新型コロナウイルス感染症流行下におけるがん診療について

 がん診療は、新型コロナウイルス感染症の流行下においても必要な医療であり、そのための受診については緊急事態宣言下でも控えるべきものではありません。特に、患者さんやご家族が自らの判断により受診の中断をするようなことはせず、受診の間隔をあけることなどについても主治医と十分にご相談いただきますようお願いいたします。
ページの先頭へ
ページ早見表