「子ども予防接種週間」について

3月1日(木)から3月7日(水)は「子ども予防接種週間」です。
平日に予防接種が受けにくい方など、多くのお子さんに予防接種を受けていただけるよう実施いたしますので、ぜひこの機会にご来院ください。
【 概  要 】
日  時  :  平成30年3月3日(土) 午前10時~12時
    (ご予約 ①10時~11時、②11時~12時)
場  所  :  伊那中央病院 小児科外来
対  象  :  小児(乳児~中学3年生まで)
今回のみ、当院がかかりつけ医でなくても可
定  員  :  【事前予約制】40名
※定員になり次第、締め切りとなる場合がございます。
内  容  :  定期・任意(自費)予防接種いずれも可
費  用  :  定期予防接種の方は無料
任意予防接種の方は当院の定める予防接種料金がかかります。
申込方法  :  電話にて事前にご予約をお願いします。
お手元に当院の診察券・母子手帳・予防接種予診票をご用意の上、ご連絡ください。
新患の方は、事前にカルテ登録が必要となりますので、ご来院いただく場合があります。
申込先  :  伊那中央病院 小児科外来 電話 0265-72-3121(代表)
(平日のみ受付 午後1時~4時の間にお電話ください)
申込締切  :  2月26日(月)

チラシのダウンロードはこちらから(PDF:264KB)

地域医療連携講演会を開催します

 伊那中央病院では、2月24日(土曜日)午後1時30分から、伊那市生涯学習センター いなっせ6階ホールを会場に、地域医療と介護の連携を推進していくため、「地域医療連携講演会」を開催します。
 
 本年度は、四国医療産業研究所 所長の 櫃本 真聿さんを講師にお招きし、「地域包括ケア時代 元気高齢者を育成支援する医療・介護そして地域」と題し、ご講演いただきます。
 
 櫃本さんは、今後、団塊の世代が高齢者に移行していく中で、高齢者を社会的弱者としてケアの対象とするのではなく、地域を支える中心的な人材として活躍の場を構築してこそ、日本の将来があると訴えます。
 地域の皆様に「包括ケア」についてよく知っていただくために、専門知識を持ち、「包括ケア」の第一人者でもある、櫃本さんが「包括ケアシステム」について、わかりやすく、楽しく説明して下さいます。
 元気な高齢者を育成支援するために、医療や介護そして地域がどう取り組んでいくか、皆さんで考えたいと思います。

チラシのダウンロードはこちらから(PDF:573KB)

ホスピタル ギャラリー<2月>のご案内


川口ゆう さんの絵本原画展

本館1階のホスピタル ギャラリーにて

 今月のホスピタル ギャラリーは、松川町在住の絵本作家 川口 ゆう さん の絵本の原画を展示します。
 今回展示している作品は、2012年に東京都の出版社 チャイルド本社 が発行するチャイルドブックに掲載された作品「ゆめのむら」の原画です。同作品は昨年、韓国でも出版されたそうです。
 大変心温まる作品です。来院の際は、是非ホスピタル ギャラリーにお立ち寄りください。

展示場所:本館1階 ホスピタル ギャラリー
展示期間:2月1日~2月28日

太陽光発電について

伊那中央病院では、太陽光発電により消費電力の一部をまかなっています。
発電量を更新しましたので、お知らせします。

太陽光発電量(太陽光発電出力15kW)

 

窓口案内ボランティアを募集しています

 伊那中央病院では、朝の混雑した時間(8時15分から1時間程度)に中央採血室前で、採血・採尿受付機の案内をしていただける方を募集しています。
 詳しくは、下記までお問い合わせください。

【お問い合わせ】経営企画課 経理係 電話:72-3121(内線2233)

駐車場を整備しました

長く駐車場が不足する状態が続いていたことから、新たに駐車場を整備しました。
受診・面会等で来院された方は、下図の青線で囲まれた区域内に駐車していただきますようお願いいたします。
ページの先頭へ
ページ早見表