第15回病院祭を開催しました

2018年 09月28日

 伊那中央病院では、9月22日(土)に第15回病院祭を開催しました。
 心配された天気も朝から回復し、多くの地域の皆さんに楽しんでいただくことができました。

○ホールイベントの様子
  
近藤音楽教室の皆さんのパフォーマンス   春富中学校の皆さんの合唱
 
臨床研修医の皆さんの のど自慢?!   伊那北高校吹奏楽部の皆さんの演奏

○おまつり広場の様子
  
毎年人気の中病焼きそば   彩り鮮やかなヨーヨーつり
 
毎年行列の上農高校の皆さんの農産物販売   お祭り定番の わたあめ

○その他
  
各種健康相談   各種健康測定
 
手術室一般公開   シミュレーターの一般体験
 
 今後も病院祭などの行事を通じて地域住民の皆さんと交流を深め、皆さんに愛される病院を目指して努力してまいります。 

ラウンジコンサートを開催しました

2018年 08月21日
 8月17日(金曜日)3階病棟ラウンジにおいて、伊那市狐島「近藤音楽教室」の皆さんによるサマーコンサートを開催し、入院患者さんやそのご家族約30名が音楽を楽しみました。
 〔近藤音楽教室の皆さん〕      〔幸せなら手を叩こうに合わせてみんなでパフォーマンス〕

 近藤音楽教室の皆さんは夏休みを利用して、当院でのボランティア活動としてご参加いただきました。
 今回は、「アルプス一万尺」「山の音楽会」「幸せなら手を叩こう」など心躍る演奏や、参加型の「ハンドベル」「曲当て」「ボールわたし」など趣向をこらしたパフォーマンスで、皆さんを楽しませてくださいました。 
〔リズムにのってボールわたし〕  〔音符に合わせて手拍子〕      〔椅子を楽器に演奏〕

近藤音楽教室の皆さん、楽しい演奏とパフォーマンスをありがとうございました。

伊那まつりに参加しました

2018年 08月06日

笑顔でパワフルにレッツダンス!
 8月4日の伊那まつりに伊那中央病院連として総勢80名で参加しました。「地域の皆様に信頼される病院を目指して日々努力しています。」と紹介していただきました。

 日頃、真剣に患者さんに接している先生方も大勢参加して楽しく踊ることができました。

高校生1日看護体験を開催しました

2018年 07月31日
 平成30年7月26日~27日の両日、地域の高校生を対象に1日看護体験を開催しました。これは、今後の進路を決定するうえでの機会となるよう毎年開催しているものです。病院見学、BLS(一次救命処置)体験、シミュレーションセンターでの看護技術体験と、病棟で患者さんと触れ合い、看護師の業務を体験しました。
 看護の仕事はやりがいのある素晴らしい仕事です。伊那中央病院ではこのような取り組みを通して、将来の看護師など医療従事者の育成に努めてまいります。
   
X線検査室の見学   病理検査室の見学   車いす体験
   
静脈注射体験   血圧測定体験   聴診体験
   
ペッパー君とリズム体操   患者さんの手洗い介助   患者さんとのふれ合い

ラウンジコンサートを開催しました

2018年 07月11日
 7月6日(金曜日)に5階病棟ラウンジにおいて、ボランティアさんによるラウンジコンサートを開催しました。
 今回は、県内外で積極的に活動するシンガーソングライターの 伊藤 ひより さんの弾き語りで、入院患者さんら約30名が伊藤さんの歌声に耳を傾けました。
 伊藤さんは、自身の生き方の中で感じた「命の尊さ」「生きることの大切さ」をテーマに音楽活動を行っており、そんな想いのこもったオリジナル曲やカバー曲などを披露いただきました。
 
5階病棟ラウンジにて  

オリジナル曲を歌う伊藤さん(右)と      パーカッションの大木島さん(左)

新小児リハビリテーション施設の運用を始めました

2018年 06月28日
 伊那中央病院では、本館1階 旧RI部門跡地に改修を進めてきました、小児リハビリテーション施設が完成し、この程運用を開始しました。

 施設の概要は次のとおりです。
1.  完 成 日  平成30年6月13日
2. 場  所  伊那中央病院 本館 1階 小児リハビリテーション室
3. 総 工 費  25,380,000円
4. 整備内容  プレイルーム(大)・プレイルーム(小)・小児個室・小児リハ室5室・待合室・トイレ
5. 整備面積  157.5平方メートル
6. 運用開始  平成30年6月22日

   
受付カウンター   プレイルーム(大)   相談室

 小児リハビリテーション施設では、主に外来小児患者さんに対してリハビリ(理学療法、作業療法、言語療法)、心理療法、発達検査を行います。重度心身障害児、発達に特性をもつお子さん等に対して、児童発達支援施設、保育園・幼稚園、学校と連携をとりながら、保護者の方と共に、そのお子さんに対しての関わり方を一緒に支援していきます。
 理学療法では主に運動面、作業療法では遊び・身の回りの動作面・行動面、言語療法では言語・社会性・発音・飲み込みの練習を、心理療法ではお子さん・保護者に対してのカウンセリングを行います。

防災訓練を実施しました

2018年 04月27日
 4月26日、春季防災訓練を実施しました。
 異動・新入職員を対象とした消化器及び補助散水栓を使用した消火訓練や、全職員を対象とした総合訓練を行いました。

①異動・新入職員消火訓練
 
消火器による消火訓練   補助散水栓による消火訓練

②総合訓練(情報伝達訓練、通報訓練、救出・搬送訓練、避難誘導訓練等)
 
対策本部での情報伝達訓練   備蓄倉庫での搬出訓練

新放射線治療装置(新リニアック)が稼動しました

2018年 03月26日
 昨年10月の北棟増築に伴い更新した新放射線治療装置(新リニアック)が本日3月26日より稼働しました。
 新しい放射線治療装置はアメリカのバリアン社の最新鋭の治療装置に、ドイツのブレインラボ社の治療位置を正確に保つ装置をつけた高精度の放射線治療に特化したシステムで、長野県内では初めての導入となります。本装置では通常の放射線治療の正確性が増すだけではなく、これまで当院では行えなかった高精度技術による放射線治療の施行が可能になりました。

詳しくはこちらへ
 
3月26日から稼動したリニアック   北棟 放射線科待合

病児保育室「あるぷす」の内覧会が行われました

2018年 02月07日

完成した病児保育室「あるぷす」

白鳥組合長のあいさつの様子

 2月7日 伊那中央行政組合が開設する病児保育室「あるぷす」の完成内覧会が行われました。
 病児保育室「あるぷす」は、病気治療中または回復期にあるお子さんを一時的にお預かりする保育施設で、伊那市・箕輪町・南箕輪村が事業の主体となりますが、伊那中央病院が運営を担います。
 開所は2月9日になります。利用するには事前に市町村の保育担当課への登録が必要です。

病児保育室「あるぷす」の案内はこちら

ページの先頭へ
ページ早見表