麻酔科
麻酔科では外科系医師ならびに手術室看護師の協力を得て、患者さんに安全と標準以上の医療を提供し、スタッフから信頼される麻酔科を築き上げるよう努力しています。
 
麻酔の種類には全身麻酔と局所麻酔があります。
 
全身麻酔は麻酔薬の作用点が脳であり意識がなくなります。いわゆる「眠っているうちに」手術が終わります。主に吸入麻酔と静脈麻酔があり、適宜2つを組み合わせて施行します。ほとんどが眠った後に口から気管へ呼吸の管を入れて行う気管内麻酔で、長時間手術も可能です。
 
局所麻酔は作用点が脊髄と末梢神経であり意識は保たれます。脊髄くも膜下麻酔(腰椎麻酔)、硬膜外麻酔、末梢神経ブロックなどがあります。腰椎麻酔は、麻酔の針を腰椎の隙間から進めて脊髄を包んでいる硬い膜の中の脳脊髄液に麻酔薬を入れて下半身に痛みを感じなくさせます。硬膜外麻酔は文字通り硬い膜の外に麻酔薬を入れます。その場所に細い管を入れて反復して薬を注入する持続硬膜外麻酔は、長時間手術や手術後の痛み止めに使います。
 
このような方法による麻酔の目的とは手術侵襲(ストレス)から患者を守ることです。そのために血圧・呼吸状態などを随時観察し、麻酔薬の濃度や輸液量の調節などを行い手術が安全に行えるようにしています。手術後の痛みが強いと痰を出せなかったり、眠れなかったりするので全身麻酔の補助として持続硬膜外麻酔などを併用して痛みを少なくするようにしています。適切な麻酔方法を選択するために手術前に患者を訪問して情報を得るようにも努めています。
 
ペインクリニックの「ペイン」とは痛みのことです。痛みの悪循環を断つために主に「神経ブロック」という治療法を行っています。短所は針を刺さなければならないことや、血管や神経を傷つけないよう慎重に行うので時間がかかることです。
 

麻酔科診療体制・責任体制

1 スタッフ

医師名 専門領域 所属学会
副院長
診療部長・麻酔科部長
笹尾 潤一
麻酔・ペインクリニック・緩和ケア
日本麻酔科学会専門医・指導医
日本ペインクリニック学会専門医
 信州大学医学部臨床教授
日本麻酔科学会
日本ペインクリニック学会
アメリカ麻酔学会
日本臨床麻酔学会
日本緩和医療学会
部長
篠原 顕治
麻酔・ペインクリニック
日本麻酔科学会専門医・指導医
日本ペインクリニック学会専門医
日本麻酔科学会
日本臨床麻酔学会
日本ペインクリニック学会
アメリカ麻酔学会
日本緩和医療学会
部長
白鳥 徹
集中治療・救急・麻酔
日本集中治療医学会専門医
日本麻酔科学会専門医・指導医
日本輸血・細胞治療学会認定医
診療情報管理士
日本内科学会
日本集中治療医学会
日本呼吸療法医学会
日本呼吸器学会
日本透析医学会
日本麻酔科学会
日本輸血細胞治療学会
嘱託医師
白井 清彦
麻酔
 

 

2 基本方針

平成15年4月に伊那中央病院開院以来、約800件だった麻酔科管理症例は次第に増え、平成26年度は約2,100件になりました。
増加している予定手術麻酔に加え、緊急手術麻酔も多く、3人の常勤と1人の嘱託の麻酔科医師では足りないため、信州大学麻酔・蘇生学教室の応援を受けています。各科医師ならびに手術室看護師の協力を得て、患者に安全と標準以上の医療を提供し、スタッフから信頼される麻酔科を築き上げるよう努力します。

3 責任体制

1) 主治医、担当医、研修医

現在の当院麻酔科では担当医は全員麻酔専門医です。しかし、当院麻酔科は非常勤・常勤若手麻酔科医、初期研修医、後期研修医の教育を期待されていますので、研修医を含めた非専門医が担当、専門医が指導することもあります。

