お知らせ

認知症と糖尿病予防ハンズオンセミナーのご案内

2018年06月22日

 伊那中央病院メディカルシミュレーションセンター(iMSC)では、下記のとおり「認知症と糖尿病予防」をテーマとした、地域医療向けセミナーを開催する運びとなりました。
 近年話題の初期認知症を含め、軽度~重度認知症患者の糖尿病予防について、専門医と専門のスタッフを講師とし、受講者と一緒になって食事療法や運動療法について考えていきたいと思います。 

1 日  時  平成30年7月25日(水)10時~15時(受付開始9時)
2 場  所  伊那中央病院 本館2階 講堂
3 受講者数  40名(先着順)(まだ余裕があります!)
4 受講対象  看護師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・栄養士・介護スタッフ・
        保健師など全ての職種の方
5 参加費用  2,000円(半日1,000円)
6 内  容  講義①「糖尿病と合併症予防」
        講義②「認知症と糖尿病」
        講義③ ハンズオン「認知症患者さんの栄養療法」
        講義④ ハンズオン「認知症患者さんの運動療法」
7 申込期限  平成30年7月6日(金曜日)必着(受付期間を延長しました。)
8 申込方法  当センターホームページのお問合せ画面からお申込ください。
        ※http://www.inahp.jp>メディカルシミュレ-ションセンター> お問合せ
        「お問い合わせ項目」欄に「認知症と糖尿病予防研修申込み」、他必要事項を入力
                          →「入力確認」→「送信する」をクリック→送信確認画面が表示され終了


チラシダウンロードはこちら(PDF:598KB)

キッズ メディカルセミナー 参加者募集

2018年06月01日

 当院では医療技術の向上と様々な環境下での対応能力の向上を目指し、各種の高度な医療訓練機器を配備したメディカルシミュレーションセンターを運営しております。
 この度、伊那中央病院メディカルシミュレーションセンターでは、小学校4~6年の児童のみなさんを対象に、シミュレーター機器の使用体験等を通して、人間のからだのしくみを学び、病院で働く多職種の職員が担っている医療について、関心をもってもらうことを目的に標記セミナーを開催します。

1 日  時  平成30年7月28日(土曜日) 13時~16時
2 会  場  伊那中央病院 南棟2階 メディカルシミュレーションセンター
3 内  容  シミュレーター機器、医療機器等の使用体験 ほか
4 申込期間  平成30年6月1日(金)~6月29日(金)絶賛受付中!お早めにどうぞ。
        ※申し込み先着順で、定員(25名)になり次第締め切らせていただきます。
5 申込方法  参加申込書に必要事項をご記入いただき、FAX・郵送またはEメールにて事務局まで
                       お送りください。
6 お問い合わせ先  キッズメディカルセミナー事務局
           電話:0265-72-3121(内線2234)
           FAX :0265-78-2248
           Mail:seminar@inahp.jp



開催チラシ(PDF:992KB)
参加申込書(Word:40KB)

日本母体救命救急システム普及協議会(J-CIMELS)公認講習会のご案内

2018年05月15日

 このたび、日本母体救命システム普及協議会(J-CIMELS)公認講習会を、伊那中央病院で開催する運びとなりましたので、ご案内申し上げます。
 日本における妊産婦死亡は、現在でも年間40-60例は発生しています。妊産婦死亡の更なる減少を目指すには、一次~高次まですべての分娩現場で産科医療に携わる医療従事者が、いち早く急変を認知して、適切な初期対応を行い、高次施設や全身管理診療科の治療に繋げる必要があります。
 J-CIMELSの母体救命講習会のうち、ベーシックコースは、限られたスタッフしかいない一次施設での急変発生現場で第一発見者のなすべき初動を、シナリオシミュレーションを通じて学ぶコースとなります。書籍『母体急変時の初期対応 第2版』に基づき、妊産婦・産褥婦の特殊性を考慮した心肺蘇生法等を含むトレーニングを行います。
 皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。

【開催要項】
日 時
 
2018 年7月22 日(日) 12:00〜16:00(予定)
 
