お知らせ

iMSCのパンフレットが新しくなりました。

2019年05月24日

メディカルシミュレーションセンターのパンフレットが新しくなりました。
リンク→https://www.inahp.jp/0400538.html

日本母体救命救急システム普及協議会(J-CIMELS)公認講習会のご案内

2019年04月19日

このたび、日本母体救命システム普及協議会公認のJ-CIMELS(ベーシックコース)講習会を、昨年に引き続き伊那中央病院で開催する運びとなりましたのでご案内申し上げます。
 
日本における妊産婦死亡は、現在でも年間40-60例は発生しています。妊産婦死亡の更なる減少を目指すには、すべての分娩現場で産科医療に携わる医療従事者が、いち早く急変を認知して適切な初期対応を行い、高次施設や全身管理診療科の治療に繋げる必要があります。
J-CIMELSのベーシックコースは、限られたスタッフしかいない一次施設での急変発生現場で、第一発見者のなすべき初動を、シナリオシミュレーションを通じて学ぶコースとなります。
書籍『母体急変時の初期対応 第2版』に基づき、妊産婦・産褥婦の特殊性を考慮した心肺蘇生法等を含むトレーニングを行います。
皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。
 

【開催要項】
日 時 2019年 7 月 20 日(土) 14:00〜18:00(予定)
会 場
 
伊那中央病院 南棟 メディカル シミュレーションセンター
長野県伊那市小四郎久保1313-1
主 催 伊那中央病院 メディカル シミュレーションセンター
後 援 上伊那産婦人科医会
定 員 ベーシックコース 定員 18 名

対 象



 
産婦人科医師、助産師、看護師 (長野県内の周産期医療施設勤務者に限定)
*救急医師・麻酔科医師に限り、見学によりベーシックインストラクターコースの受講資格、またはベーシックコースのアシスタントインストラクターの資格が得られます。
(詳細はお問い合わせください)
受講費 15,000円(見学者無料)

申込み
方 法


 
受講(または見学)希望される方は、必要事項を記入のうえ、下記のいずれかの方法でお申し込みください。なお、記入事項に不備のある場合は申込みを受理できませんのでご注意ください。

① 伊那中央病院ホームページ>メディカルシミュレーションセンター>お問合せ
   より、必要項目を入力のうえ送信
  https://www.inahp.jp/imsc_contact.html
 
② E-mail: imsc@inahp.jp へ必要項目を記載してEメールにて直接申込み

【必要項目】
  ・研修名(受講・見学)
  ・お名前(フリガナ)
  ・メールアドレス
  ・勤務先
  ・所属部署
  ・職種
  ・電話番号(当日 直接連絡が繋がる番号)
  ・生年月日(西暦)

申込期間

2019年 6 月 3日(月)〜 6 月9日(日)
申込書 募集要項はこちらから(PDF:373KB)
申込先 E-mail: imsc@inahp.jp

※お申し込み多数の場合は、当方で地域性・職種等を考慮して選考を行い、受講可否をお知らせしますのでご了承ください。受講費の振込先や講習会の詳細等は、受講予定者に後日メールでお知らせいたします。

施設利用等の申請書様式が変更になりました。

2018年05月14日

メディカルシミュレーションセンターを利用する場合の各種申請書の様式が、5月から変更になりました。
新しい様式で申請いただきますようお願いします。(iMSC事務局)

申請書のダウンロードページはこちら

新しいシミュレーション機器を導入しました。

2017年12月05日


大腸内視鏡トレーニングモデル
新しい訓練機器が導入されました。

機器一覧よりご覧ください。
ページの先頭へ
ページ早見表