介してまぶたを引っ張り、その結果まぶたが開きます。
長年、まぶたを開け閉めしていると、腱膜とまぶたとの間のつながりが弱くなり、筋肉が収縮してもまぶたに力が伝わりにくくなります。
この状態を腱膜性眼瞼下垂といいます。
眼瞼下垂になると、意識しなくても眉を上げてものを見るようになり、額の皺が増えます。
逆に言うと、額の皺が増えれば、眼瞼下垂が進行してきた可能性が高いのです。
研究が進み、腱膜性眼瞼下垂では、頭痛、肩こり、便秘、羞明(まぶしさ)、冷え性など、いろいろな症状を生じることがわかってきました(なぜ、そのような症状を合併するかについては、発症機序が難しいので、外来でご説明しています)。
治療方法は手術(眼瞼下垂手術は保険適応、3日間の入院が必要、術後の皮下出血と浮腫はかなり強く生じます)です。
手術を受けられると、まぶたが開きやすくなり、見やすくなるだけでなく、頭痛、肩こり、便秘の改善や、額の皺が減るなど、眼瞼下垂に伴う他の症状も良くなることが多いです。
「額の皺が増えた」、「まぶたが重い」、「原因のわからない頭痛や肩こりがある」などで、お悩みの方は、一度形成外科の外来に相談にお越し下さい。

料金について

美容外科における保険診療適応外の自由診療に係る料金は伊那中央病院料金条例で定められています。

料金一覧表はこちらから→ https://www.inahp.jp/0300169.html#anc2982

リスクと副作用

埋没法手術について
▼埋没法手術のリスク:埋没法による重瞼術は、二重を作りやすくすることが目的ですが、水平方向の皮膚のつつぱり具合や、皮膚、筋、脂肪の厚みなど二重のできにくくなる原因に負けて、二重が不十分になったり、消失したりする可能性があります。
▲術後の注意点・合併症:腫れは、2週間程度は残ります。氷ガーゼでクーリングを行うことにより、腫れが早く引きます。感染、血腫、皮下出血斑、角膜損傷、局所麻酔薬による中毒やアレルギーなどの合併症があります。アイメイク、コンタクトは1週間程度禁止です。コンタクト装着時にはまぶたを強く引っ張らないで下さい。術後3ケ月程度は、まぶたを強く擦ると、糸で作った癖が消失しやすいのでご注意下さい。

外科的手術について
▼手術のリスク:切開の大きさや場所により麻酔や術後の安静が必要な場合がありますが、その際は説明書により手術の目的、内容、注意事項などをご説明し、同意書をいただいた後に手術を行います。真皮縫合、皮膚割線等で傷が目立たない工夫をし十分に注意して施術いたしますが、絶対に安全な手術はありませんのでご理解をお願いします。
■合併症等について:血腫、感染、創の離間、埋没糸の露出、縫合糸膿瘍、肥厚性療痕、ケロイド(長期に渡り傷が赤く硬くなる)、内出血、皮下貯留、局所麻酔中毒、全身麻酔後の血栓塞栓症、局所麻酔薬による中毒やアレルギーなどを生じることがあります。
ページの先頭へ
ページ早見表