意思伝達システムを寄贈いただきました

2018年 02月02日

寄贈いただいた「伝の心」
 この度、「意思伝達システム」を寄贈いただきました。
 意思伝達システムは、身体の不自由な患者さんがセンサーを使用し、身体の一部をわずかに動かすだけで、文字をシステム装置に入力して、自分の気持ちを言葉にできるというシステムです。

 寄贈者:米山 智子 様
 寄贈品:意思伝達システム「伝の心」

 寄贈ありがとうございました。患者さんのリハビリツールとして活用させていただきます。

玩具や絵本を寄贈いただきました

2017年 12月27日
伊那商工会議所青年部の皆さまが、青年部の目標とする地域貢献の一環として、当院に小児患者さん用の玩具や絵本を寄贈くださいました。
 

12月27日にコスチュームを身にまとった伊那商工会議所の皆さんと、伊那谷出身の女の子から成る長野県ご当地アイドルユニット「パラレル ドリーム」の皆さんが当院を訪れ、プレイルームで玩具等の寄贈式が行われました。
 

小児科病棟のお子さんたちも、新しい玩具を前に楽しそうに遊んでいました。
寄贈いただいた玩具等は、伊那商工会議所青年部が主催するハロウィーン パーティーでの寄附金により賄われたものです。寄贈いただいた玩具等は小児病棟などで活用させていただきます。

伊那商工会議所青年部の皆さん、ありがとうございました。

小児病棟をサンタさんが回診しました

2017年 12月25日

サンタさんの回診

サンタさんトナカイさん

クリスマスの25日、当院にサンタクロースがやってきました。
サンタクロースに扮したドクターとトナカイに扮したナースらが小児病棟を回診し、小児患者さんにクリスマスプレゼントが手渡されました。

クリスマス コンサートを開催しました

2017年 12月15日

 
 12月15日、6階病棟ラウンジにてボランティアの皆さんによるクリスマス コンサートを開催しました。

 今回は伊那福音教会の皆さんに、ハンドベルによるクリスマスソングの演奏や、クリスマス賛美歌などを中心にの合唱いただきました。

 伊那福音教会の皆さん、ありがとうございました。

車いすを寄贈していただきました

2017年 12月15日

国際ソロプチミストの皆さんと

寄贈いただいた車いす

12月15日、女性の地位向上などを目的に社会奉仕活動をされている団体「国際ソロプチミスト伊那」のみなさんから、車椅子を寄贈していただきました。
寄贈していただいた車椅子2台は、患者さんの介助に活用させていただきます。

「国際ソチプロミスト伊那」のみなさん、ありがとうございました。

車いすを寄贈していただきました

2017年 11月29日

 
 株式会社 電算(長野市) 様から、車いすを2台寄贈していただきました。
 寄贈していただいた車いすは、来院される患者さんの介助に使わせていただきます。

 ありがとうございました。

ネパールのポカラ市から研修生が当院を訪れました

2017年 11月20日

川合院長との面談

メディカルシミュレーションセンター視察

 JICA草の根技術協力事業の一環で、ネパール・ポカラ市の助産師など4名の研修員が、母子保健における地域連携の有効性や患者中心の医療を学ぶため、上伊那地域を中心に2週間にわたり研修を行い、11月17日に当院を訪れました。
 当院では、地域医療連携における中核病院としての役割や、産婦人科の取組みについて学んでいかれました。

11月14日は世界糖尿病デーです

2017年 11月14日

 

 

本日、11月14日は世界糖尿病デーです。
これにちなみ13日から1週間は全国糖尿病予防週間となっています。全国各地でブルーライトアップが行われます。当院でも病院北西の外壁をブルーライトアップを行います。
これを機会に生活習慣や糖尿病について考えてみてはいかがでしょうか。

院内感染予防週間を実施します。

2017年 11月13日

院内感染予防週間
平成29年11月13日(月)~19日(日)まで院内感染予防週間を実施します。

 院内感染対策は、個々の医療従事者ごとに対策を行うのではなく、医療機関全体で取り組むことが重要であることから、全ての職員に対する組織的な対応方針の教育等を行う必要があります。院内感染予防週間の実施により、職員全員に情報の共有と知識の伝達をすることで、当院における院内感染対策をより一層推進します。


期間中、下記の事業を実施します。
①啓発ポスターの掲示(全部署)
②啓発バッチの着用(全職員)
③院内感染対策研修会 11月17日(金曜日)
⑤感染症・屋外診察室シミュレーションの実施 11月13日(月曜日)

ページの先頭へ
ページ早見表