循環器内科
循環器内科の対象疾患としては主に虚血性心疾患(狭心症・急性心筋梗塞)、心不全、高血圧、不整脈、心臓弁膜症、心筋症などがあげられます。 狭心症とは心臓の筋肉を養う冠動脈という血管に狭窄が生じる病気です。狭心症の初期症状としては主に労作時の胸痛が一般的です。
 診断のための検査としては、安静時心電図、心臓エコー検査、運動負荷心電図などがありますが現在のところ最終的な各摘心団には、心臓カテーテル検査という血管造影検査が必要になります。
 当科では特に狭心症・急性心筋梗塞の急性期の診断・治療に力を入れております。急性心筋梗塞などまさに一刻を争う病態に24時間対応できる体制を整えています。具体的には緊急の心臓カテーテル検査によって診断を迅速に行い、薬物療法(血栓溶解剤)、カテーテル治療(バルーン治療、ステント治療など)などの治療で狭窄あるいは完全に閉塞した冠動脈の血行再建術を行っています。またより重症の心筋梗塞(ショック状態など)に対応するため昨年よりPCPSといういわゆる人工心肺の装置も導入しています。 また心臓の手術が必要な患者さんには現在当院には心臓血管外科の医師がいないため、主に近隣の岡谷塩嶺病院、諏訪赤十字病院あるいは信州大学付属病院の心臓血管外科と連携をとり対応できる体制になっています。
 狭心症のような動脈硬化に関連する病気はいくつかの危険因子を持っている方がなりやすいと言われています。具体的には、高血圧、喫煙、脂質異常症(高コレステロール血症)、糖尿病、肥満などがあげられます。当科では病気の予防あるいは再発予防のためにも危険因子の治療にも力をいれています。高血圧のみではなくコレステロールの治療、糖尿病の治療にも対応しておりますのでご相談ください。

1.スタッフ

医師名 専門領域 所属学会
部長
北林 浩
循環器内科 日本内科学会
日本循環器学会
日本心臓病学会
日本心血管インターベンション治療学会
日本クリニカルパス学会
日本心臓リハビリテーション学会
日本臨床救急医学会
主任医長
小田切 久八
 
循環器内科
日本内科学会認定内科医
日本内科学会認定総合内科専門医
日本循環器学会専門医
日本内科学会
日本循環器学会
日本心臓病学会
日本心血管インターベンション治療学会
主任医長
竹内 崇博
循環器内科
日本内科学会認定内科医
日本循環器学会専門医
日本不整脈学会専門医
ICD/CRT 研修修了
日本内科学会
日本循環器学会
日本不整脈心電学会
医員
中村 千枝
循環器内科
日本内科学会認定内科医
日本内科学会
日本循環器学会
日本心血管インターベンション治療学会
医員
由井 寿典
循環器内科
日本内科学会認定内科医
日本内科学会
日本循環器学会

2.基本方針ならびに概要

 伊那中央病院循環器内科では、虚血性心疾患、心不全、弁膜疾患、不整脈、心筋症などの心疾患、動脈瘤や深部静脈血栓症などの血管疾患、肺塞栓症などの肺疾患、ならびに循環器系疾患の危険因子となりうる高血圧症、高脂血症、糖尿病などの全身性疾患に対し診断・治療をおこなっている。診断から治療に至るまで当院にて行うことを基本姿勢としているが、当院には心臓血管外科医の常勤医がいないため、外科的治療を要する疾患、ならびに外科症例がないため施設認定がとれず当院にて施行不可能な治療手技を要する症例については、心臓血管外科を有する近隣の諸施設に紹介し治療をおこなっていただいている。またコントロール困難な糖尿病などについては当院内科等該当診療科に適宜院内紹介し、専門医による治療をお願いしている。
 診断・治療に際しては、十分なインフォームド・コンセント、ならびにEBM(Evidence Based Medicine)に基づいた治療を行うことを基本方針としているが、高齢者の患者比率が高い当科では、EBMに漠然と準拠して治療することが必ずしも患者の利益になるとは限らないと考えている。個々の患者の状態、ならびに社会的背景なども鑑みて、看護部などCo-medicalとのカンファレンスなども行いつつ治療方針を検討している。
 緊急症例に対しても365日24時間体制で対応している。当院は救急部が救命救急センターとして専属医師、看護師が配置されるなど実務的にも独立し、これにより救急に対する対応が飛躍的に向上した。現実的に真の24時間対応が可能となり、時間外でも循環器救急に対する適切なスクリーニングがかけられるようになっている。循環器スタッフは現在3名であるが、循環器当番として必ず1名は救急症例に対し迅速に対応できるよう待機している体制をとっており、救急医療センターとの連携は、急性冠症候群に対して同一のマニュアルを使用するなど、円滑に行われている。またCo-medicalも同様に24時間体制で緊急カテーテル治療などの緊急治療に対応する体制を整えている。さらに新病院移転後からCCU(ICUを兼ねる)が開設され、重症患者へのより質の高い管理、治療が可能となった。PCPS、IABP、CHDF等の補助循環装置も常備しており、常勤の臨床工学士の協力の下適切な管理が可能であり、実際に救命症例の実績をあげている。
 一方で、循環器内科は対象とする疾患の性格上、治療学に対する比重が高くなる傾向にあるが、内科領域の一分野として循環器(内)科を位置づけると、「悪くなるまえに予防する」「再発をふせぐ」ことが非常に重要であると考えられる。高齢化社会を迎え、保険医療制度の負担、ひずみも問題となってきており、その観点からも、一次予防、二次予防の重要性を見失わないよう努めている。
 

3.診療責任体制

(1) 主治医、担当医、研修医について

診療体制は主治医制をとっており、受け持ち患者の診療への責任をもつ。しかしながら、循環器疾患は救急対応が必要となることが少なからずあり、このためスタッフ間で定期的カンファレンスを持ち、診療情報を共有することにより緊急時に循環器チームとして対応できるような体制をとっている。研修医が担当医となる場合もあるが、その際は必ずスタッフが一名主治医として指導、担当することとしている。

(2) 診療管理責任者の回診

外来、検査との兼ね合いから、スケジュール上は週2日(半日)しか回診日をとれないのが現状である。当然これのみでは不足であり、必要に応じて主治医以外の循環器スタッフが臨時で診察したり、主治医が診察の合間や時間外に随時回診している。

(3) 休日、時間外の対応

救急患者に対しては、循環器当番医を一名決めており、その当番医が対応する体制をとっている。緊急カテーテル検査の際はカテーテルの当番医を更に招集し、検査・治療を行っている。入院患者については、原則として主治医が対応する。

(4) 不在時の対応

学会等がある場合も、スタッフのうち少なくとも一名は残るような体制をとっている。
 

循環器内科:診療カレンダー

ページの先頭へ
ページ早見表