救急担当医募集

救急担当医募集

救急措置

当院の救命救急センターに勤務する医師を複数名募集します。
 
当院は、平成24年4月から厚生労働省より救命救急センターに指定され、1次から3次救急患者に対し救急医療、高度医療を提供しています。平成25年秋にはCT、ICUなどを併設した救命救急センターが増築されました。

 救急専従医9名(うち、救急医学会専門医5名)、専従看護師30名のほか、看護師長、薬剤師、検査技師、放射線技師との当直体制で、24時間365日救急対応をしています。救急患者には常時2名の医師が対応します。

ICU
救急科からの入院は、集中治療室4床と救急用病床10床があります。専門的治療を要する場合は、オンコール体制の各診療科医師が対応します。3次救急患者に対しては、救急部医師が診療科医師とともに治療に当たります。
 




平成28年度の救急来院患者は1日平均約43人、うち救急車での搬送約8.1人、入院約7.9人、救急ヘリ搬送月平均約5.2回です。(救急患者数は、15,707人/年、救急車受入は2,959件/年)

 

災害時医療
日本救急医学会救急科専門医指定施設にに認定されており、、職員教育に当たり、地域のメディカルコントロール協議会と連携して救急救命士の実習指導をしています。信州大学救急医学教室との症例検討会、テレビ電話による患者検討も行っています。

救急治療の各種コースへの参加やPTLS、ICLS、JPTEC、ITLS、PALS、BLS、ISLSなどの各種講習を開催をしています。災害拠点病院として、災害時の医療、DMATチーム派遣を行います。

伊那中央病院の詳細についてはホームページをご覧ください。施設見学はいつでも可能です。

応募資格

医師免許取得者
現在の専門領域も、経験年数も問いません。後期研修医も歓迎します。

身分・待遇


 
地方公務員(地方公務員共済組合に加入)
給与 : 伊那中央行政組合の条例による。期末勤勉・扶養・通勤・住居・時間外勤務・当直の手当あり。年次有給休暇あり。
学会・研修等への出席、海外学術発表・海外研修等への補助あり。宿舎あり。
ページの先頭へ
ページ早見表