上まぶた

☆眼瞼下垂という加齢による病気

年齢が上がるにつれて、額の皺が増え、上まぶたの皮膚が余り、視界が悪くなるのは、「年のせいだから仕方がない」とお考えではありませんか? いえいえ、これらは眼瞼下垂という病気による変化です。
まぶたを持ち上げる筋肉と上まぶたとの間は、腱膜という膜でつながれています。まぶたを持ち上げる筋肉が収縮すると、腱膜を介してまぶたを引っ張り、その結果まぶたが開きます。長年、まぶたを開け閉めしていると、腱膜とまぶたとの間のつながりが弱くなり、筋肉が収縮してもまぶたに力が伝わりにくくなります。
この状態を腱膜性眼瞼下垂といいます。

眼瞼下垂になると、意識しなくても眉を上げてものを見るようになり、額の皺が増えます。逆に言うと、額の皺が増えれば、眼瞼下垂が進行してきた可能性が高いのです。
研究が進み、腱膜性眼瞼下垂では、頭痛、肩こり、便秘、羞明(まぶしさ)、冷え性など、いろいろな症状を生じることがわかってきました。(なぜ、そのような症状を合併するかについては、発症機序が難しいので、外来でご説明しています)

治療方法は手術(眼瞼下垂手術は保険適応、入院が必要)です。手術を受けられると、まぶたが開きやすくなり、見やすくなるだけでなく、頭痛、肩こり、便秘の改善や、額の皺が減るなど、眼瞼下垂に伴う他の症状も良くなることが多いです。

「額の皺が増えた」、「まぶたが重い」、「原因のわからない頭痛や肩こりがある」などで、お悩みの方は、一度形成外科の外来に相談にお越し下さい。

上まぶたの形を変えたい

「まぶたを二重にしたい」、「目頭の形を変えたい」という希望をお持ちの方は多いと思います。
 二重の手術、目頭形成の手術は、患者さんが、手術後のできあがりをイメージすることは難しいので、手術に対して不安があると思います。

手術には、埋没法のように、手術後早期であれば、元のまぶたの形に戻すことができる手術と、切開法や目頭形成術のように、一度手術をすると、元に戻すことが難しい手術があります。また、患者さんのまぶたの形により、どの手術が適切かは異なります。二重の幅や、目頭の形など、手術では完全にコントロールできない部分があることも理解していただく必要があります。

これらのことを、十分にご説明してから、美容外科的な眼瞼手術を行っています。まぶたの形でお悩みの場合、気軽に、形成外科にお声がけ下さい。

上まぶたのシワを取りたい

上まぶたに関しては、眼瞼下垂を伴うことがほとんどですので、眼瞼下垂の手術時に同時にまぶたの皮膚を一部切り取ることで、シワは改善します。

上まぶたのシワ取りのみを行う場合、まゆ毛の下で皮膚を取る手術(眉毛下皮膚切開術)と二重の線で皮膚を取る手術(上目瞼除皺術)の2種類があります。局所麻酔で手術が可能です。詳細は外来にで医師が説明いたします。

下まぶたの「クマ」について

★クマと下まぶたのたるみの関係

 加齢に伴う下まぶたの変化は、皮膚がたるみ、色が濃くなるという、2つの変化が同時に起こることが多いです。「クマができた、濃くなった」とおっしゃって、美容外科にみえる患者さんが多いですが、実際には、下まぶたの皮膚がたるんだことと、下まぶたの皮膚が薄くなって静脈が透けて見えるようになったこと、それに加えてシミとが合わさってクマを生じます。

皮膚のたるみは微妙な光の影を生み、肌の色をより暗く感じさせます。丁度、この光の影の部分に下まぶたのシミはできやすく、さらにクマを際立たせるのです。

それでは、どのように治療すればよいのでしょうか?患者さんの下まぶたの状態により、治療の方法は異なりますが、本当はたるみとシミの両方を治療するのがよいのです。

たるみは、スキンケア、PRP治療、ヒアルロン酸治療、程度が強い場合には皺取り手術などにより、改善することができます。
シミはスキンケア、外用薬、内服薬、レーザー治療などを組み合わせて行うことで、色を薄くして維持できます。もちろん、いずれかの治療のみで良くできる場合もあります。

たるみとシミは、放っておけば、もっと目立つようになります。クマが気になりだしたら、一度診察を受けてみて下さい。

下まぶたのシワやたるみを取りたい

下まぶたのシワとたるみの治療は、シワやたるみの程度により、治療方法が異なります。

軽度の場合には、RF治療、ヒアルロン酸注射治療、ボトックス治療などが有効です。
  (詳しくは「しわとたるみ」のページをご覧ください。)

手術で下まぶたのたるみを取る場合には、弛んでしまった眼輪筋という筋肉を引き締めるのと同時に、皮膚を少しだけ切除します。手術による改善効果は大きいですが、手術をしないで済む程度のシワやたるみの場合には、他の治療法をお勧めしています。

