お知らせ| 伊那中央病院 メディカルシミュレーションセンター | 伊那中央病院

お知らせ

キッズ メディカル セミナー を開催しました

2018年08月06日

 メディカル シミュレーション センター では、7月28日(土曜日)に「キッズ メディカル セミナー 2018」を開催しました。
 セミナーには上伊那地域の小学生21名が参加し、人命救助や超音波検査などの体験や、腎臓の働きなどについて学び、医療への興味や関心を深めました。
 
人命救助の体験をしました   腎臓の働きを学びました
 
超音波検査を体験しました   赤ちゃんの沐浴と抱っこを体験しました
 
薬剤師さんの仕事を体験しました   センター長から全員に受講証が手渡されました

認知症と糖尿病予防ハンズオンセミナーを開催しました

2018年08月03日

 平成30年7月25日に、当院の専門医と専門スタッフによる「認知症と糖尿病予防 ハンズオンセミナー」を開催しました。上伊那地域内外から医療・介護従事者ら15名が受講し、認知機能へのアプローチを中心に認知症患者の糖尿病予防について、基本技能と知識を習得しました。

【研修内容】講義1 演題:「糖尿病と合併症予防」
          講師:内科主任医長 佐久間 孝弘 医師
      講義2 演題:「認知症と糖尿病」
          講師:脳神経内科部長 清水 雄策 医師
      講義3 演題:「認知症患者さんの栄養療法/おやつの摂取方法や種類など」
          講師:管理栄養士 小口 まゆみ/認知症看護認定看護師 有賀 つばさ
      講義4 演題:「認知症患者さんの運動療法/楽しく運動できるエクササイズ
          講師:理学療法士 松澤 史樹/認知症看護認定看護師 有賀 つばさ
佐久間 医師 清水 医師 有賀 認定看護師

日本母体救命システム普及協議会(J-CIMELS)公認講習会を開催しました

2018年07月24日

 7月22日(日曜日)に日本母体救命システム普及協議会(J-CIMELS)公認講習会を開催し、県内の周産期医療施設の産婦人科医師、助産師、看護師ら18名が受講しました。
 今回は、限られたスタッフしかいない一次施設での急変発生現場で第一発見者のなすべき初動を、シナリオシミュレーションを通じて学ぶベーシックコースで、書籍『母体急変時の初期対応 第2版』に基づき、妊産婦・産褥婦の特殊性を考慮した心肺蘇生法等を含むトレーニングを行いました。

「ブラック・ジャックセミナー2018」参加者募集

2018年06月29日

参加申込みは定員に達しましたので、受付を終了しました。(7月12日)

 伊那中央病院では、ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社様との共催により、中学生・高校生を対象としたブラック・ジャック セミナーを開催いたします。
 このセミナーは、最新の治療体験を通じて、将来を担う子どもたちに医療への興味を抱いてもらう機会となることを目的としています。
 
概要
開催日:2018年8月25日(土)
時 間:13時00分 ~ 16時30分
会 場:伊那中央病院 南棟2階
    メディカルシミュレーションセンター
対 象:中学生・高校生
定 員:20名
内 容:手術室見学、最新医療機器体験、
            手術縫合体験、自動吻合器・縫合器体験、内視鏡トレーニング体験、シミュレータ体験
        
申込方法
以下の申込書に必要事項をご記入いただき、メール、FAXまたは郵送にて事務局までお申し込みください。
院内の総合案内でも申込書の配布、受付を行っています。
→ ダウンロード  チラシ(PDF:114KB)
   申込書(PDF:91KB)
 申込書(Word:21KB)
申込受付期間:7月2日(月)~ 7月20日(金)
参加申込みは定員に達しましたので、受付を終了しました。(7月12日)
※  受付は先着順とさせていただきます。
お申込みいただきましても、定員の都合によりお断りさせていただく場合がございますのでご了承ください。
 
事務局
〒396-8555 長野県伊那市小四郎久保1313番地1
伊那中央病院 メディカル シミュレーションセンター
 
【お問い合わせ・お申込み】
経営企画課 企画係(担当:穴澤)
TEL:0265-72-3121(内線2234)
FAX:0265-78-2248
E-mail:bjseminar@inahp.jp

施設利用等の申請書様式が変更になりました。

2018年05月14日

メディカルシミュレーションセンターを利用する場合の各種申請書の様式が、5月から変更になりました。
新しい様式で申請いただきますようお願いします。(iMSC事務局)