会 場

 
伊那中央病院 南棟 メディカル シミュレーションセンター
長野県伊那市小四郎久保1313-1
 
主 催
 
伊那中央病院 メディカル シミュレーションセンター
 
後 援
 
上伊那産婦人科医会
 
定 員
 
ベーシックコース 定員 18 名
 
対 象



 
産婦人科医師、助産師、看護師 (長野県内の周産期医療施設勤務者に限定)
*救急医・麻酔科医の先生は、見学によりベーシックインストラクターコースの受講
 資格、またはベーシックコースのアシスタントインストラクターの資格が得られます。
(詳細はお問い合わせください)
 
受講費
 
15,000円(見学者無料)
 
申込み
方 法

 
受講(または見学)を希望される方は、申込書に必要事項を記入いただき、Eメール
で件名に「JMELS受講(見学)」と記載のうえ、下記アドレスへお申し込みください。
なお、記入事項に不備のある場合は申込みを受理できませんのでご注意ください。
 
申込み
期 間
2018 年 5 月 16 日(水)〜 6 月 7 日(木)(申込を締め切りました。)
 
申込書
 
募集要項はこちらから(PDF:373KB)
 
申込先 E-mail:imsc@inahp.jp

※お申し込み多数の場合は、当方で地域性・職種等を考慮して選考を行い、受講可否をお知らせしますのでご了承ください。受講費の振込先や講習会の詳細等は、受講予定者に後日メールでお知らせいたします。

施設利用等の申請書様式が変更になりました。

2018年05月14日

メディカルシミュレーションセンターを利用する場合の各種申請書の様式が、5月から変更になりました。
新しい様式で申請いただきますようお願いします。(iMSC事務局)

申請書のダウンロードページはこちら

看護職再就職支援研修会のご案内

2018年04月17日

 当院では、長野県看護協会委託事業として「再就職支援研修会」を開催します。
 この研修は、今は現場を離れている看護職(看護師、助産師、保健師、准看護師)の皆さんが、再就職するための準備として、最新の医療・看護の知識、技術を講義や演習を通してお伝えしたり、実際の臨床現場の様子を見学していただく内容となっております。
 長く臨床を離れていて再就職に不安のある方や、現在はクリニック等に勤務しているが、入院施設のある病院への再就職を検討している方など、様々な背景を持つ看護職の皆様にご活用いただきたい内容となっております。
 ぜひ、この機会にご参加ください。
 研修に関するお問い合わせやお申込みは、長野県看護協会ナースセンター(Tel. 0263-35-0067)にて承っております。
 
【日 時】
 平成30年7月9~12日(月~木) 13:00~16:00 ※4日間で学ぶコースです
【会 場】
 伊那中央病院 南棟2階 メディカルシミュレーションセンター
【参加資格】
 ・看護師、助産師、保健師、准看護師の有資格者で、再就職を希望する方
 ・現在看護職として就業中の方
【受講料】
 無料
【申込み方法】
 申込用紙に必要事項を記入のうえ、長野県看護協会ナースセンター へ郵送・FAXまたはEメールにてお申し込みください。
【申込み締切り】
 平成30年6月14日(木)
【お問い合わせ】
 〒390-0802 松本市旭2-11-34
 公益社団法人 長野県看護協会 ナースセンター
 TEL:0263-35-0067
 FAX:0263-34-0311
 E-mail:nagano@nurse-center.net

 申込用紙はこちらから(PDF:161KB)

 詳しくはこちらから(長野県看護協会ホームページ)

新人看介護向け技術研修会を開催しました

2018年03月16日

 平成30年3月15日に「新人看介護向け技術研修会」を開催し、上伊那地域内外から23名の新人看護師さんらが受講されました。
 この研修会は、基本看護技術について網羅的な基礎スキルを習得していただくために、シュミレーターを用いた演習方式により行いました。


【研修内容】
 ①吸引療法・経管栄養法
 ②清潔・衣生活援助・ストーマ
 ③創傷無菌操作・膀胱留置カテ管理
 ④点滴静脈注射法・針刺し防止対策
 ⑤フィジカルアセスメント
 ⑥輸血準備と輸血管理
 