2) 診療管理責任者の回診

麻酔前回診は原則として麻酔担当医が行っています。麻酔前評価と麻酔方法は毎朝、麻酔科カンファレンスを開いて最終確認しています。主治医からの問題症例に関する事前のコンサルトは麻酔科責任者に連絡していただき、必要あれば麻酔科カンファレンスにて検討後、麻酔科の考えと術前指示を主治医へお答えしています。

3) 休日の回診

原則として休日でも麻酔担当医または当番医が麻酔前回診と麻酔後回診を行います。

4) 不在時の対応

緊急手術の麻酔の対応と麻酔前後患者管理のために、麻酔科拘束体制は当番医師が1時間以内に病院に到着できるようにしています。  

4 週間スケジュール

ペインクリニック、緩和ケア、呼吸ケア担当時以外は麻酔業務です。

6 業績・論文発表

業績 麻酔集中治療関係

年月
 学会名
演題名
発表者
2006年
9月
日本麻酔科学会関東甲信越・東京支部合同第46回学術集会 術前回診時に発見した原発性アルドステロン症の1症例 白鳥徹
篠原顕治
笹尾潤一
柴田達彦
2007年
9月
日本麻酔科学会関東甲信越・東京支部合同第47回学術集会 先天性血液凝固第12因子欠乏症患者の1症例 白鳥徹
篠原顕治
笹尾潤一
2008年
11月
日本臨床麻酔学会第28回大会 周術期に関連した空気塞栓による脳梗塞の2症例 白鳥徹
篠原顕治
2009年
7月
第18回日本集中治療医学会関東甲信越地方会 大腿骨骨折後、意識障害をきたした2症例 白鳥徹
2009年
10月
日本臨床麻酔学会第29回大会
 
ディプリバンによる致死的アナフィラキシーショックの1症例 白鳥徹
石田高志
篠原顕治
笹尾潤一
2010年
3月
第37回日本集中治療医学会学術集会 当院におけるG群溶連菌の検出状況と劇症型G群溶連菌感染症例の検討 白鳥徹
2010年
6月
第7回麻酔科学サマーセミナー 当院における手術室運営と超過勤務 白鳥徹
2010年
8月
第19回日本集中治療医学会関東甲信越地方会 麻酔覚醒時に気付いたスノーボード外傷による脂肪塞栓症の一例 白鳥徹
2010年
11月
第131回日本輸血・細胞治療学会関東甲信越支部例会 稀な不規則抗体が検出された予定手術患者の1例 白鳥徹
藤澤慶子
飯島達哉
宮原祥子
2011年
4月
第59回日本輸血・細胞治療学会総会 当院における5%アルブミン製剤の使用状況の検討 白鳥徹
2011年
5月
第58回日本麻酔科学会学術集会 当院におけるレミフェンタニルの使用状況に関する検討 白鳥徹
篠原顕治
笹尾潤一
堀綾
2011年
9月
麻酔科学会関東甲信越・東京支部第51回合同学術集会 高度に狭窄していた頚髄症患者の一例
 
白鳥徹
篠原顕治
笹尾潤一
堀綾
2011年
11月
日本臨床麻酔学会第31回大会 植込み型除細動器装着患者の腹腔鏡下胆嚢摘出術の麻酔経験 篠原顕治
笹尾潤一
白鳥徹
2012年
2月
第39回日本集中治療医学会学術集会 大量輸血したエンドキサンによる出血性膀胱炎の一例 白鳥徹
2012年
9月
麻酔科学会関東甲信越・東京支部第52回合同学術集会 術中の低酸素症を契機にOsler Weber Rendu病を疑った一例Severe hypoxia during general anesthesia:A case of Osler-Weber-Rendu disease 近藤菜穂子
白鳥徹
篠原顕治
笹尾潤一
2013年
2月
第40回日本集中治療医学会学術集会 デキストランによるアナフィラキシーショックの一例 白鳥徹
近藤菜穂子 
2013年
5月
第61回日本輸血・細胞治療学会総会 頭蓋内出血に対し、輸血バックと輸血フィルターを用いた回収式自己血返血回路を作成し、ベットサイドで自己血輸血した一症例 白鳥徹 
2013年
10月
Annual Meeting of American Society of Anesthesiologists  Lumbar Epidural Anesthesia Dose Not Affect the Suppressive Effect of Landiolol on Endotracheal intubation-Induced Tachycardia.  笹尾潤一