下まぶたのシワやたるみにどの治療が適切かは、外来で医師が診断し、適切な治療内容をご説明します。お気軽に相談にお越し下さい。

眼瞼手術料金表

美容外科における保険診療適応外の自由診療に係る料金は伊那中央病院料金条例で定められています。
料金条例抜粋 別表第1(第4条関係) 
項    目 種   別 単位 金   額

美容外科診療料

眼瞼

埋没法重瞼術 両側 1件 90,000円
片側 1件 63,000円
切開法重瞼術 両側 1件 200,000円
片側 1件 140,000円
上眼瞼脂肪除去 両側 1件 120,000円
片側 1件 84,000円
目頭形成術 両側 1件 160,000円
片側 1件 112,000円
上眼瞼皺取り術
(眉毛下切開)
両側 1件 150,000円
上眼瞼皺取り術
(重瞼部切開)
両側 1件 160,000円
下眼瞼皺取り術 両側 1件 300,000円
片側 1件 210,000円
下眼瞼下制術 両側 1件 160,000円
片側 1件 112,000円
下眼瞼脂肪除去 両側 1件 120,000円
片側 1件 84,000円
その他の眼瞼術 両側 1件 200,000円
片側 1件 140,000円

























※料金条例及びホームページ上で掲載されている価格は税抜表示となっております。ご来院時の消費税率にて清算させていただきます。
料金一覧表はこちらから → https://www.inahp.jp/0300169.html#anc2982

リスクと副作用

埋没法手術について
△埋没法手術の限界:
埋没法による重瞼術は、二重を作りやすくすることが目的ですが、水平方向の皮膚のつつぱり具合や、皮膚、筋、脂肪の厚みなど二重のできにくくなる原因に負けて、二重が不十分になったり、消失したりする可能性があります。

▽術後の注意点・合併症:腫れは、2週間程度は残ります。氷ガーゼでクーリングを行うことにより、腫れが早く引きます。感染、血腫、皮下出血斑、角膜損傷、局所麻酔薬による中毒やアレルギーなどの合併症があります。アイメイク、コンタクトは1週間程度禁止です。コンタクト装着時にはまぶたを強く引っ張らないで下さい。術後3ケ月程度は、まぶたを強く擦ると、糸で作った癖が消失しやすいのでご注意下さい。

ヒアルロン酸注射について
▼ヒアルロン酸注射が向かない方:未治療のてんかんがある方、自己免疫性疾患がある方。ポルフィリアという疾患の方、スポーツをしていてドーピング検査を受ける可能性がある方
▼効果のリスク:ウルトラとウルトラプラスは1年程度ポリューマは2年程度とされています。ボリュームをさらに増やしたい場合、追加の治療はこの期間を待たずに行えます。なお、治療効果には個人差があります。
■ヒアルロン酸注射の合併症等:鈍針(先のとがっていない針、皮下で動かして少量ずつヒアルロン酸を広い範囲に注入できる)を用いて、皮下から骨の上に分散してヒアルロン酸を注入します。鈍針を挿入する部分には、局所麻酔をして、細い針で鈍針挿入用の穴を開けます。使用するヒアルロン酸は吸水力が大きく、1日位してから少し膨らむので、やや控えめの量を使用します。針の刺入部には小さな皮下出血を起こします。(1週間程度で改善)注射後1週間程度の期間、かゆみ、赤み、むくみ、硬結を生じることがあります。重大な合併症として血管塞栓による皮膚壊死、脳梗塞、失明の報告があります。


下眼瞼除皺術について
▼手術後のリスク:手術創部の赤味、硬さ、感覚の異常などは半年から1年程度残ります。細い傷跡が残り、わずかのしびれなどの症状は残ることがあります。手術効果は数年維持されますが、重力と加齢による再発は起こります。皮膚切除を大きく行う方が、簸の改善は著明ですが、切除しすぎると外反(下まぶたが外を向いてしまう)を生じます。

■手術の合併症と問題点:他の合併症として、下眼瞼から上眼瞼の腫脹、皮下出血の遷延、まれですが、顔面神経麻痺、感染、血腫、出血、創の癒合不全などを生じることがあります。

外科的手術について
▼手術のリスク:切開の大きさや場所により麻酔や術後の安静が必要な場合がありますが、その際は説明書により手術の目的、内容、注意事項などをご説明し、同意書をいただいた後に手術を行います。真皮縫合、皮膚割線等で傷が目立たない工夫をし十分に注意して施術いたしますが、絶対に安全な手術はありませんのでご理解をお願いします。
■合併症等について:血腫、感染、創の離間、埋没糸の露出、縫合糸膿瘍、肥厚性療痕、ケロイド(長期に渡り傷が赤く硬くなる)、内出血、皮下貯留、局所麻酔中毒、全身麻酔後の血栓塞栓症、局所麻酔薬による中毒やアレルギーなどを生じることがあります。

外用薬による治療について
▼リスク:効果には個人差があります。まれに肌に合わない場合があります。異常を感じたらすぐ医師にご相談ください。
ページの先頭へ
ページ早見表