    ①-1吸引療法 講義
 
①-2経管栄養法 講義   ②清潔・衣生活援助・ストーマ 講義
 
③創傷無菌操作・膀胱留置カテ管理 講義   ④点滴静脈注射法・針刺し防止対策 講義
 
⑤フィジカルアセスメント 講義   ⑥輸液準備と輸血管理 講義

“救急エコー”&“腹部エコー”ハンズオンセミナーを開催しました

2017年12月21日

 平成29年12月9日に iMSC超音波を親しむ会共同企画として「“救急エコー”&“腹部エコー”ハンズオンセミナー」を開催しました。

 第1部【救急エコーを学ぶ】
 「FAST法・RUSH法の救急超音波で何を診るか」 13:00~14:30
  製品機能紹介:レールダルメディカルジャパン㈱ 前田 裕介 先生
  アドバイザー:伊那中央病院 救急科 中原 光三郎 医師

 第2部【腹部エコー検査を学ぶ】
 「対応が急がれる腹部エコーのポイントとは」 15:00~16:30
  講師:飯田市立病院 消化器内科部長 兼 内視鏡センター長 岡庭 信司 先生

 受講者 検査技師13名、放射線技師2名、研修医2名、救急救命士1名、開業医1名 計19名

新しいシミュレーション機器を導入しました。

2017年12月05日


大腸内視鏡トレーニングモデル
新しい訓練機器が導入されました。

機器一覧よりご覧ください。

口腔ケア&タスクトレーニング研修会が開催されました

2017年11月29日


 平成29年11月26日に 公益社団法人 長野県介護福祉士会 南信支部 主催による「口腔ケア&タスクトレーニング研修会」が、当院のメディカル シミュレーションセンターを会場に開催されました。

 講 義
 「適切な口腔ケア」 13:00~13:50
  講師:伊那中央病院 看護部 池上 敦子 認定看護師

 タスクトレーニング・ハンズオン研修 14:00~15:00
  講師:伊那中央病院 池上 敦子 認定看護師・堺澤 彩 言語聴覚士 ほか

 参加者 25名

iMSC施設利用推進強化月間セミナーの活動報告

2017年11月16日

 伊那中央病院 メディカル シミュレーション センター では10月を施設利用推進月間として、下記のとおり地域医療者向けの各種セミナーを開催しました。
 近年クローズアップされている「認知症とリハビリ療法」を含めたシチュエーションベースのトレーニングや「産科の危機的出血対応研修」、座学とタスクトレーニングを取り入れたフィジカルアセスメント研修など、いずれも医療人の資質向上を図るための研修を行いました。
 



活動報告
開 催 日 セ ミ ナ ー 名 講     師 参加者
 10月  4日
 水曜日
認知症とリハビリ療法 神経内科部長 清水 雄策 医師他 19名
 10月  6日
 金曜日
呼吸と循環のアセスメント 統括福院長 北澤 公男 医師他 14名
 10月10日
 火曜日
ナーシングPOT 救急救命東京研修所
 教授 南 浩一郎 先生
18名
 10月13日
 金曜日
産科危機的出血への対応 産婦人科主任医長 原 きく江 医師他 22名
 10月17日
 火曜日
摂食・嚥下障害の評価と口腔ケア 歯科口腔外科 矢島 淳一 医師他 19名
 10月20日
 金曜日
体液・電解質のバイタルサイン 救急科 医長 大橋 慎一郎 医師他 15名
 10月24日
 火曜日
急変対応型シナリオトレーニング
(初級)
救急科 医員 中原 光三郎 医師他 14名
 10月27日
 金曜日 
皮膚ケアとシーティング 皮膚潰瘍外来 山口 梨沙 医師他 16名

報告1-2(PDF:284KB)

報告3-4(PDF:354KB)

報告5-6(PDF:321KB)

報告7-8(PDF:315KB)

詳しくは平成29年度iMSC施設利用推進強化月間研修会実施報告書をご覧ください。

実施報告書はこちらから(PDF:1.43MB)
ページの先頭へ
ページ早見表