論文業績 論文種類:原著論文/症例報告

年月
  
論文名
発表者
2010年
8月
内科(0022-1961)106巻2号Page371-374 ディプリバンによる、冠動脈攣縮を伴った致死的アナフィラキシーショックの1例 白鳥徹
北林浩
福沢正男
関村紀行
笹尾潤一
2011年
8月
臨床麻酔(0387-3668)35巻8号Page1243-1245 麻酔覚醒時に脳出血を生じたGalen大静脈瘤塞栓術の麻酔経験 白鳥徹
大畑淳
2012年
4月
臨床麻酔(0387-3668)36巻4号Page663-664 脂肪塞栓症の急性期に手術を施行した大腿骨骨幹部骨折の1例 白鳥徹
篠原顕治
笹尾潤一
2012年
7月
日本集中治療医学会雑誌(1340-7988)19巻3号Page401-404 劇症型G群レンサ球菌感染症の一症例と薬剤感受性に関する検討 白鳥徹
畑谷芳功
白澤由加里
野口慶子
2013年
3月
臨床麻酔(0387-3668)37巻3号Page553-554 先天性血液凝固第XII因子欠損患者にFFP補充療法なしに手術を行った1例 白鳥徹
近藤菜穂子
篠原顕治
笹尾潤一
堀綾 
2014年 麻酔2014;63:686-688 軟骨無形成症合併妊娠の帝王切開の麻酔経験 白鳥徹
笹尾潤一

発表業績 緩和ケア関係

年月
   
発表者
2011年
6月
 
日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集16回Page500
論文種類:会議録
緩和ケアチームへのリハビリスタッフの介入を目指して アンケート調査の結果から 吉田園美、竹内信道
笹尾潤一、有賀正利
塚田恵、伊藤礼子
田中真弓、小松美雪
伊藤みさき、宮坂秀子
2011年
6月
 
日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集16回Page484
論文種類:会議録/事例
家族の予期悲嘆から生じた患者・家族間の心理的葛藤を軽減できた一例 伊藤礼子、笹尾潤一
竹内信道、小岩井慶一郎
伊藤陽一、伊藤賢治
伊藤みさき、近藤俊彦
松崎由希子、井上香織
北原秀樹
2012年
6月
 
日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集17回Page367
論文種類:会議録
緩和ケアチーム薬剤師と専従看護師による「薬剤ラウンド」の評価 伊藤陽一、伊藤賢治
伊藤礼子、笹尾潤一
竹内信道、篠田充功
2012年
6月
 
 
日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集17回Page318
論文種類:会議録/症例報告
 
がん患者の子供への支援についての検討 伊藤礼子、近藤俊彦
松崎由希子、笹尾潤一
竹内信道、篠田充功
2012年
6月
 
日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集17回Page315
論文種類:会議録
手術目的で入院する患者への「つらさと支障の寒暖計」調査 田中真弓、竹内信道
吉田園美、笹尾潤一
伊藤礼子
2012年
12月
信州医学雑誌(0037-3826)60巻6号Page420-421
論文種類:会議録
放射線治療医が院内緩和ケアチームに関与する意義 小岩井慶一郎、笹尾潤一
竹内信道、岩田研司
伊藤陽一、伊藤賢治
伊藤礼子、小松美雪
宮坂秀子、吉田園美
近藤俊彦、平澤史織
2013年
6月
 
日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集18回Page389
論文種類:会議録
患者にとっての食の意義 希望を支える食 伊藤礼子、笹尾潤一
竹内信道、篠田充功
藤原利勝、伊藤みさき
小松美雪、吉田園美
宮坂秀子、富田雅俊

2013年
6月

日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集18回Page309
論文種類:会議録
緩和医療チームに求められている責務の変化について 竹内信道、伊藤礼子
吉田園美、笹尾潤一
伊藤みさき、伊藤賢治
宮本宏美、伊藤陽一
篠田充功、近藤俊彦
松崎由希子 

2014年
6月

日本緩和医療学会学術大会第19回 子育て世代のがん患者に対する支援について 吉田園美、竹内信道
笹尾潤一、伊藤礼子

麻酔科:診療カレンダー

ページの先頭へ
ページ早見表