申請書のダウンロードページはこちら

新人看介護向け技術研修会を開催しました

2018年03月16日

 平成30年3月15日に「新人看介護向け技術研修会」を開催し、上伊那地域内外から23名の新人看護師さんらが受講されました。
 この研修会は、基本看護技術について網羅的な基礎スキルを習得していただくために、シュミレーターを用いた演習方式により行いました。


【研修内容】
 ①吸引療法・経管栄養法
 ②清潔・衣生活援助・ストーマ
 ③創傷無菌操作・膀胱留置カテ管理
 ④点滴静脈注射法・針刺し防止対策
 ⑤フィジカルアセスメント
 ⑥輸血準備と輸血管理
 
    ①-1吸引療法 講義
 
①-2経管栄養法 講義   ②清潔・衣生活援助・ストーマ 講義
 
③創傷無菌操作・膀胱留置カテ管理 講義   ④点滴静脈注射法・針刺し防止対策 講義
 
⑤フィジカルアセスメント 講義   ⑥輸液準備と輸血管理 講義

“救急エコー”&“腹部エコー”ハンズオンセミナーを開催しました

2017年12月21日

 平成29年12月9日に iMSC超音波を親しむ会共同企画として「“救急エコー”&“腹部エコー”ハンズオンセミナー」を開催しました。

 第1部【救急エコーを学ぶ】
 「FAST法・RUSH法の救急超音波で何を診るか」 13:00~14:30
  製品機能紹介:レールダルメディカルジャパン㈱ 前田 裕介 先生
  アドバイザー:伊那中央病院 救急科 中原 光三郎 医師

 第2部【腹部エコー検査を学ぶ】
 「対応が急がれる腹部エコーのポイントとは」 15:00~16:30
  講師:飯田市立病院 消化器内科部長 兼 内視鏡センター長 岡庭 信司 先生

 受講者 検査技師13名、放射線技師2名、研修医2名、救急救命士1名、開業医1名 計19名

新しいシミュレーション機器を導入しました。

2017年12月05日


大腸内視鏡トレーニングモデル
新しい訓練機器が導入されました。

機器一覧よりご覧ください。

口腔ケア&タスクトレーニング研修会が開催されました

2017年11月29日


 平成29年11月26日に 公益社団法人 長野県介護福祉士会 南信支部 主催による「口腔ケア&タスクトレーニング研修会」が、当院のメディカル シミュレーションセンターを会場に開催されました。

 講 義
 「適切な口腔ケア」 13:00~13:50
  講師:伊那中央病院 看護部 池上 敦子 認定看護師

 タスクトレーニング・ハンズオン研修 14:00~15:00
  講師:伊那中央病院 池上 敦子 認定看護師・堺澤 彩 言語聴覚士 ほか

 参加者 25名

iMSC施設利用推進強化月間セミナーの活動報告

2017年11月16日

 伊那中央病院 メディカル シミュレーション センター では10月を施設利用推進月間として、下記のとおり地域医療者向けの各種セミナーを開催しました。
 近年クローズアップされている「認知症とリハビリ療法」を含めたシチュエーションベースのトレーニングや「産科の危機的出血対応研修」、座学とタスクトレーニングを取り入れたフィジカルアセスメント研修など、いずれも医療人の資質向上を図るための研修を行いました。
 



活動報告
開 催 日 セ ミ ナ ー 名 講     師 参加者
 10月  4日
 水曜日
認知症とリハビリ療法 神経内科部長 清水 雄策 医師他 19名
 10月  6日
 金曜日
呼吸と循環のアセスメント 統括福院長 北澤 公男 医師他 14名
 10月10日
 火曜日
ナーシングPOT 救急救命東京研修所
 教授 南 浩一郎 先生
18名
 10月13日
 金曜日
産科危機的出血への対応 産婦人科主任医長 原 きく江 医師他 22名
 10月17日
 火曜日
摂食・嚥下障害の評価と口腔ケア 歯科口腔外科 矢島 淳一 医師他 19名
 10月20日
 金曜日
体液・電解質のバイタルサイン 救急科 医長 大橋 慎一郎 医師他 15名
 10月24日
 火曜日
急変対応型シナリオトレーニング
(初級)
救急科 医員 中原 光三郎 医師他 14名
 10月27日
 金曜日 
皮膚ケアとシーティング 皮膚潰瘍外来 山口 梨沙 医師他 16名

報告1-2(PDF:284KB)

報告3-4(PDF:354KB)

報告5-6(PDF:321KB)

報告7-8(PDF:315KB)

詳しくは平成29年度iMSC施設利用推進強化月間研修会実施報告書をご覧ください。

実施報告書はこちらから(PDF:1.43MB)
ページの先頭へ
ページ早見表