センター長あいさつ

  ごあいさつ






伊那中央病院 副院長
救命救急センター長
iMSCセンター長 北澤 公男

 

当院では、平成26年4月から伊那中央病院メディカルシミュレーションセンター(以下iMSC)の運用を開始しました。
iMSCの概要と今後の運用について紹介させていただきます。


iMSC設置の目的

最新の適正な医療を安全に患者さんへ提供するためには、医療者のたゆまぬ知識・技能の向上と様々な医療環境での対応能力の向上が必要になります。 現在、様々なシミュレーション機器を使用したトレーニングが全国で活発に行われるようになってきていますが、長野県内には十分なトレーニング施設はありませんでした。 そこで今回、長野県の地域医療再生基金を活用し、当院の職員ばかりでなく、地域の医療関係者、介護職員、学生の研修・教育、地域住民への啓発を行う場としてiMSCを設置することになりました。


施設・機器の概要

iMSCに導入されたトレーニング機器は、大きく三つの分野に分かれています。 一つは救命救急トレーニングにおける心肺蘇生用の訓練機器や二次救命処置トレーナー、二つ目は臨床各科の個別訓練ができる内視鏡等のシミュレータ、三つ目は診療や看護の基本手技を訓練するための患者シミュレータです。 また、シミュレータを使用した訓練を振り返るための撮影装置を完備した病室シミュレーション室も整備しました。 設置された機器の中には、内視鏡手術のシミュレータ、血管内カテーテル治療のシミュレータ、救急患者のあらゆる状況をリアルに実現することのできる模擬患者シミュレータ、超音波診断教育機器等の高性能なものもあります。 日常の看護業務支援のためのシミュレーション演習を可能にした、様々なフィジカルユニット等と合わせて、約30種類のシミュレータを導入しました。


今後の展望

iMSCの開設により、当院で働いていただける医師や看護師等の医療従事者が増えることも期待されており、当院は地域の急性期医療やがん診療等の専門的医療の拠点として、地域住民のみなさんの信頼に応えられるよう医療体制の構築を図って参りました。 今後は、フィジカルトレーニングや患者の病態シナリオなどのプログラムの充実を図り、指導トレーナーの育成とともに多くの医療関係者の皆様がiMSCを利用していただくことを念頭に、日常の医療行為により近い実践的なシミュレーション教育の場としてご活用いただき、質の高い医療人の育成のために少しでも貢献できればとスタッフ一同、鋭意努力してまいる所存です。

ページの先頭へ
ページ早見表