眼科

お知らせ

眼科外来では、当日の外来受付時間を11時までとさせていただいています。
 
ご迷惑をお掛けしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。
眼科で扱う病気は眼とその周辺の疾患で、眼球、睫毛(まつげ)や眼瞼(まぶた)、眼を動かす筋肉や神経、それに視神経などです。

現在、常勤医は2名、看護師1名、視能訓練士2名、OMA(Ophthalmic Medical Assistant)1名、看護助手1名、医師事務補助1名の計8名で外来診察、検査、手術を行っています。

外来診察は、原則として月曜日から金曜日の午前中です。
水曜日は手術日となるため信大医師による診察を行っています。
水曜日以外の午後は、特殊検査、処置やレーザー等の治療予約となっていますが、他科併診棟の都合があれば可能な限り診察をしています。
また、お子さんの検査は静かな環境が必要なため、午後にお願いしています。

眼科外来を受診するとまず眼圧と視力を測ります。
これは内科や外科を受診したときに体温や血圧を測るのと同じことで眼の基本的な検査になります。
この眼圧が高ければ緑内障などの疾患が疑われ、 眼底検査や視野検査が必要となります。
また、視力検査で視力が悪ければ様々な眼の病気を疑い検査を進めていきますが、ここでひとつ注意が必要なのは「視力が悪い」というのは「矯正視力(眼鏡やコンタクトレンズで測った視力)が悪い」という意味です。
白内障や眼底出血などの病気があればどんな眼鏡をかけても見えるようにはなりません。
逆に裸眼視力(何もしないで測った視力)が悪くても矯正視力が良ければ重症な眼の病気の心配はまずありません。
とはいえ、裸眼視力を良くしたいという希望は眼鏡やコンタクトレンズを使っている人ならば誰でも持っていると思います。

最近はレーザー光線を使った屈折矯正手術(一般的には近視治療として知られています)が進歩し、有名スポーツ選手などが治療を受け、良い成績をあげています。
しかし、治療の器機の購入と維持に大変お金が掛かるため需要の多い都市部で行われているのが現状です。
今のところ保険適用もありません。
ですが将来、屈折矯正手術もできるような眼科に発展できればと思っています。

1.スタッフ

部長
小島 秀伸
眼科、日本眼科学会専門医 日本眼科学会
日本臨床眼科学会
日本眼科手術学会
日本網膜硝子体学会
医員
髙野 大樹
眼科 日本眼科学会
日本網膜硝子体学会
眼科看護師1名
視能訓練士2名

2.基本方針ならびに概要

当科では、科の性格上特に診療分野を限定せず眼科一般について受け付けている。
医師が2人の体制であるため自ずと診療範囲には限界が生まれるが信州大学医学部眼科学教室の関連病院として、信州大学医学部付属病院眼科および信州大学医学部関連病院の眼科と連携を取り診療にあたっている。
また、病診連携を推進し地域の眼科医院との連絡を密にし地域医療の一端を担うよう努めている。

医師を含め眼科スタッフ間で情報共有を常に行い、患者さんに寄り添った対応を心がけている。

外来の診療機器として、細隙灯顕微鏡、OCT(光干渉網膜断層計)、光干渉眼軸長測定器、スペキュラーマイクロスコープ、自動視野計、ゴールドマン視野計、超音波検査、網膜電位図、眼底カメラをイメージネットシステムに接続し、眼の状態や検査結果をその場ですぐに説明できるようにしている。
レーザー装置ではマルチカラーレーザー、YAGレーザーがあり、処置スペースには処置用顕微鏡と専用の処置椅子を備えている。

手術は白内障の手術が最も多く、その他緑内障や外傷、前眼部の手術を行っている。
入院患者は手術患者が主であるが、新病院となって高気圧酸素装置が導入されたため網膜動脈閉塞症の患者も受け入れ可能となっている。

3.診療責任体制

① 主治医、担当医、研修医について
眼科医師は2名のため、眼科スタッフと連絡を密にしてチーム医療を心がけていく。
また、卒後研修プログラムの中で眼科研修を希望する研修医があれば眼科知識が幅広く吸収できるように配慮する。

② 診療管理責任者の回診
平日は午後、眼科外来にて諸検査と回診を行う。
術後の患者については、手術翌日の朝、病棟にて回診を行う。
また、重症な患者さんについては必要に応じて朝と午後の1日2回回診を行う。

③ 休日、時間外の回診
重症な入院患者については休日も回診を行う。
病棟スタッフから医師へ常に連絡が取れるようにし、急変時にも対応する。
救急患者については救急外来からコンサルトがあれば対応する。

④ 不在時の対応
不在になる場合は病棟、救急センターに連絡し電話等で対応できるよう所在を明らかにしておく。
電話だけで対応できない救急患者については、他病院眼科あるいは大学病院眼科にお願いする。

眼科:診療カレンダー

ページの先頭へ
ページ早見表