北棟建築現場から(vol.45)「内装仕上げ工事が始まりました」

2017年 08月17日

訪問看護ステーション入口付近

廊下天井

 1階東側の通用口付近では内装仕上げ工事が始まってきました。廊下の天井や壁は本館や南棟と同じような仕上げになります。施工用の機械も進化していて、墨出しはレーザー、鋲打ちも圧縮空気の鋲打機を使ってバシバシ打ち込んでいきますので綺麗で速い。あっという間に施工されていきます。一番手間がかかるのが部分的に穴をあけたり別の器具が入る穴を四角に切ったりする加工作業でしょうか。1階2階の全工区に建築、機械設備、電気設備の職人さん方が同時に大勢入っていて、様子がどんどん変わっています。

ページの先頭へ
ページ早見表