精神腫瘍科
伊那中央病院では、毎週月曜日に精神腫瘍科の診療を行っています。がんの患者さんのあらゆる時期の様々な心理面での悩みやつらさに対して援助し、必要な場合には治療も行います。
がんという病気は、体だけでなく心にも大きな影響を及ぼします。がんと診断されることは誰にとっても大変なストレスですので、不安感や抑うつ気分、孤独感や不眠などが生じることがあります。また手術、化学療法、放射線療法といった治療が行われる時、再発した時なども心のケアが必要となることがあります。
当院の緩和医療は、多職種の専門スタッフが連携して定期的なカンファランスなど行いチーム医療を展開していますが、精神腫瘍科医師も加わることで一層充実します。
原則として、当院で診断や治療を受けられているがんの患者さんを対象に診療します。

スタッフ

医師名 専門領域 所属学会
藤原 利勝 精神科全般、サイコオンコロジー
日本精神神経学会専門医
精神保健指定医
日本精神神経学会
日本緩和医療学会
日本精神科救急学会
日本サイコオンコロジー学会
ページの先頭へ
ページ早見表